ボストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --本日、知財管理と特許分析に関するソフトウェアおよびサービスにおいて世界をリードするAnaqua,Inc.は、 IBMが世界的な特許及び商標ポートフォリオを管理するために、アナクアのソリューションを採用したことを発表しました。


「IBMのようなグローバル・イノベーション・リーダーによって選ばれたことは誠に光栄です。」また、「私たちは、世界で最も洗練されたの知財運用業務の1つをサポートする機会を得られたことを大変うれしく思います。」と、アナクアのCEO であるボブ・ロミオは述べています。

IBMの先進的なクラウドプラットフォームでホストされるアナクアの知財管理システムをIBMが採用した理由は、アナクアの知財管理業務に関する深い知識、洗練かつ完成されたソリューション、また、最新の技術を積極的にソフトウェアに取り入れるという開発方針にあります。

アナクアは、先般、優先的なグローバル・クラウド・プロバイダーとしてIBMクラウドを採用しました。東京とアムステルダムにあるIBMクラウド・データセンターを通じ、日本やオランダへも進出を果たし、世界的に事業を拡大しています。また、IBMは、六大陸に渡る19カ国に55以上のクラウド・データセンターを設置し、世界的なクラウド基盤を提供しています。

IBMは、2016年中に80,88件の米国特許を取得し、米国特許取得数の年間記録を更新すると同時に24年間連続で首位となっています。

*****

アナクア について

アナクアは、企業や法律事務所を支援し、知的財産をより競争優位にする企業です。アナクアのソフトウェアプラットフォームは、ビッグデータ分析による知見、重要なツール類、ベストプラクティスのワークフローやサービスを1つの効率的で知的な環境に統合しているため、ユーザーはより効率的に知財業務を行い、より迅速に、より適切な判断を下すことができます。世界的な有名ブランドや最も革新的な製品の多くが、アナクアのプラットフォーム上で、概念化され、評価され、権利化され、収益化されています。アナクアは、コカコーラ、フォード、キンバリークラーク、ブリティシュアメリカンタバコの知財管理のリーダー達により2004年に設立された非公開企業です。


Contacts

Anaqua
Tony Catinella, +1 (617) 375-2626
広報マネージャー
acatinella@Anaqua.com

情報提供元:
記事名:「IBMが世界的な特許及び商標ポートフォリオを管理するため、 アナクアの知財管理プラットフォームを採用