新たな指数で小包配送の2.9パーセントの成長が明らかに

米コネティカット州スタンフォード--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 商取引に力を与える製品・ソリューションを提供する世界的技術企業のピツニーボウズPBI)は本日、主要12市場(米国、カナダ、ブラジル、ドイツ、英国、フランス、イタリア、ノルウェー、スウェーデン、日本、オーストラリア、インド)の重量31.5キログラム(70ポンド)までのB2B配送、B2C配送、C2B配送、消費者委託配送の数量と支出を調査した年次報告書「ピツニーボウズ小包配送指数」を公表しました。専有的な公表データ1に基づくピツニーボウズ小包配送指数では、2015年の小包配送数量は310億個で、2014年から2.9パーセント増加したことが分かりました。さらにこの指数では、国境をまたぐ配送が牽引役となり、小包配送数量が毎年5~7パーセント成長して2018年までに計20パーセント増加すると予測しています。



ピツニーボウズのグローバルEコマース担当プレジデントのリラ・スナイダーは、次のように述べています。「私たちが過去数年間に電子商取引で目撃してきた成長を考えれば、世界の小包配送市場が力強いペースで拡大を続けても不思議ではありません。この小包配送の伸びは、企業に絶大な影響をもたらしています。需要増により世界、国内、地域の運送業者が増加しており、サービスの選択肢が拡大しています。しかし、複数の運送業者の管理と国境をまたぐ商品配送は、新たな課題や複雑さも生み出します。」

小包配送市場に焦点を当てたユニークなピツニーボウズ小包配送指数では、2015年の配送数量が118億個を超え、支出が850億ドル以上となった米国が、調査した国の中で最大の小包配送市場であると確認されました。2015年の小包数量で上位5カ国に入ったのは、日本(94億個)、ドイツ(30億個)、英国(22億個)、フランス(15億個)です。世界の小包配送市場が好調な主な要因は、オンラインで買い物をする人が世界中で増えて電子商取引が増加したことです。この指数で調査した国では、米国が最大の小売電子商取引市場を持ち、英国、日本、ドイツ、フランスがそれに続いています。

ピツニーボウズ・グローバルSMBソリューションズのマーク・シアラー執行副社長兼社長は、次のように述べています。「私たちが小包配送で目にしている強力な成長により、あらゆる規模の企業で複雑さが増しています。特に中小企業(SMB)は、増加する配送オプション、サービス水準、常時追跡の管理に苦労しています。クロスボーダーでクラウドベースのマルチキャリア・オフィス配送プラットフォームなどの新技術や改良された技術は、小包配送業務を最適化して効率を最大化し、可能な限り最高の顧客体験を実現する上であらゆる規模の企業を支援できます。」

北米での増加は経済成長、オフィス配送、インターネット小売が牽引

  • 北米の小包配送数量は、米国で2015年に3.6パーセント増加して118億個となり、カナダで2015年に1.6パーセント増加して5億5000万個になりました。
  • 米国企業は、2015年に小包配送に850億ドル以上を支出し、その額は2014年から1.2パーセント増加しました。
  • 米国の小包市場の成長を推進した主な要因は、消費者のオンラインショッピングの増加、オフィス配送の増加、国際取引の増加です。
  • 米国の小包市場の約40パーセントはオフィス配送です。これには、毎日の仕事の一部として企業が送る小包や封書が含まれます。

欧州での成長はドイツ、英国、フランスが牽引

  • 分析した欧州諸国ではドイツの小包市場が最大で、2015年に29億個以上の小包が配送されました。ドイツの小包市場の成長を推進した主な要因は、電子商取引の強力な需要によって推進されたB2C小包です。ドイツの小包配送支出は、2015年に6.4パーセント増加して127億ユーロになりました。
  • 英国の小包配送数量は6パーセント増加して22億個となり、支出は10.1パーセント増加して89億ポンドになりました。
  • フランスの小包配送市場は数量で4.7パーセント成長して15億個となり、支出は4パーセント増加して97億ユーロになりました。

アジア太平洋の結果はいろいろ - 日本で数量が減少し、オーストラリアは成長で地域トップに

  • アジア太平洋地域では、日本で主に小荷物が8.8パーセント減少したことで、日本の小包数量が1.7パーセント減少しました。逆に、日本の小包配送支出は2.6パーセント増加して2兆4800億円になりました。
  • オーストラリアの小包配送市場は数量で8.8パーセント成長して7億個となり、支出は8.2パーセント増加して96億オーストラリアドルになりました。
  • インドでは、小包数量が8.2パーセント増加して3億4000万個となり、支出は17.2パーセント増加して1101億5000万ユーロになりました。

中南米ではブラジルの小包配送数量と支出が2桁成長

  • ブラジルの小包市場は数量で13.9パーセント成長して5億7000万個となり、支出は15.4パーセント増加して102億7000万レアルになりました。
  • この強力な成長の主な要因は、インターネット小売の増加です。さらに注目すべきは、ブラジルでモバイル機器を経由して製品を購入する傾向が高まっていることで、これがさらにB2Cの小包配送サービスを推進しています。

正確な配送は、世界の電子商取引企業にとって最重要事項です。最近の世界的なショッピング調査2で、ピツニーボウズは世界の消費者の約半数が2015年の休日用のオンライン注文でいくつかの種類の困難を経験したと知りました。住所の間違い、商品の紛失、不正確な追跡といった配送の問題が、これらの問題の半数以上を占めていました。

ピツニーボウズ小包配送指数は、31.5キログラム(70ポンド)までの重量のB2B配送、B2C配送、C2B配送、消費者委託配送に焦点を当てています。時間指定配達などのあらゆるサービス水準が含まれています。貨物輸送、サプライチェーン管理、航空・海上貨物輸送などの業者が提供する隣接するサービスは除外しています。

2016年ピツニーボウズ小包配送指数の詳細については、www.pitneybowes.comをご覧ください。

ピツニーボウズについて

ピツニーボウズ(NYSE:PBI)は、ボーダーレスに結び付いた商業の世界で数十億件の物理的取引と電子的取引を推進する世界的なテクノロジー企業です。フォーチュン500社の90%を含む世界中のクライアントが、顧客情報管理、ロケーションインテリジェンス、顧客エンゲージメント、発送、郵便、グローバルeコマースの各分野でピツニーボウズの製品、ソリューション、サービスを利用しています。また、革新的なピツニーボウズ・コマースクラウド(Pitney Bowes Commerce Cloud)を利用すれば、ピツニーボウズの幅広いソリューション、アナリティクス、APIにアクセスし、商取引を推進することができます。詳細はピツニーボウズのCraftsmen of Commerce(www.pitneybowes.com)をご覧ください。

1 ピツニーボウズが委託した2013年、2014年、2015年の調査

2 ピツニーボウズ世界ショッピング調査(2016年10月)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sachiko Masuda
Burson-Marsteller Tokyo
sachiko.masuda@bm.com
Tel: +81 3 3264-6687 (D)

情報提供元:
記事名:「ピツニーボウズ小包配送指数では、2018年までに数量が20パーセント増加すると予測