アトランタ & 独バートアーロルゼン & 東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- スーペリア・エセックスの事業部門であるエセックス・マグネット・ワイヤと古河電気工業株式会社(「古河電気」)は本日、合弁会社を設立して、新型の高電圧巻線(HVW)を主に欧州経済地域の自動車産業へ供給する意向であることを発表しました。


合弁会社は自動車の電動モーター、発電機、リアクターに使用されるHVWの製造・流通・販売・卸しを行っていきます。この取り組みではエセックス・マグネット・ワイヤと古河電気のグローバルリソースと技術力、すなわちエセックス・マグネット・ワイヤの欧州における営業陣と製造拠点、古河電気が合弁会社にライセンスする古河電気の関連技術を一緒に生かし、新型のHVWを欧州の自動車分野の顧客に供給します。ドイツのバートアーロルゼンに拠点を置く合弁会社はエセックス・フルカワ・マグネット・ワイヤ・ヨーロッパの名称で営業します。エセックス・マグネット・ワイヤが合弁会社の支配株主になりますが、当事者企業は合弁会社が真の商業提携の精神で運営することを期待しています。合弁会社の設立は、正式契約の締結と、規制当局からの必要な承認の取得を受けて、2017年第1四半期の完了を見込んでいます。

スーペリア・エセックスの事業部門エセックス・マグネット・ワイヤについて

スーペリア・エセックスは、教室やデータセンターから電気自動車や携帯機器までのすべてに電力を供給して接続するための銅/アルミ製ワイヤ/ケーブル製品を製造・販売しています。スーペリア・エセックスは85年以上にわたり、マグネットワイヤ・巻線、通信、エネルギー、関連供給市場にサービスを提供してきました。事業部門のエセックス・マグネット・ワイヤは北米と欧州で市場シェアの首位にあり、自動車・産業・エネルギー・商業・住宅の市場を対象に、7カ国の施設からスムーズな納品とサービス提供を行っています。お客さまの課題を解決しながら世界の地域社会に好影響を及ぼすことに専心しているスーペリア・エセックスとその事業部門は、一貫して技術・持続可能性・革新の限界を押し広げています。詳細情報についてはsuperioressex.comをご覧ください。

古河電気工業株式会社について

古河電気工業株式会社(TSE: 5801)は、鎔銅所と電線製造所の開設をもって1884年に創業しました。以来、古河電気は多様な技術的課題に取り組むことで最新技術のパイオニア企業となりました。古河電気は電気通信・電子機器・自動車・建設を含む数多くの分野で製品を投入してきており、光学材料・プラスチック・金属という3種類の材料で中核事業に取り組んでいます。これら製品の多くは世界で首位の市場シェアを達成し、すべての製品が数多くの事業分野で社会に貢献してきました。古河電気は2016年3月31日締め会計年度に8748億円の連結売上高を計上しています。古河電気の詳細情報についてはfurukawaelectric.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Superior Essex Inc.
Matt Wheeler
matt.wheeler@spsx.com
or
Furukawa Electric Co., Ltd.
Shin Kato
shin.katoh@furukawaelectric.com

情報提供元:
記事名:「スーペリア・エセックスと古河電気が欧州での合弁会社設立の意向を発表