米マサチューセッツ州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--アプリケーションセキュリティーのパイオニア企業であるセキュリティー・イノベーションは、バルト海地域最大のサイバーセキュリティーイベントとして今週開催されるDSS ITSEC 2016において、3件の講演を行います。


DSS ITSECはラトビアのリガで開催される世界レベルの国際サイバーセキュリティーイベントであり、ENISAによるカレンダーで10月に開催されるサイバーセキュリティーイベントのうち、EU内における240件以上の中から上位3件にランクされています。今年のイベントでは、9件のセッションが平行して行われ、ITSECのトレンドについて多くのさまざまなテーマが取り上げられます。また世界的に有名な講演者や海外からの80人以上の講演者が登壇し、ライブのビデオストリーミングも提供され、そのコンテンツにはすべて無料でアクセスすることができます。

セキュリティー技術者のジェフリー・ボーンが、本イベントの3件の講演で、膨大な専門知識を披露します。講演内容は下記の通りです。

ハッカー対ツール
午前11時30分~正午
ソフトウエア開発ライフサイクルのあらゆる領域で、どのようなセキュリティーコントロールをいつ、どこで実施するのかを学び、また各開発段階でどんなタイプのセキュリティーツールやサービスを使用するのが最善なのかを検討します。この講演はベンダーに制約されない内容であり、1つのアプリケーションを開発する場合、あるいは数多くのアプリケーションを管理する場合のいずれにおいても、各タイプのツールやサービスにどんな強みや弱みがあるのかを解説します。

一般ユーザー向けのセキュリティーのベストプラクティス
午後0時30分~午後1時
あなた個人の脅威モデルの内容はどのようなものでしょう。あなたはどんな資産を保護しようとしているのでしょう。あなた自身のオンライン上のセキュリティーとプライバシーを改善する方法について、ベストプラクティスやセキュリティーに関するヒントを通じて学びましょう。この講演はすべての人を対象としており、皆さんが経験豊富なセキュリティー専門家なのか、まったくの初心者なのかを問いません。個人情報の保護を改善できる領域を幾つか見つけていただけるはずだと期待しています。

IMSIキャッチャーをキャッチする
午後3時50分~午後4時20分
ハンターをハントするという意味で、あなたは自分の携帯電話が悪意の携帯電話中継塔/IMSIキャッチャー/スティングレイに盗聴されているかどうかを判断できるでしょうか。悪意の携帯電話中継塔を検出する戦略を学び、ラスベガスで開催されたDefconの際に行われた冒険的なウォー・ウォーキングについての話を聞きましょう。IMSIキャッチャーとその能力や、LTEからGSMへのダウングレード攻撃について、またそうした装置から自分自身を守る方法について学びましょう。皆さんが参加できるオープンソースプロジェクトやその他の方法を見つけ、セルラー技術をユーザーにとってさらに安全なものにするために役立てましょう。

ボーンは、次のように語っています。「DSSITSECでの講演者として選ばれたことは大変な名誉です。3種類の異なる参加者向けに3件の講演を行うことは私の喜びです。『ハッカー対ツール』は、セキュアな製品を構築しようとする人向けです。この講演では、従来モデルかハイブリッドモデルか、またはアジャイルモデルかにかかわらず、SDLCを通じてセキュリティーをどう組み込むことができるのかについて解説します。セキュリティー意識の高いユーザーに対しては、『セキュリティーのベストプラクティス』の講演を準備しました。実現すべき重要なことは、一般ユーザーが基本的なセキュリティー手順を数ステップ踏むだけで、各自のセキュリティー状態を大幅に改善できるようにすることです。ハッカー対策やプライバシー擁護に関心がある方は、『IMSIキャッチャーをキャッチする』にご参加ください。この講演では、警察や政府がどのように悪意のセルラーデバイスを使ってドラグネット(監視網)プログラムを実施しているのかについて、またそのワナにはまらない方法について学びます。」

ジェフリー・ボーンはセキュリティー・イノベーションのセキュリティー技術者であり、ウェブアプリケーション、モバイルアプリ、ロボット、3Dプリンター、インフラ、組み込み機器、そして生体認証機能を持つすべてのものを対象に、ハッキングとセキュリティー確保の業務に時間を費やしています。セキュリティーに熱意を持ち、またセキュアな製品を構築する他の人々を支えています。

セキュリティー・イノベーションについて

2002年以来、さまざまな組織がセキュリティー・イノベーションを頼りに、ソフトウエアやアプリケーションのセキュリティーに関する当社独自の専門的能力を生かすことにより、自動車、デスクトップPC、ウェブアプリケーション、モバイルデバイス、クラウドなど、対応に最大の努力を要する環境に置かれた機密データをセキュアに保護しています。ガートナーによるセキュリティー・アウェアネス・マジック・クアドラントにおいて3年連続でリーダーと認められたセキュリティー・イノベーションは、一度に1人の従業員、1つのアプリケーションを対象に、世界(そして皆さんの組織)をより安全な場所にすべく献身しています。セキュリティー・イノベーションは非公開会社であり、米国マサチューセッツ州ウィルミントンに本社を置いています。詳細情報については、www.securityinnovation.comをご覧ください。

データ・セキュリティー・ソリューションズ(DSS)について

EUのラトビアのリガというバルト海地域の中心に本社を置くデータ・セキュリティー・ソリューションズはITセキュリティー企業として、さまざまな組織が最も重要な業務情報を内外両方のリスクや脅威から保護するための支援を行っています。DSSの重要な専門領域は、複雑なサイバーセキュリティー技術ソリューションのシステムインテグレーション、サイバーセキュリティー戦略の開発、その継続的な改善と保守です。詳細については、www.dssitsec.euをご覧ください。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20161026007060/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Security Innovation
Rebecca Leitch, 978-267-1631
Corporate Marketing Manager
rleitch@securityinnovation.com
www.securityinnovation.com

情報提供元:
記事名:「セキュリティー・イノベーションがバルト海地域最大のサイバーセキュリティーイベントで講演