CMMIインスティテュートのカンファレンスが、組織の能力を活用して、俊敏性と革新の文化を構築するための方法を焦点化

ピッツバーグ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- PwCによる2016年世界CEO意識調査によると、最高経営責任者(CEO)は主要な利害関係者のために、革新がもたらす影響と価値を測定するためのより良い方法を求めています。企業はビジネスプロセスに関する詳細な知見を改善することで、こうした課題に対応しています。


CMMIインスティテュートは、ワシントンDC郊外にあるバージニア州アレクサンドリアで2017年5月16~17日に開催する毎年恒例のCapability Countsカンファレンスで、ビジネスとプロセスの改善に投資して能力を構築する方法を取り上げます。カンファレンスでは、市場の最新動向に加え、ビジネスプロセスを合理化して、継続的な改善の文化を生み出す方法に関する成功事例を紹介します。

カンファレンスは、能力の高い組織であることが何を意味するのかについての実用的で鋭い知見の提供に重点を置きながら、一連のコラボワークショップ、興味深い基調講演、双方向パネルディスカッションを提供します。業績と能力の改善に専心する専門家が数百人参加する見通しで、これらの方々はさまざまな経歴と経験を持ち、さまざまな国の出身となっています。

ボストン・コンサルティング・グループの2016年の記事によれば、企業は多くの場合、目標に過度の重点を置いて、能力には十分な重きを置きません。能力は、企業が競争に勝ち、最も重要な点は、優勢状態を維持するために構築・強化すべき筋力となるものです。

ナチュラルSPIの創立者・社長でプログラムチェアーを務めるマイケル・ウェスト氏は、次のように述べています。「競争したければ、パフォーマンスを改善する必要があります。そしてパフォーマンスを改善するには、能力を向上させなければなりません。能力を向上させたい人は、このカンファレンスにぜひ参加してください。」

Capability Counts 2017は6コースのトラックを用意し、組織のパフォーマンス向上を担うあらゆるレベルの専門家のために、最優良事例とソリューションを提供します。さらに半日チュートリアルの第2回年次Capability Challengeと、プライベートのコーチングセッションで、カンファレンス体験の価値を高めます。参加者は次の6コースのトラックからセッションを選び、2日間のスケジュールをカスタマイズできます。

  • CMMI On Board:すでに能力構築の長い活動に取り組んでいる人々を対象としたトラックで、CMMIを使用して製品やプロジェクトを成功させた組織の事例を紹介します。
  • 能力を向上:能力の管理・改善で、高度なスキルを持つ人々を対象としたトラックです。組織がそうした人々の能力を活用して、競争他社に勝り、最優良事例を実践するための方法に着目します。
  • CMMI評価:このトラックには経験豊富な専門家が参加し、知識を披露してもらい、個人と各自の組織がCMMIの長い取り組みに乗り出すための手助けをしていただきます。また、高価値のCMMI評価を計画・実施するための方法を取り上げます。初めての評価を計画中の人々や、再評価を受けている人々を対象としています。
  • 業界別のCMMI採用:さまざまな業界分野(航空宇宙・防衛、銀行・金融、IT、研究など)におけるCMMIの採用と能力向上について発表します。
  • トータルソリューション:CMMIをその他のモデル、標準、知識体系、手法(ISOベースの標準、アジャイル、PMBoK®、ITILなど)と共に採用・実践する場合について発表します。
  • 専門領域に絞った能力:専門領域(ソフトウエア開発とアジャイル、プロセスの設計と開発、プログラムとプロジェクトの管理、労働力の開発と研修など)におけるCMMIの採用にテーマを絞ったトラックです。

2016年12月より、第2回目の年次ウェビナーシリーズとなるCapability Challengeを開始して、専門家がカンファレンスの準備をできるようにします。Capability Challengeは、組織による能力構築とパフォーマンス向上の有力事例を競うコンテストです。このウェビナーシリーズは12月から2017年4月にかけて実施し、Capability Challengeの参加者がビジネスの成功事例を紹介します。決勝戦は5月のCapability Counts 2017カンファレンスで行われ、Capability Challengeの優勝者を来場者全員の前で発表します。初開催したCapability Challengeで優勝したのはAEGIS.netで、2016年カンファレンスで表彰されました。CMMIインスティテュートは、AEGISがCMMIによる同社の成功事例を紹介したビデオ「より強力なビジネスをCMMIで構築」で、AEGISの成果を評価しました。

Capability Counts 2017は、カンファレンスの参加者に即利用可能なリソース、ツール、業界専門家の最優良事例を提供・紹介し、各自の組織で共有できるようにします。この一流カンファレンスは、専門能力の開発に投資してROIを実現するための多数の機会があります。CMMIインスティテュート・カンファレンスに期待できる内容の一端とハイライトについては、こちらのビデオをご覧ください。

CMMIインスティテュートによるCapability Counts 2017カンファレンスと登録の詳細については、http://CMMIConferences.comをご覧ください。

明瞭な目標をはっきりと示し、測定可能な結果を明らかにできるCMMI事例がある組織は、Capability Counts 2017で発表するために、ぜひご応募ください:http://cmmiinstitute.com/conferences#callforpapers

CMMI®インスティテュートについて

CMMIインスティテュート(CMMIinstitute.com)は、人、プロセス、テクノロジーのベストプラクティス推進における世界的リーダーです。当インスティテュートは、組織が業務をベストプラクティスと比較して業績のギャップを見極めることによって、組織の能力をベンチマーク評価し、成熟度を確立するための手段と支援を提供します。25年以上にわたり、航空宇宙、金融、医療、ソフトウエア、防衛、運輸、通信を含め、多様な業界の数多くの優秀な組織がCMMI成熟レベル評価を獲得し、有能なビジネスパートナーやサプライヤーであることを証明しています。CMMIインスティテュートは、技術が持つ有益な可能性を実現できるように専門家を支援する世界的な非営利組織であるISACAの傘下にあります。組織の業績向上を支援するCMMIの詳細については、CMMIinstitute.com.をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

CMMI Institute
Chavonne Hoyle, 215-353-6524
choyle@cmmiinstitute.com

情報提供元:
記事名:「ワシントンDCで開催されるCapability Counts 2017カンファレンスで、業績向上に専心する世界的ビジネスリーダーと交流