オーストリア・ウィーン & ブルガリア・ソフィア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ウニクレディト・バンク・オーストリアとウニクレディト・ブルバンクは、新たにライファイゼン・バンク・インターナショナル(WBAG:RBI)がシンジケート団に加わったことを受けて、中東欧最大のオフィスパークであるビジネスパーク・ソフィア(BPS)向けに現在実施しているシニア融資枠を増額して修正し、総額1億1290万ユーロとしました。取引は2016年9月に完了しました。



この新たな共同融資枠は、ウニクレディト・バンク・オーストリア、ライファイゼン・バンク・インターナショナル、ウニクレディト・ブルバンクによって提供されています。ウニクレディト・バンク・オーストリアとウニクレディト・ブルバンクが代表主幹事、シンジケート団代理人および引受会社を務めました。ウニクレディト・ブルバンクは、本取引の融資および担保代理人、口座銀行、ヘッジ提供会社を務めています。また、アルコ・キャピタルはウニクレディト・バンク・オーストリア、ライファイゼン・バンク・インターナショナルおよびウニクレディト・ブルバンクに対し、現在進められている新たな開発事業のための建設資金融資枠を提供するマンデートを付与しました。

ビジネスパーク・ソフィアのオフィス施設は14棟の近代的なクラスAビルで構成され、ソフィア市内の第一級のビジネスエリアに位置しています。建物総面積は18万7000平方メートルで、すべてのオフィススペースが150社を超える国際企業にリース済みで、1万1000人を超える従業員が勤務しています。このビジネスパークは、ソフィア中心部のビジネス地区で現在リースされているクラスAのオフィススペースの50パーセント以上を占めています。BPSはソフィアの最も著名なオフィスセンターで、ユニークな建築設計と高度な技術仕様を誇ります。現在、パーク内の建物とインフラの一段の開発が検討されています。

BPSの成長と開発は、中東欧地域、特にソフィア中心部のビジネス地区における高水準のテナント需要に応えるための資産開発の継続を目指すアルコ・キャピタルの戦略の一環です。

ライファイゼン・バンク・インターナショナルの国際不動産融資部門責任者のMichael Weitersbergerは、次のように述べています。「活気にあふれ、成功をおさめているBPSの融資団の一員として、当地域のオフィスパークの成長と一段の開発を目的にアルコ・キャピタルを資金面で支援できることを大変うれしく思います。アルコ・キャピタルは、BPSの巧みな運営とソフィアのオフィス市場への数多くの大手国際企業の誘致で優れた実績をあげています。」ウニクレディト・バンク・オーストリアの中東欧不動産部門責任者のLukasz Motylは、次のように述べています。「中東欧の最も優れたオフィスパークによる資金調達を支援するために再びパートナーと協力できたことを大変喜ばしく思います。この素晴らしいプロジェクトにおいて、BPSならびにBPSへの資金提供者であるアルコ・キャピタルとの長期にわたる融資関係を強化するため、ライファイゼン・バンク・インターナショナルと連携する機会を得られたことをうれしく思います。またBPSによる借り換えは、中東欧地域の良好な融資環境を示す最適な例です。」

アルコ・キャピタルのマネジングディレクターで、EMEA責任者を務めるTomasz Radwanskiは、次のように加えています。「ライファイゼンとウニクレディトがビジネスパーク・ソフィアの借り換えで連携し、当社の事業を拡大するための資金力を提供してくれることを大変うれしく思います。私たちのオフィススペースに対する需要は引き続き高水準に達しています。ウニクレディトとライファイゼンによる融資が拡大されたことを非常にうれしく思います。これにより、この地域を代表する銀行との実りの多い長期的な提携関係がさらに続くことになります。アルコ・キャピタル、ビジネスパーク・ソフィア、ウニクレディトは長年にわたる関係を維持しており、今回のライファイゼン・バンクの参加によりこうした関係が補完されます。この借り換え取引により、ソフィアの法人オフィス市場における私たちのリーダー的基盤が強化されるだけでなく、一段の拡大が可能になります。当社は、10年前に初めてソフィアに投資を行った国際機関投資家の一つです。ビジネスパーク・ソフィアは、中東欧地域の最も優れたオフィスパークとしての地位を維持しています。」

編集者への注記:

ウニクレディト・バンク・オーストリア(www.bankaustria.at)(MIL: UCG)は、2005年以来、欧州最大の銀行グループの1つであるウニクレディトの一員です。当行はオーストリアに大規模なネットワークを保有し、約9600人の従業員が約260カ所の支店で顧客に対応しています。バンク・オーストリアはウニクレディトの中東欧における銀行ネットワークのハブとして機能しており、この地域で約2240支店(2016年8月4日現在)を擁するウニクレディト・グループは明らかな市場リーダーとなっています。中東欧部門の業務は、グループの副持ち株会社として機能し、ウニクレディトの管理下にあるポーランドを除く中東欧地域におけるグループ全体の銀行業務の監督責任を負うバンク・オーストリアを通じて行われています。

ウニクレディト・バンク(www.unicreditbulbank.bg)は資産額でブルガリア最大の銀行であり、2016年6月現在の資産額は180億ブルガリア・レフを超えています。当行は、100万を超える個人・世帯顧客、著名個人顧客、中小企業、国内大手企業および多国籍企業、地方自治体、公的機関にサービスを提供しています。

ライファイゼン・バンク・インターナショナル(RBI)(WBAG:RBI)(www.rbinternational.com)はオーストリアの代表的なコーポレートバンクおよびインベストメントバンクの一つであり、オーストリアならびに中東欧(CEE)地域を主力市場としています。この地域の14市場で銀行子会社がサービスを提供しています。またRBIグループは、例えばリース、資産運用、M&Aなど、他の分野における多数の金融サービス企業を傘下に有しています。グループ全体で約5万1000人の従業員が約2600件の支店を通じて1420万件の顧客にサービスを提供しています。RBIはライファイゼン・ツェントラルバンク・エスターライヒ(RZB)の完全連結子会社です。RZBはRBIの約60.7パーセントの株式を間接的に保有しており、残りの株式は浮動株です。RBIの株式はウィーン証券取引所に上場されています。RZBはオーストリア最大の銀行グループであるオーストリア・ライファイゼン・バンキング・グループの中央組織で、RBIを含むRZBグループ全体の本部としての役割を果たしています。

ビジネスパーク・ソフィア(www.businesspark-sofia.com)はブルガリア初のビジネスパークであり、東南欧州で最大のオフィスパークです。この施設には、多様な産業の最も成功した企業が集まっています。パークは、あらゆる規模と業種の企業テナントに効率、柔軟性、利便性を提供できるように設計されています。純粋に多機能なハイテク・ビジネスパークであり、ビジネスに必須の要素を関係するセクターと組み合わせて活気あるコミュニティーを作り上げています。

アルコ・キャピタル・コーポレーション(www.arcocapital.com)は国際的な金融企業であり、一部の新興市場で商業、インフラ、不動産の中規模ファイナンス業務に従事しています。アルコ・キャピタルは、ボンド・ストリート・マネジメント(BSM)が運営しています。BSMは世界の市場に向けたクレジット投資プラットフォームであり、長年にわたる市場洞察、深い関係、実績ある投資知見を活用しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Arco Capital
Media Relations, Tel. +1 787-993-9650
arcoinfo@arcocapital.com
or
For UniCredit
UniCredit Bank Austria
Tiemon Kiesenhofer, Tel. +43 (0) 50505 – 56036
International Media Relations
Central and Eastern Europe
tiemon.kiesenhofer@unicreditgroup.at
or
For Raiffeisen Bank International
Christof Danz, Tel. +43-1-71707-1930
Head of PR International, Spokesman
christof.danz@rbinternational.com

情報提供元:
記事名:「ウニクレディト・バンク・オーストリア、ライファイゼン・バンク・インターナショナル、ウニクレディト・ブルバンクがビジネスパーク・ソフィア向けのシニア融資枠を1億1290万ユーロに引き上げ