CESアジアに86カ国・地域・領域から3万3879人の業界専門家が来場

米バージニア州アーリントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- コンシューマー技術協会(CTA)は本日、中国・上海で5月11〜13日にかけて開催された2016年CESアジアの最終的な監査済みの来場者数を発表しました。ボールト・コンサルティングが実施した独立監査によると、展示会には3万3879人の業界専門家が訪れ、初開催された2015年CESアジアの来場者数の合計と比べて、18パーセント増加したことが確認されました。CTAが所有・運営し、インテックス上海と中国で共同開催するアジアの一流技術イベントであるCESアジアは、再び上海で2017年6月7〜9日に開催します。


本監査により、2016年CESアジアには海外から多数の参加があり、来場者の10パーセント(3601人)が中国本土以外から参加したことが明らかになりました。全体では、世界86カ国・地域・領域から参加者が集まり、2015年CESアジアの62カ国・地域・領域を上回りました。

コンシューマー技術協会のCES/コーポレート事業戦略担当シニアバイスプレジデントを務めるカレン・チュプカは、次のように述べています。「この監査で、CESアジアが急成長中の参加必須の技術展示会であり、世界・国内の企業がアジア市場に製品を投入していくために集う場であることが確認されました。画期的な技術が披露され、世界の技術リーダーが参集し、市場をまたぐ提携関係が生まれる舞台となっています。展示会が今年、大きな成長を遂げたことで、アジア市場における消費者向け技術の一流イベントとして高まっている評価が、真に盤石なものになるでしょう。」

2016年CESアジアは、総面積3万6308平方メートル(正味面積1万8154平方メートル)の展示スペースに、23カ国・地域・領域から2015年比107%増の439社が出展し、15の製品カテゴリーで画期的な革新成果を紹介しました。また展示会のダイナミックなカンファレンスプログラムには、広範な業界から引っ張りだこの講演者135人が登壇しました。

2016年CESアジアは、世界中の報道関係者の関心を集め、30カ国・地域・領域から参加した1137人の報道関係者が、トレンドのハイライト、製品発表、基調講演などを報道しました。CESアジアに関する報道内容の一例を、CESAsia.comでご覧いただけます。

ボールト・コンサルティングは、監査の実施に関して展示会・イベント業界監査委員会(EEIAC)から認定を受けています。CESの監査は、現場での直接観察、登録システムの検査、来場者記録のテストを含め、展示会の記録を完全に検証しています。本監査は、EEIACと国際展示会・イベント協会(IAEE)の両方が採用している業界監査基準に準拠しています。CESアジアは国際見本市連盟(UFI)の認定も受けています。

来場者の内訳の概要については、CESAsia.comをご覧ください。

編集者への注記:中国以外から来訪するジャーナリストにはJ-1またはJ-2 visaが必要です。CESアジアへの出展に関するご質問は、Brian Moon(bmoon@CTA.tech)、または+1 703-907-4351にお問い合わせください。

コンシューマー技術協会について:

コンシューマー技術協会(CTA)は、米国の2870億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

CESアジアについて:

コンシューマー技術協会(CTA)が所有・運営し、インテックス上海と共同プロデュースするCESアジアは、消費者向け技術業界の一流イベントで、アジア市場における革新のバリューチェーンを徹底的に幅広く掘り下げて紹介します。この新イベントに参加する主要なグローバル企業は、消費者向け技術業界の幹部、海外の仕入れ担当者、国際報道関係者、一部限定の中国消費者に最新の技術・製品を披露し、その成長・強化を図ります。参加者は、中国を含む世界の最大手ブランドの一部に独占的な形で触れ、消費者向け技術業界を形作る革新成果を称えます。

インテックス上海について:

インテックス上海は上海のCCPIT(中国国際貿易促進委員会)のサブジョイントベンチャーとして1992年に設立され、上海虹橋経済技術開発区聯合発展有限会社、上海市国際貿易促進委員会、イスティスマールP&OエステーツFZEが共同出資しています。中国における展示会の一流運営会社であるインテックスは、上海に展示会場を所有するほか、上海以外の場所でもさまざまな展示会場を管理し、中国各地で10件の国際展示会を主催・共同開催しています。上海市会展行業協会(SCEIA)の副委員長を、そしてCAECの副理事を務め、UFIのメンバーでもあるインテックス上海は、国内の展示会業界で傑出した評価を誇っています。インテックス上海については、オンライン(www.intex-sh.com)をご覧ください。

今後のイベント

  • CTホール・オブ・フェイム・ディナー
    11月9日、ニューヨーク州ニューヨーク
  • CESアンベールド・ニューヨーク – 登録
    11月10日、ニューヨーク州ニューヨーク
  • CESアンベールド・ラスベガス
    1月3日、ネバダ州ラスベガス
  • 2017年CES – 登録
    1月5~8日、ネバダ州ラスベガス
  • 2017年CESアジア
    6月7〜9日、中国・上海

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Consumer Technology Association
Allison Fried, 703-907-7603
afried@CTA.tech
www.CESAsia.com
または
Krista Silano, 703-907-4331
ksilano@CTA.tech
www.CTA.tech

情報提供元:
記事名:「独立監査によると、第2回年次CESアジアの来場者数が約20パーセント増加