世界でソーラーエネルギーの可用性が大きく増加するにつれ、資金調達モデルが重要性を増し続けている。従って、太陽光発電業界とパートナーにとっての世界有数の見本市であるインターソーラー・ヨーロッパとインターソーラー・ヨーロッパ・カンファレンスは、2017年5月30日~6月2日にこのテーマを検討する。


ミュンヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界の太陽光発電市場では普及と可用性が活況を呈しており、GTMリサーチの最新の「グローバル・ソーラー・ディマンド・モニター」によれば、アナリストは太陽光発電需要が今年は85.4ギガワットに達すると予想しています。従って、太陽光発電市場は2014年から倍増することになります。ソーラーエネルギーの普及と可用性の拡大を継続させるためには、新たな資金調達モデルが必要不可欠になってきます。太陽光発電は技術がその特徴であり、技術で運用経費を低減可能ですが、同時に導入経費は比較的高くなっています。

生産から直接的に市場へ

ここで太陽光発電の商業発電所は以前にも増して重要な役割を担います。すなわち、太陽光発電で生産した電力をエネルギー市場で直接供給します。ここで着目すべき重要な点は、こうして生産されるエネルギーは競争力を維持するために従来の手法で生産された電力と比べて高額であってはならないということです。

エコローンによるソーラープロジェクトの資金調達

エコローンはソーラープロジェクトの資金を調達する上で、もう1つの有利なチャンスとなります。これら債券の発行額は2016年に120パーセント増加して934億ドルとなりました。格付け会社ムーディーズさえも2017年に2060億ドルに増加すると予想しています。さらに有望な代替手段がクラウドファンディングで、これにより投資家は共同オーナーになることができます。

これらを含む資金調達モデルは、インターソーラー・ヨーロッパに加えインターソーラー・ヨーロッパ・カンファレンスで紹介されます。

インターソーラーについて

インターソーラー・ヨーロッパは太陽光発電業界とパートナーにとっての世界有数の見本市です。年次イベントとしてメッセ・ミュンヘンで開催されます。

インターソーラー・ヨーロッパの主催組織は、Solar Promotion GmbH、プフォルツハイム、Freiburg Wirtschaft Touristik and Messe GmbH & Co. KG (FWTM)です。

www.intersolar.de

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

fischerAppelt, relations
Robert Schwarzenböck
Tel. +49 89 747466-23
rs@fischerAppelt.de

情報提供元:
記事名:「インターソーラー・ヨーロッパ2017:太陽光発電設備を導入するための魅力的な資金調達モデル