カタール・ドーハ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- カタール教育・科学・地域開発財団(カタール財団)副議長兼最高経営責任者(CEO)のシェイカ・ヒンド・ビント・ハマド・アル・ターニ内親王殿下の後援を受けてカタールディベートが主催した第4回国際大学アラビア語弁論大会が閉幕しました。この大会は、2017年4月8~12日にカタール・ナショナル・コンベンション・センター(QNCC)で行われ、アラブおよび非アラブの46カ国から87チームが参加しました。



カタール大学の男子チームが今年の国際大学アラビア語弁論大会で優勝し、マレーシア国際イスラム大学のチームが第2位、カタール大学女子チームが第3位となりました。

閉会式の挨拶の中で、シェイカ・ヒンド・ビント・ハマド・アル・ターニ内親王殿下は次のように述べました。「カタールディベートや国際大学アラビア語弁論大会のようなイベントは、若者に力を与え、異文化交流、グローバルな対話、批判的思考の重要性について教えるための極めて有益なツールです。こうした活動は、創造の文化の促進ならびに国際社会において課題を議論し、解決策を見出す力を持った未来の意思決定者およびグローバル・リーダーの育成というカタール財団の継続的な取り組みの一環をなしています。」

閉会式の挨拶でカタールディベート・センターのエグゼクティブディレクターを務めるハヤト・アブドゥラ・マーラフィ博士は、貴賓、来賓、参加者を歓迎しました。ドーハでこのように素晴らしい人々を目にする喜びを表明し、「それぞれ違いがあるにもかかわらず、アラビア語のおかげで集うことができました」と語りました。

カタールディベートのエグゼクティブディレクターのマーラフィ博士は閉会の挨拶で、弁論大会の後援と閉会式への出席に対してシェイカ・ヒンド・ビント・ハマド・アル・ターニ内親王殿下に感謝を伝えたほか、エリート・アカデミーの会員、メディアパートナーのアルジャジーラ・メディア・ネットワークおよびオフィシャル・キャリア(指定航空会社)のカタール航空にも感謝の意を表しました。

*配信元:ME NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Qatar Foundation
Khaled Al-Ibrahim, +974-55-83-4445
kibrahim@qf.org.qa

情報提供元:
記事名:「カタールのチームが第4回国際大学アラビア語弁論大会で優勝