最高速度の5G、手頃な価格のデバイス、越境干渉がない国際ローミングを可能にするには、各国政府が調和の取れた十分な周波数帯で合意することが必要

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、2019年世界無線通信会議(WRC-19)を控え、5Gのニーズを支えるよう真剣に取り組むことを世界各国の政府や規制当局に呼び掛けました。5Gは「ハイパーコネクテッド」ソサエティーを生み出して、工場内の産業機械から自動化車両まで、あるいはオンデマンドビデオといった急成長サービスなど、極めて多岐にわたる接続サービスのさまざまなニーズに対応することができます。


GSMAのジョン・ジュスティ最高規制責任者(CRO)は、次のように述べています。「モバイル業界、学術機関、国際標準化団体が5Gの中心となる技術を開発しているにもかかわらず、5Gの成功は必要な量の周波数帯を求めやすい料金で利用できるかどうかに大きく依存しているのです。新たに十分量のモバイル周波数帯を利用できるようにし、さらに通信事業者が必要に応じて既存の周波数帯の用途を5Gに切り替えられるようにすることが不可欠です。政府は調和の取れた5G向け周波数帯を見つけて必要なネットワーク投資にインセンティブを与えるWRC-19プロセスにおいて、中心的な役割を果たします。

超高速5Gサービスは、従来のモバイルサービスで使用されていたよりもはるかに周波数が高く、政府や規制当局が既に検討している周波数帯を大量に必要とします。この作業は非常に重要ですが、GSMAでは、広範な通信エリアを実現してすべての使用事例をサポートするには、従来の低周波帯域を含む3つの主要な周波数帯の中からモバイル周波数帯を迅速に指定する必要があると強調してきました。その3つの帯域は、1GHz未満、1~6GHz、6GHz超です。

  • 1GHz未満の帯域は、都市部、郊外、地方を広くカバーする通信エリアをサポートし、モノのインターネット(IoT)サービスのサポートに役立ちます。
  • 1~6GHzの帯域は、通信エリアと容量の利点をいずれも適切に実現します。多くの初期5Gサービスの基礎を形成することが期待される3.3~3.8GHzの範囲の周波数帯が含まれます。
  • 6GHz超の帯域は、5Gで想定される超高速ブロードバンド速度を達成するために必要で、焦点は24GHzを超える帯域です。

5Gの未来を確実なものにする政策提言

GSMAは、本日発表した新しい5G周波数帯の方針説明書で、モバイル業界が5Gに必要な周波数帯を確保できるようにするための提言を幾つか説明しました。提言は以下の通りです。

1. 5Gサービスが将来の期待に確実に応えるためには、調和の取れたモバイル用高周波数帯が必要となります:5Gサービスでは大量の周波数帯が必要になるため、世界各国の政府は調和の取れたアプローチで連携しなければなりません。これらの高周波数帯域を5Gで利用できるようにしなければ、モバイルブロードバンドの速度を大きく変えることや、特に活動が活発な都市部で急増しているモバイルデータトラフィックをサポートすることは不可能です。

2. 政府は国レベルでの政策措置を取って、5Gネットワークに対する長期の重点投資を奨励する必要があります:超高速を実現するためには莫大な数の小型基地局が必要になることを前提とすると、配備には多大なネットワーク投資が必要になります。政府が奨励しない限り、本格展開のスピード、サービスの質、通信エリアのレベルはいずれも損なわれるでしょう。各国政府は国レベルで政策措置を見直して適切な措置を取り、先々を考慮に入れて5Gに対応できるネットワークを構築する必要があります。

3. 5Gの超高速構想と低価格デバイスを実現させるには、WRC-19が極めて重要になります:最高速度での5G、低価格デバイス、国際ローミングを可能にし、越境干渉を最小限度に抑えるための鍵は、政府と規制当局が握っています。政府と規制当局は将来計画を立てる必要があり、WRC-19開催を控えて、またWRC-19において5G周波数帯をサポートしなければなりません。各国政府が共通の周波数帯群で合意に至ることができなければ、5Gの周波数帯は断片化し、ひいてはデバイスの価格が上昇したり、求めやすい料金での広範な5Gアクセスが損なわれたりする可能性があります。

詳細はGSMAの5G周波数帯方針説明書をダウンロードしてお読みください:http://www.gsma.com/spectrum/wp-content/uploads/2016/06/GSMA-5G-Spectrum-PPP.pdf

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA


Contacts

For the GSMA
Sophie Waterfield
+44 207 067 0728
swaterfield@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMAが各国政府に対し、超高速5Gを実現するグローバル周波数帯計画での連携を呼び掛け