“Challenge for NEXT Growth”をスローガンに、次なる成長を目指します

栃木県小山市--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- リソグラフィ光源の主要メーカーであるギガフォトン株式会社(本社: 栃木県小山市、代表取締役社長: 都丸仁、www.gigaphoton.com)は、設立16周年目に当たる2016年度を第2創業期と位置付け、次なる成長をお客様と共に目指す、と発表しました。


2000年8月1日に設立したギガフォトンは、昨年設立15周年を迎えました。創業当初は10%*前後だったDUVエキシマレーザーの市場シェアも、現在は販売累計1300台以上、2015年度販売シェアは60%*にのぼり過去最高売上を達成することができました。その中でギガフォトンは、2016年度以降を第2創業期と位置づけ、さらなる成長を目指していきます。今後エキシマレーザー事業を従来の半導体リソグラフィ用途に加え、“GIGANEX”シリーズとしてFPD製造などの新分野へも拡大していきます。また現在開発中のEUV光源も出力250Wを達成しており、量産へ向けて開発を加速しています。
そのため将来に向けての投資の一環として、ギガフォトンは今秋より新社屋の着工を開始しました。(2017年6月完成予定)これにより製造スペースは50%増え、生産規模は最大70%拡大します。また人員を増員し、より安定した品質を確実なものとし、お客様の要望により迅速かつ丁寧に応える体制を作ります。

ギガフォトン代表取締役社長兼CEOの都丸仁氏はこう述べています。「設立以来半導体リソグラフィ用エキシマレーザーを製造、販売してきたギガフォトンは、次の段階を迎えました。今後は“GIGANEX”シリーズやEUVなど価値あるソリューションの提供に向けた活動を推進し、加えて従来DUVレーザーの品質向上、サポート体制の強化にもより一層力を入れ、お客様と共に成長していく企業であり続けます。」

*シェアは当社調べ

ギガフォトンについて

2000年設立以来、ギガフォトンはレーザーサプライヤーとして、価値あるソリューションを世界の半導体メーカーに提供し続けています。ギガフォトンは、研究開発から製造・販売・保守サービスまで、常にユーザー目線に立った業界最高水準のサポートをお約束します。詳細についてはwww.gigaphoton.comをご覧ください。


Contacts

報道関係者向けの連絡窓口:
ギガフォトン株式会社
経営企画部
松井章記
TEL: 0285-37-6931
Eメール: web_info@gigaphoton.com

情報提供元:
記事名:「ギガフォトン、第2創業期を迎え新たなステージへ