東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社東芝ストレージ&デバイスソリューション社は、DC-DC電源とシリーズ電源を複数搭載したマルチ出力の汎用システム電源IC 「TC7739FTG」を製品化し、今月末から量産出荷を開始します。

タブレットやモバイル機器などのアプリケーションは、処理速度の向上により低電圧・大電流の電源供給が必要になっており、かつ、アプリケーションにより異なる多岐にわたる電源電圧が必要となっています。一方、基板の小型化によりノイズ対策も重要な課題となっています。



新製品は、高効率・大電流のDC-DCコンバータ2chとノイズ性能に優れたシリーズ電源4chとロードスイッチ1chを組み合わせたマルチ出力システム電源ICです。
2つのDC-DCコンバータは異なる発振周波数で動作しており、スイッチングノイズのピーク値を削減しています。
また、I2Cにより出力電圧の変更や立ち上げシーケンスの変更を行うことができるため、本製品だけで様々なアプリケーションに対応することが可能です。

応用機器
スマートフォン、タブレットなどの情報機器

新製品の特長
DC-DC降圧型コンバータ(2ch) + LDO(4ch) +ロードSW(1ch)
I2Cによる出力電圧設定 + シーケンス設定可能
小型パッケージ(QFN32、5mm×5mm)採用

 

新製品の主な仕様

品番   TC7739FTG
制御I/F I2C
入力電圧 4.5V-5.5V
パッケージ QFN32(サイズ: 5mm×5mm、ピンpitch:0.5mm )
DC-DC ch1:1.05V(初期値)、2MHz、2A(MAX)

ch2:3.30V(初期値)、1.5MHz、2A(MAX)

シリーズ電源 ch3:1.15V(初期値)、0.7A(MAX)

ch4:1.50V(初期値)、0.6A(MAX)

ch5:1.80V(初期値)、0.2A(MAX)

ch6:3.30V(初期値)、0.06A(MAX)

ロードSW 入力電圧範囲:3.0V-3.6V

ON抵抗:62mΩ(Typ.)

異常検出 過電圧検出、減電圧検出、過電流制限

電源減電圧検出、過温度

量産時期   2016年12月末
 

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/linear/power-supply/detail.TC7739FTG.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ミックスドシグナルIC営業推進部
Tel:044-548-2821
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝:大電流・低ノイズを実現したマルチ出力の汎用システム電源IC製品化について