エアセル、バーティ・エアテル、ボーダフォンがコネクテッド・ウィメン・コミットメント・イニシアチブに参加署名

ニューデリー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、GSMAモバイル360 - インドのカンファレンスにおいて、モバイルインターネットとモバイルマネーのサービスにおける男女格差の縮小に傾注するコネクテッド・ウィメン・コミットメント・イニシアチブにさらに3社が参加署名したと発表しました。エアセル、バーティ・エアテル、ボーダフォンは、モバイルインターネットサービスにアクセスする女性を増やすために取り組むことを誓約しました。ボーダフォンはモバイルマネーの女性顧客層を増やすための追加的な取り組みも誓約しています。これらのサービス分野で3社合わせて1億人以上の顧客を抱えるエアセル、バーティ・エアテル、ボーダフォン以外にも既に、2020年までに低中所得国の女性数百万人に新たにアクセスを提供すべく真剣に取り組んでいる他のGSMA会員としての通信事業者があります。


GSMAの調査により、インドではモバイルインターネットとモバイルマネーのサービスにおける顕著な男女格差が存在することが明らかになっています。このため、女性は携帯電話の保有による恩恵を十分に受けられずにいます。しかも、世界銀行のフィンデックス2014のデータ1によれば、インドの女性は過去12カ月間にモバイルマネーサービスを利用してその恩恵を受けた機会が66%少なくなっています。

GSMAのマッツ・グランリド事務局長は、次のように述べています。「携帯電話の保有における男女格差への対処は、ビジネスリーダーや政府がGSMAのモバイル360 – インドにおいて議論することとなる重要なテーマです。GSMAの調査2では、携帯電話の保有に関して南アジアの男女格差は世界最大であること、インドの女性は携帯電話を保有する機会が男性よりも36%低いと推計されていることが明らかになっています。つまり、モバイルサービスの恩恵を受けている人数は女性が約1億1400万人少ないということになります。女性が力強くなれば、社会と経済が繁栄するため、女性にとってのデジタル包摂と金融包摂を保証することは不可欠です。」

インドの大手通信事業者3社による最新の誓約により、GSMAコネクテッド・ウィメンのパートナー事業者が提供する女性重視サービスから既に恩恵を受けている1500万人の女性がさらに増えることになります。パートナー事業者はコネクテッド・ウィメン・コミットメント・イニシアチブを通じて、女性顧客の比率を向上させるべく取り組んでいるところで、国連の持続可能な開発目標(SDGs)、特にジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを実現するというSDG 5を支えています。

コネクテッド・ウィメン・コミットメント・イニシアチブに参加している事業者は、男女格差に対処するための幅広いプログラムを導入しています。女性エージェントの増員、女性にとってより安全で魅力的なものになるようデータチャージを改善すること、教育プログラムと双方向コンテンツにより女性のデジタルリテラシーを向上させることなどです。開発途上国で携帯電話の保有と利用に関する男女格差を埋めることで、2015~2020年にモバイル業界で推定1700億米ドルの市場機会を開拓できる可能性があります。

コネクテッド・ウィメン・コミットメント・イニシアチブは2016年2月に発足し、現在では22社の通信事業者から30件の誓約を受けています。インドのエアセル、バーティ・エアテル、ボーダフォンに加えて、スリランカのダイアログ・アクシアタ、マレーシアのディジ・テレコミュニケーションズ、インドネシアのインドサット・オーレドー、オーレドー・モルディブ、オレンジ・マリ、オーレドー・ミャンマー、バングラデシュのロビ・アクシアタ・リミテッド、スマート・ブルンジ、スマート・タンザニア、スマート・ウガンダ、ティゴ・チャド、ティゴ・ガーナ、ティゴ・ルワンダ、ティゴ・セネガル、ティゴ・タンザニア、タークセル、ザンテルが参加署名しています。モバイル通信事業者が誓約(すなわち、モバイルインターネットまたはモバイルマネーの分野で)を行っている地域のモバイルインターネットとモバイルマネーの顧客は総数で優に2億人を超えています。コネクテッド・ウィメン・コミットメント・イニシアチブの詳細については、http://gsma.com/mobilefordevelopment/the-commitmentをご覧ください。

-以上-

編集者への注記

1 www.worldbank.org/en/programs/globalfindex

2www.gsma.com/mobilefordevelopment/programmes/connected-women/bridging-gender-gap

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
Ayanica Sree
+91 9873058742
ASree@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMA、2020年までにモバイル分野における男女格差を縮小するためインドの通信事業者が新たに誓約したと発表