東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- マルチアセット電子取引ソリューションの先駆者であるスマート・トレード・テクノロジーズは本日、FXインフラ・ソリューションと流動性を提供する日本の有力マーケットプロバイダーであるSBIリクイディティ・マーケットがスマート・トレードの受賞歴のある価格決定および配信モジュールの導入によりスマート・トレードのLiquidityFXを基盤とするFXプラットフォームを強化したと発表しました。



SBIリクイディティ・マーケットは、海外事業の拡大とアジア諸国での流動性供給を目的に、スマート・トレードの高度なマーケットメーキング・ソリューションをLiquidityFXの導入済みの機能である接続性、アグリゲーション、オーダー・ルーティングに追加します。これにより、スマート・トレードの柔軟な価格決定モジュールと堅牢な配信モジュールが複数のチャネルを網羅する強力な配信システムに統合されます。これらのモジュールによりマージン・クレジット機能が統一されるため、顧客は証拠金を有効に活用して一段と規模の大きい取引を行えるようになる一方で、SBIリクイディティ・マーケットはリアルタイムでリスクカバーを簡便にモニターし、管理することができます。

SBIリクイディティ・マーケットの代表取締役社長である重光達雄は、次のように述べています。「スマート・トレードの価格決定/配信モジュールの導入により、当社の潤沢な流動性を世界的に迅速に提供する体制が整いました。これを機に、現在アジアに傾注している当社の海外事業の展開に弾みがつくものと思われます。」

スマート・トレード・テクノロジーズのデビッド・ビンセント最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「引き続きSBIリクイディティ・マーケットの成長を手助けできることを大変うれしく思います。今回のソリューションの拡充は、SBIリクイディティ・マーケットとの実りの多い提携関係の証左と言えます。顧客のあらゆるFX取引ニーズに対応するLiquidityFXでは新しいモジュールの即時導入が可能であり、極めて簡便です。」さらにビンセントは次のように加えています。「過去1年間、当社ではアジアの顧客基盤が著しく拡大しており、こうした顧客をサポートするため、東京とシンガポールのオフィスを強化しました。」

SBIリクイディティ・マーケットについて:

SBIリクイディティ・マーケットは、証券会社などの金融機関および個人向けFX会社に安全なFX流動性とインフラを提供することを目的に、2008年に設立されました。SBIリクイディティ・マーケットは、インターバンクFX市場に集中することにより、お客様にとって透明性が確保された極めて競争力の高い流動性サービスを堅牢な運営体制のもとで提供しています。

スマート・トレード・テクノロジーズについて:

マルチアセット電子取引ソリューションの先駆者であるスマート・トレード・テクノロジーズは、総保有コストを低減し、変化する市場要件への迅速な対応を可能にすると同時に、取引に集中し、事業の成長を促すことのできる革新的でスマートな技術を提供しています。

スマート・トレード・テクノロジーズは、70件を超える流動性提供者との接続性、アグリゲーション、スマート・オーダー・ルーティング、注文管理、価格決定、配信、リスク管理機能、HTML5ユーザー・インターフェースといった機能を備えた為替、債券、株式、デリバティブ取引のためのエンド・ツー・エンドの機動的な取引ソリューションを提供します。スマート・トレード・テクノロジーズは、銀行、証券会社、ヘッジファンド、自己勘定取引デスクなど、多岐にわたる顧客と連携しています。為替取引のためのLiquidityFXと債券取引のためのsmart-FIは、ソフトウエア単体でも完全管理・ホスティング付きでも利用可能なソリューションで、世界の主要な市場すべてにおいて導入されています。詳細情報については、www.smart-trade.netをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

smartTrade Technologies, London
Lara Michel, +44(0) 782 684 7707

情報提供元:
記事名:「SBIリクイディティ・マーケットが価格決定/配信モジュールの採用により導入済みのスマート・トレードのシステムを拡充