シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- H3ダイナミクスは手投げ式の無人航空機(UAV)であるHYWINGSを発表しました。HYWINGSは10時間飛行でき、飛行距離は最大500km(動画)です。



このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。

総離陸重量わずか7kgのHYWINGSは、より広範囲をより高速にカバーできる一方、もっと大型で重量のある高価なシステムに通常必要となるカタパルト発射機や滑走路は必要ありません。これはつまり、現場作業の時間が短縮され、運用者が大幅にコストを削減できることを意味します。

UAVメーカーにとって、HYWINGSは飛行にて技術実証済みであり、ラボでの何カ月あるいは何年にも及ぶ試験を省略できるため、開発コストを削減できる一方、市場投入期間を短縮することができます。

また将来の電動航空機の小型版として、HYWINGSはより大型のプラットフォームの実用化に向けての前進でもあります。さらなる技術改善と新しい航空機設計により、HESは無人機と有人機の両方で50時間から80時間の電動飛行が可能になると見込んでいます。

HYWINGSは拡大を続けるH3ダイナミクスの製品ラインの一部です。当社の製品ラインにはほかに、水素燃料電池による多回転翼プラットフォームのHYCOPTER、遠隔操作のドローン充電ステーションとして最大2年間にわたってフィールドで独立稼働できるDRONEBOXなどがあります。

リチウム電池の3分の1から5分の1という軽量を実現した航空宇宙レベルの燃料電池技術は、H3ダイナミクス子会社のHESエナジー・システムズでの10年に及ぶ技術進化の成果です。HESエネルギー・システムズは現在、HYWINGS/HYCOPTERプラットフォームのアクセサリーとして、フィールド充填システムに取り組んでいます。燃料電池車用に最大300kWh相当の水素充填ができるように設計された充填ステーションがはるかに大型であるのとは異なり、HESが設計中のシステムはHYWINGSを6時間飛行させるのに十分な1kWhの貯蔵タンクに充填するほどの小型で可搬型の充填システムです。

H3ダイナミクスについてhttp://www.h3dynamics.com

シンガポールと米テキサス州オースティンに拠点を置くH3ダイナミクスは、フルスタックのテレロボティクスソリューションを提供しています。当社は独立した子会社3社で構成され、オンデマンドのビジュアル分析から無人センサーやドローン、先進エネルギー貯蔵システムに至るまで、幅広い製品を提供しています。

HESエナジー・システムズhttp://www.hes.sg

H3ダイナミクス子会社のHESエナジー・システムズは、燃料電池による超軽量、高エネルギー密度の電力システムや、水素供給の多様なオンデマンドソリューションを開発しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

H3 Dynamics Holdings
Taras Wankewycz
Office: (+65) 6250 3949
Direct: (+65) 9710-8445

情報提供元:
記事名:「H3ダイナミクスが10時間の飛行が可能な燃料電池UAVのHYWINGSを発表