USDOCプログラムは米国企業の2017年CESアジアへの出展を奨励

米バージニア州アーリントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CESアジアは本日、米国商務省(USDOC)が2017年CESアジアを2年連続で「公式見本市」に認定したと発表しました。この認定により、CESアジアは当展示会を支援し、米国企業の参加を促すとともに、米国と中国の貿易を促進するための数多くの利点を得ることができます。コンシューマー技術協会(CTA)が所有・運営し、インテックス上海と共同開催する毎年恒例のCESアジアは今年で3回目となり、2017年CESアジアは中国・上海で6月7~9日に開催します。


CTAの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるゲーリー・シャピロは、次のように述べています。「USDOCから今回も認定されたことは、CESアジアにとって大きなお墨付きとなり、当展示会の質と成功を証明するものです。USDOCのパートナーシップはこれまでCESアジアの成長にとって極めて重要でしたし、市場をまたぐ提携関係の創出を促すという共通目標を支えています。」

USDOCの見本市認定プログラムは、民間部門の展示会運営者と米政府の提携関係を創出することで、米国からの輸出増加、また海外展示会への米国企業の参加拡大を目的としています。本プログラムは、商務省による協賛、展示会関連サービス、イベントロジスティクスの監督・調整、宣伝支援、出展企業のマーケティング促進、国内/展示場支援を含め、多様な利点を提供します。

米国商務省国際貿易担当次官代理のケン・ハイアット氏は、次のように述べています。「CESアジアは米国企業がアジア市場に参入して浸透を拡大する上で、不可欠なアクセス手段として機能しています。本展示会は米国企業が急成長市場のアジアに参入して繁栄するための素晴らしい機会であり、私たちはまた認定できることをうれしく思います。今度も連携を成功させていきたいと思います。」

2017年CESアジアは展示会場を総面積4万5000平方メートル(正味2万2500平方メートル)に拡大し、80以上の国・地域から計3万人以上の参加者を迎えます。2017年CESアジアには世界中から多くの著名企業が出展することになっており、3M、オーディオテクニカ、コンチネンタル、大疆創新科技(DJI)、フォッシル/ミスフィット、ガーミン、ギブソン・ブランズ、Goertek、ヒュンダイ、楽視生態(ルエコ)、モンスター、NavInfo、NEVS、オンキヨー、オッターボックス、パイオニア、PPTV、スコーシュ、米国郵政公社、UPS、ヴァレオ、ボルボ、ヴォックスなどが参加します。

登録・展示の方法に関する詳細については、CESAsia.comをご覧ください。

編集者への注記:中国以外から来訪するジャーナリストにはJ-1またはJ-2 ビザが必要です。CESアジアへの出展に関するご質問は、Brian Moon(bmoon@CTA.tech)、または+1 703-907-4351にお問い合わせください。

CESアジアについて:

コンシューマー技術協会(CTA)が所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共同プロデュースするCESアジアは、消費者向け技術業界の一流イベントで、アジア市場における革新のバリューチェーンを徹底的に幅広く掘り下げて紹介します。この新イベントに参加する主要なグローバル企業は、消費者向け技術業界の幹部、海外の仕入れ担当者、国際報道関係者、一部限定の中国消費者に最新の技術・製品を披露し、その成長・強化を図ります。参加者は、中国を含む世界の最大手ブランドの一部に独占的な形で触れ、消費者向け技術業界を形作る革新成果を称えます。

コンシューマー技術協会について:

コンシューマー技術協会(CTA)は、米国で1500万人以上の雇用を支え、米国の2920億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

上海インテックスについて:

本来、上海インテックス・エキシビションは1995年に設立された先駆的な展示会運営会社である上海インテックスの展示会企画部門でした。上海インテックスは、上海のCCPIT(中国国際貿易促進委員会)とPNOエキシビション・インベストメント(ドバイ)リミテッドにより共同で統括されています。1998年以来、上海インテックスは100を超える国際展示会および会議を主催しており、展示総面積は200万平方メートルを超えます。上海インテックスは、クリエイティブ業界のほか、ヘルスケア、ライフスタイル、先進製造、コンシューマー・エレクトロニクスの各業界を網羅する主要な国際イベントの開催で豊富な経験を有する専門家チームにより構成されています。

今後のイベント

  • ニュー・アメリカン・ジョブ・サミット
    5月3日、ワシントンDC
  • 2017 年CESアジア– 登録
    6月7〜9日、中国・上海
  • CEOサミット
    6月21〜24日、イタリア・アマルフィ海岸
  • イノベート!&セレブレート
    10月9〜11日、カリフォルニア州サンフランシスコ
  • 2018年CES
    1月9〜12日、ネバダ州ラスベガス

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Consumer Technology Association (CTA)
Allison Fried, 703-907-7603
afried@CTA.tech
www.CESAsia.com
または
Bernice Morquette, 703-907-7651
bmorquette@CTA.tech
www.CTA.tech

情報提供元:
記事名:「CESアジアが2年連続で米国商務省から認定される