熱不安定試料の調製において独自の保護を実現

仏モンティニ・ル・ブルトンヌー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CNIMグループの子会社であるベルタンは、バイオテクノロジーとライフサイエンスの国際的見本市バイオテクニカ(独ハノーバー、2017年5月16~18日)に合わせて、ホモジナイザー「プレセリス・エボルーション」(Precellys® Evolution)向けの最新世代の特許取得済み冷却モジュールである「クリオリス・エボルーション」(Cryolys® Evolution)を発表します。これにより、ホモジナイズの間、試料の温度を0~10度に維持することで、試料の熱分解を防ぐことができます。



新バージョンのクリオリスはベルタンのプレセリス・エボルーション・ホモジナイザーの上部に設置し、エアパイプや電源ケーブルは必要なく、電源はプレセリス装置から直接的に供給されます。エンドユーザーはシングルインターフェースで両デバイスを制御でき、他の製品と比べて小型サイズで性能を向上できるというメリットが得られます。

クリオリス・エボルーションにより、RNA、siRNA、代謝物、酵素、タンパク質などの熱不安定分子の分解を防止できます。これらの分子は特にがん研究と薬理学の分野で、以前にも増して研究対象となっています。クリオリス・エボルーションの特許取得済み技術により、プレセリス・エボルーションによるグラインドプロセスの前後・最中において低温(0~10度)を維持可能です。

クリオリスの技術は、プレセリスの蓋の下を覆うチューブを冷却するための冷媒としての空気の使用が基盤となっています。新たなクリオリス・エボルーションは自立型でドライアイスと周囲空気しか使用せず、霜を生成する必要がありません。これは大きな革新成果です。さらに、プレセリス・エボルーションによる冷却ユニットの稼働は完全にソフトウエア統合型のプログラミング機能を通じて行われるようになりました。従って、本装置の正確性と効率性が劇的に改善され、ホモジナイズ中に熱不安定分子を熱分解から最高度に保護することができます。

ベルタン・テクノロジーズのマーケティング&販売担当バイスプレジデントを務めるBruno Vallayer博士は、次のように述べています。「当社のプレセリス・ホモジナイザーは過去10年以上にわたり、生物試料を扱う多くのラボに大きな成功をもたらしてきました。しかし、当社の従来型の冷却オプションと併用したいというユーザーは、圧縮空気系統を確保する必要がありましたが、いつも可能であるとは限りませんでした。新バージョンのクリオリスにより、こうした制約を取り除くことができます。また、スペースに制約がある施設やバイオセーフティーラボなど安全上の制約がある施設にとって、極めて重宝なものとなります。」

詳細情報についてはCryolys Evolutionをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press
For Bertin
Frédérique Vigezzi, Tel: +33 (0)143 59 29 84
frederique.vigezzi@gootenberg.fr

情報提供元:
記事名:「クリオリス・エボルーション:プレセリス・エボルーション・ホモジナイザー向けに設計した組み込み冷却モジュール