アトランタで来週開催されるカンファレンスに世界クラスの顔ぶれの講演者が参加

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- GSMAとメトロアトランタ商工会議所は本日、アトランタで来週(2016年11月1〜2日)開催される「GSMAモビリティー・ライブ!– 北米」カンファレンスの最終的な議事日程を確定させました。2日間にわたるカンファレンスプログラムに、70社以上から90人を超える上級幹部が参加して、5G、コネクテッドカー、サイバーセキュリティー、デジタルヘルス、フィンテック、モノのインターネット、拡張現実などのテーマを取り上げます。


GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「来週アトランタにモバイル業界の皆さまを迎えるのが楽しみです。この刺激的なイベントで、次世代のモバイルサービスやモバイル技術を切り開く北米の役割が浮き彫りになるでしょう。世界クラスの講演者の顔ぶれには、自動車、消費財、レジャー、スポーツなど、モバイルによって変革を受けているモバイルエコシステムと各業種の一流幹部がそろっています。

メトロアトランタ商工会議所の最高経済開発責任者であるデビッド・ハーネットは、次のように述べています。「アトランタ都市圏には、数多くのフォーチュン500企業やフォーチュン1000企業があるため、私たちはこの躍動的なイベントを主催し、そうした企業幹部がGSMAモビリティー・ライブ!– 北米に豊富な知識を持ち寄り、参加者と分かち合えることをうれしく思います。GSMAとの提携は、アトランタ都市圏内外のモバイルエコシステムが今後において果たす重要な役割にスポットを当てる機会となります。」

カンファレンス・プログラムは、次の4つの基調セッションから成っています。

基調セッション1:業界の現状(火曜:東部標準時09:00〜10:15)

イベントの開会基調セッションでは、現在のモバイル業界が技術革新をけん引し、消費者の生活と企業の活動を変革する上で果たす役割を探ります。講演者は下記の通りです。

  • グレン・ルーリー氏、AT&TのAT&Tモビリティーおよびコンシューマーオペレーションズ担当プレジデント兼CEO
  • ジョン・ドワイヤー氏、クリケット・ワイヤレスの社長
  • マイケル・オハラ、GSMAの最高マーケティング責任者(CMO)
  • Hala Moddelmog氏、メトロアトランタ商工会議所の会頭兼CEO

基調セッション2:メディア&コンテンツ(火曜:東部標準時10:45〜12:00)

コンテンツバリューチェーン全体で大規模な破壊的変化が起こっている中、このセッションではモバイル機器とネットワーク接続がエンターテインメントとインタラクションに新たな機会をもたらしている様子ついて議論します。講演者は下記の通りです。

  • マイケル・アーチャー氏、アカマイのチーフストラテジスト
  • アリー・クライン氏、AOLの最高マーケティング責任者(CMO)
  • グレン・ルーリー氏、AT&TのAT&Tモビリティーおよびコンシューマーオペレーションズ担当プレジデント兼CEO
  • グレゴリー・リー氏、サムスン電子ノースアメリカの社長兼CEO
  • ジェレミー・レッグ氏、ターナーの最高技術責任者(CTO)

基調セッション3:コネクテッド・スタジアム(火曜:東部標準時16:30〜17:15)

今日の最も革新的な消費者向けモバイル体験の一部を実現して立役者となっている競技場の進化について取り上げます。講演者は下記の通りです。

  • スティーブ・キャノン氏、AMBグループのCEO
  • ジャレッド・ミラー氏、AMBスポーツ・アンド・エンターテインメントの最高技術責任者(CTO)

基調セッション4(水曜:東部標準時09:15〜10:30)

本セッションは、アトランタの活気あふれる技術状況、エコシステム内における協業の重要性、NBAのアトランタ・ホークスの本拠地であるフィリップス・アリーナがネットワーク接続機能によってファン体験を変革している方法など、広範なテーマを取り上げます。講演者は下記の通りです。

  • ピーター・ソルコフ氏、アトランタ・ホークスおよびフィリップス・アリーナのブランド&イノベーション担当エグゼクティブバイスプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサー
  • ダグ・ロッダー氏、ボインゴ・ワイヤレスの営業開発担当SVP
  • ジェーン・シャハテル氏、フェイスブックの技術および電気通信戦略担当グローバルヘッド
  • アラン・ダベーリ氏、エアウォッチの設立者・前会長、ワンダリングWiFiの会長

カンファレンスの全議題と講演者の一覧は、http://www.mobile360series.com/north-americaで入手いただけます。

カンファレンスプログラムのほか、展示エリアではGSMAプログラムとGSMAモビリティー・ライブ!のスポンサーによる双方向デモや専門家討議が行われます。デモの1つであるGSMAコネクテッド・リビング・プログラムは、米国の通信事業者が認可済みの省電力広域ネットワークを使って、IoTの規模拡大を行っていこうとしている方法にスポットを当てます。

本イベントのスポンサーとパートナーは、AT&T(プラチナスポンサー)、ウェザー・チャンネル(ゴールドスポンサー)、ファーウェイ(グローバルインダストリーサポーター)、ジェムアルト(登録スポンダー)、フレックス、ホーム・デポ、パーフィシャント(旧ブルーチューブ)、SAP、シークアンス・コミュニケーションズ、シニバース、VMウエア・エアウォッチ(シルバースポンサー)です。

GSMA モビリティー・ライブ! - 北米に参加しよう

GSMAモビリティー・ライブ!– 北米は、GSMAのグローバルカンファレンスであるモバイル360シリーズの一部です。現在、GSMAモビリティー・ライブ!– 北米への登録を http://www.mobile360series.com/north-america/#registerで受け付けています。

最新の動向と情報は、ツイッターでは#GSMAMOBILITYLIVEのハッシュタグを使うか、@GSMAをフォローしてください。フェイスブックではwww.facebook.com/Mobile360Series で、リンクトインでは www.linkedin.com/company/gsma-mobile-360-seriesでフォローしてください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち約300社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

メトロアトランタ商工会議所について

メトロアトランタ商工会議所(MAC)は、地域の繁栄と活性化を促す媒体として活動しています。経済成長を促し、アトランタ都市圏という場所の質を高めるために、MACは29の郡からなるアトランタ都市圏での起業、企業育成、企業誘致に力を入れています。当商工会議所はまた、アトランタの技術革新と起業家的文化を推進するための結びつきを促進・強化することによって、この地域の技術革新経済の発展に注力しています。MACは、実業界のために活発に声を挙げ、競争を促進するビジネス環境を提唱し、アトランタを紹介すべく取り組んでいます。

詳細については、www.metroatlantachamber.comをご覧ください。ツイッターは@atlchamber です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For the GSMA:
Eden Haile
+12065765560
Eden.Haile@webershandwick.com
or
Charlie Meredith-Hardy
+447917298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com
or
For the Metro Atlanta Chamber:
Jennifer M. Spann
+14045868459
jspann@macoc.com

情報提供元:
記事名:「GSMAモビリティー・ライブ!– 北米」の最終的な議事日程が確定