最新半導体技術を使ったモータソリューションを提案


東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社東芝ストレージ&デバイスソリューション社は、4月19日から21日まで幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2017」の「モータ技術展」に出展し、マイコン、モータドライバIC、フォトカプラなど当社の最新半導体技術を使ったモータソリューションの展示やデモ、ブース内セミナーを行います。

「TECHNO-FRONTIER 2017」展示の概要

  1. 開催日:2017年4月19日(水)~21日(金)
  2. 会場:幕張メッセ
  3. 小間番号:4D-19 (展示ホール4) 東芝ブース
    (株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社、東芝産業機器システム株式会社、東芝情報システム株式会社の共同出展)
  4. 主な展示内容:
  • 省エネ化に貢献する独自の制御技術(AGC, InPAC)を搭載したモータ制御ICの紹介
  • ESC(Electrical Speed Controller)にベクトル制御エンジン搭載MCUを展開した事例の紹介
  • TXZ™ファミリーの新シリーズ「TXZ4」の紹介
  • TXファミリー「 M470」を用いたACサーボ リファレンスモデルの紹介
  • TXファミリー 「M340」を用いた監視カメラ リファレンスモデルの紹介
  • フォトカプラ製品のアイソレーションアンプ、スマートゲートドライバ、高電流フォトリレーの紹介

※TXZは、株式会社東芝の商標です。

当社の展示内容のさらに詳しい内容については下記ホームページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/design-support/exhibition/techno17.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社 東芝
ストレージ&デバイスソリューション社
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝: 「TECHNO-FRONTIER 2017」の出展について