クラッシュ・アナリティクス2.0とレベニュー・アナリティクスを導入して、世界中の開発者のビジネス成長を支援

米カリフォルニア州サニーベール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- フラーリ・アナリティクスは本日、ヤフーのモバイル開発者向けスイートに行った2つの機能強化、「クラッシュ・アナリティクス2.0」と「レベニュー・アナリティクス」を発表しました。これら2つの新機能が追加されたことで、Flurry Analyticsは世界中の開発者があらゆる規模で利用できる、最も包括的な解析スイートになります。


ヤフーの製品開発担当シニアディレクターのジェームズ・ケルムは、次のように述べています。「フラーリでは、世界中の開発者が優れたアプリを開発し、ビジネスを首尾よく成長・拡張する上で役立つ製品の開発に傾注しています。クラッシュと収入に関する高度な解析機能をFlurryに導入し、開発者がアプリの性能を包括的に把握できるツールをオールインワンスイートとして提供します。」

クラッシュ・アナリティクスは、アプリケーションのクラッシュ、検出された例外、記録されたエラーに関する情報を、開発者にすべてリアルタイムで提供します。この機能は問題の根本的原因を迅速に突き止め、アプリを滞りなく動作させると同時に顧客を満足させる上で、極めて重要です。開発者はフラーリ・クラッシュ・アナリティクス2.0により、以下のことが可能になります。

  • 過去1年間におけるアプリの健全性を比較
  • 過去24時間におけるアプリのコレクションの健全性を調査
  • デバイスの詳細やシンボリケートしたスタックのトレースなど、一定の問題に関する詳細を深く調査

レベニュー・アナリティクスは、iOSもしくはアンドロイドのアプリ内で行われた取引をもとに、開発者がアプリ内課金(IAP)の収入を追跡できるようにします。Flurryのレベニュー・アナリティクスにより、開発者は取引通貨に関わらず、アプリが収入を生んでいるのか特定できます。開発者はレベニュー・アナリティクスを追加することで、以下についての洞察も得ることができます。

  • 全デバイスの平均収入と購入を行っているデバイスの台数
  • 最も収入をけん引しているサービスやコンテンツ
  • レシート検証を通じて確認されたIAP収入の金額

モバイル開発者は本日よりdeveloper.yahoo.com.で、これらの新しいツールを利用できます。

ヤフーについて

ヤフーは、ユーザーのデジタル習慣を刺激的で楽しいものとすることに傾注するガイド役です。ユーザーのために高度にパーソナライズした体験を作り出すことで、種々のデバイスを対象に世界中で、人々が最も大切にしているものとつながりを保てるようにしています。一方、広告主のためには、事業を築き上げるオーディエンスとつないで価値を生み出しています。ヤフーは米カリフォルニア州サニーベールに本社を置き、米大陸、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ(EMEA)地域に広く営業所を構えています。詳細情報については、プレスルーム(pressroom.yahoo.net)やブログ(yahoo.tumblr.com)をご覧ください。

Yahooはヤフーの商標および/または登録商標です。

その他の名称はすべて、各所有者の商標および/または登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Yahoo! Inc.
Kym Lino
klino@yahoo-inc.com

情報提供元:
記事名:「フラーリ・アナリティクスがヤフーのモバイル開発者向けスイートの機能強化を発表