米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- タッチフィードバック技術の開発とライセンス供与を行うイマージョン コーポレーション (NASDAQ:IMMR) は本日、日本の大手電機メーカー、オンキヨー株式会社とライセンス契約を締結したことを発表しました。オンキヨーは、高級オーディオ機器から最新のスマートフォンまで幅広い製品ソリューションを提供しています。この契約をもとに、オンキヨーは、自社のスマートフォンなどにイマージョンの TouchSense® Premium および TouchSense® Lite テクノロジーを導入することができるようになります。


イマージョンの TouchSense テクノロジーにより、デバイスメーカーは質の高い触感効果とフィードバック感覚をユーザーインターフェイスやアプリケーションに取り入れ、臨場感あふれる体験を可能にすることで、ユーザーの感覚に訴える製品を作り出すことができます。

イマージョンは、デバイスメーカーのさまざまな目標および課題に対処するため、TouchSense Premium と TouchSense Lite を提供し、タッチ フィードバックをより身近で手の届く技術にすることで、幅広いデバイスへの導入を可能にしました。高価格帯のモバイルデバイスを設計する OEM が最高品質の効果を必要としている一方で、多くのメーカーは、比較的低価格帯のデバイスで質の高いタッチ フィードバック エフェクトを実現できる手ごろなソリューションを探し求めています。

イマージョン・ジャパン株式会社の代表取締役社長、嶋田展光は、「弊社の TouchSense テクノロジーは、モバイルデバイスに最上級のハプティックエフェクトをもたらします。オンキヨーとの提携を通じて、オンキヨー製スマートフォンのユーザーエクスペリエンスをより一層高める取り組みに貢献できることを光栄に思います」と述べています。

これに対し、オンキヨー株式会社の取締役 CTO、奥田伸明氏は、「弊社の家電製品は、長年にわたり、質の高さに定評があります。その実績をもとに、2017 年 2 月に初のスマートフォンを発売しました。今後は、イマージョンによる高品質のタッチ フィードバック技術を搭載した最新機種を開発していく見通しです」と話しています。

最高品質のタッチ フィードバックを提供する TouchSense Premium ソリューション

イマージョンが誇る最高水準の TouchSense Premium ソリューションは、ハイファイな効果が求められる高価格帯のモバイルデバイスを設計する OEM に向けて、最高品質のタッチ フィードバックを提供します。TouchSense Premium テクノロジーは、高級デバイスに搭載されることが増えてきた最新機能、感圧タッチ フィードバックに対応しています。オンキヨーはイマージョンとの提携により、エフェクトのカスタマイズと UI 分析を通じて最適なタッチ フィードバック体験を演出し、ハードウェアの微調整やソフトウェア統合サービスを実現していく予定です。

標準品質のタッチ フィードバックを実現する TouchSense Lite ソリューション

TouchSense Lite は手軽に利用できるコスト効率の高いソリューションで、予め用意されている豊富なタッチ フィードバックのエフェクトを活用して様々な触感効果を作り出すことができます。このソリューションは、ソフトウェアスタックの上位に実装され、モバイル市場で一般適用されている幅広いハードウェア構成をサポートしています。また、製品と併せて実装のガイドラインとタッチ フィードバック設計のベストプラクティスも提供されるので、OEM 各社のスムーズな実装に役立ちます。

イマージョンについて

イマージョン コーポレーション (NASDAQ: IMMR) は、タッチ フィードバック テクノロジーで世界をリードするイノベーター企業。イマージョンのタッチ フィードバック ソリューションによって、ユーザーは快適な触感を楽しめ、没入感およびリアル感に優れたデジタルの世界を経験できます。合計 2,400 件以上の特許(出願中の件数を含む)を有するイマージョンの技術は、30 億台以上ものデジタル機器に取り入れられており、携帯電話、自動車、広告、ゲーム、医療、コンシューマーエレクトロニクスなどの製品にタッチ フィードバックを提供しています。イマージョンは米国カリフォルニア州サンノゼに本社を構え、世界中で事業を展開しています。詳しくは、www.immersion.com/ja/ をご覧ください。

オンキヨーについて

オンキヨーは 1946 年の創設以来、音質と品質にこだわりを持ったオーディオ製品の開発に取り組んでいます。また、独自で革新的な技術を投入した製品の数々は、業界をリードするオーディオ誌などで高く評価され、数多くの受賞暦を有しています。オンキヨーは一貫して卓越した優れた製品やサービスを提供することを目指し、業界の最前線で革新的なホームシアター製品やデジタル製品を開発してまいります。オンキヨーやオンキヨー製品の詳細については www.jp.onkyo.com をご覧ください。

将来見通しに関する記述について

本プレスリリースには「将来見通しに関する記述」が含まれています。これは、リスクおよび不確実性を伴い、それらの記述が具体化しないか不正確であると判明した場合、イマージョン コーポレーションおよび同社の連結子会社の業績が、そのような将来の見通しに関する記述で表明もしくは示唆された内容から著しく乖離する可能性があることを前提としています。

歴史的事実を除き、すべての記述は将来見通しに関する記述と見なされます。これらの記述には、イマージョンの TouchSense Premium および TouchSense Lite を含む TouchSense テクノロジーの利点、イマージョンの TouchSense テクノロジーを採用したオンキヨー製スマートフォンの今後の利用可能性、イマージョンとオンキヨーを含む顧客との将来的な提携に関する記述が含まれますが、これらに限定されるものではありません。

イマージョンの実際の業績は、イマージョンの事業に伴うリスクや不確実性により、かかる将来見通しに関する記述で表明または示唆された内容から著しく乖離する場合があります。そのようなリスクや不確実性には、イマージョンや当社のライセンシーが製品開発に努めている最中に遭遇する予測不可能な困難や問題 (イマージョンの TouchSense テクノロジーに関するものを含む)、イマージョンのライセンシーが実装の取り組みにおいて遭遇する予測不可能な困難や問題、将来的な知的財産関連の訴訟とその訴訟に関連した費用による不利な結果、現在のマクロ経済環境の影響、イマージョン製品やイマージョンのテクノロジーを搭載したサードパーティ製品に対する商業的需要の獲得の遅延や失敗、ならびに重要なユーザーエクスペリエンスとしてのタッチフィードバックの受け入れの遅延や失敗が含まれますが、これらに限定されるものではありません。こうしたリスクや不確実性の多くは、イマージョンによる管理の範囲を超えています。

これらの要因や、実際の業績が大幅に異なる場合の原因となり得るその他の要因については、イマージョンが米国証券取引委員会に提出した最新のフォーム 10-K およびフォーム 10-Q に記載のリスク要因をご参照ください。本プレスリリースの将来見通しに関する記述は、リリース作成時点におけるイマージョンの考えや予想に基づいています。イマージョンは、本リリース発表以降に発生した財務・事業上の結果やその他の展開による結果としてこれらの将来見通しに関する記述を更新する一切の義務を否定します。

イマージョン、イマージョンのロゴ、および TouchSense は、米国およびその他諸国のイマージョンコーポレーションの商標です。その他すべての商標は各所有者の所有物です。

(IMMR - C)


Contacts

メディア関連のご質問は以下の連絡先まで:
Edelman
コリーン・クーン (Colleen Kuhn)、650-762-2804
colleen.kuhn@edelman.com
または
投資関連のご質問は以下の連絡先まで:
The Blueshirt Group
ジェニファー・ジャーマン (Jennifer Jarman)、+1-415-217-5866
jennifer@blueshirtgroup.com

情報提供元:
記事名:「イマージョンとオンキヨー、TouchSense® テクノロジーに関するライセンス契約を締結