石油・ガス業界に浮体式生産設備サービスを提供する世界的な一流企業がO3bを選定、コスト削減と運営効率の改善により、競争的優位性の大幅な向上を目指す

ジャージー島セントヘリア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- O3bネットワークス、技術ソリューション企業のリグネット、浮体式生産設備のサービスプロバイダーである三井海洋開発(MODEC) は、ブラジル沖にあるMODECの浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出(FPSO)船舶に、高スループット・低遅延の接続を提供する合意に達したことを発表します。


FPSOは現在、世界各地にある多くのオフショアの石油・ガス生産地域における主要な生産手段です。浮体式生産設備のFPSOは、海底にある貯蔵設備からライザーを通して混合流体を受け取り、それを船上のトップサイドにある生産設備で、原油、天然ガス、水、不純物に分離します。FPSOの貯蔵タンクに貯蔵された原油はシャトルタンクに積み出され、市場に輸送されたり、さらに精製を行う地上設備に送られたりします。

リグネットはO3bの衛星ネットワークソリューションを統合し、MODECが高度な協業環境を通じて、操業に関する意思決定をリアルタイムで行えるようにします。陸上の監視センターの専門家は、リアルタイム情報を使って優れた意思決定を迅速に行い、沖合のオペレーターと直接連携できるようになるため、生産能力を増強し、運転効率を強化できます。O3bの接続性は、船上で求められる作業管理のガバナンスに大きく貢献します。

O3bネットワークスは、静止衛星(GEO)よりもはるかに地球に近い、中軌道(MEO)衛星ネットワークを運用しているので、遅延を75%削減し、性能を大幅に向上できます。ロングホールファイバー並みのスループットと低遅延を誇るO3bに切り替えることで、オフショアの接続性を変革し、ERPのフルスイート、クラウドアプリケーション、リアルタイムのHDビデオストリーミングなど、これまで利用が困難だった多数の重要アプリケーションの利用が実現します。

MODEC do Brasilのバイスプレジデントを務めるSoichi Ide氏は、次のように述べています。「これまで高遅延環境だったため、各船舶の船上にレベルの低い通信インフラを確立せねばなりませんでした。O3bなら、オフショアを地上のサポートの延長上にある環境として構築し、一貫性のある効率的な管理システムを導入できます。そして、作業管理を改善するための広範なビジネスツールを提供できるので、最終的には運営コストを削減できます。FPSOの船上にいる乗組員は、孤立した環境にいる場合がほとんどです。どのような異常事態にもシームレスに対応できる能力は、安全や環境に影響を及ぼす出来事が発生した場合に、素早く意思決定を行う上で貢献し、ひいては業績の向上、そしてもちろん財務実績の改善にもつながります。」

O3bネットワークスの世界エンタープライズ販売部門担当バイスプレジデントのSimon Maherは、次のように語っています。「リアルタイム情報を活用して、より迅速に優れた意思決定を行い、運営効率を高めるというビジョンは、オフショア業界にとって必須の要件です。O3bの実績ある通信技術は、衛星経由のファイバー接続に匹敵する速度・性能・信頼性を提供できるため、陸上施設で利用しているのと同じアプリケーションをMODECのオフショア環境でも利用できるようになります。」

リグネットの社長兼最高経営責任者(CEO)のスティーブン・ピケット氏は、次のように述べています。「MODECのような市場リーダーと協業し、同社がブラジルで操業中のFPSOフリートに重要な接続機能を提供できることをうれしく思います。当社はO3bのような高スループットの衛星技術を活用して、デジタル油田の進化を支援することに全力で取り組んでいます。」

O3bネットワークスについて

O3bネットワークスは、世界的なマネージド通信サービスのプロバイダーとして、最先端をいく高スループット・低遅延の衛星フリートと、世界規模の地上インフラの両方を運用しています。O3bはキャリアグレードのデータ・ネットワーキング・ソリューションを、地上で最も隔絶された辺境地のISP、電気通信事業者、モバイルネットワーク事業者、政府、企業に提供しています。O3bネットワークスは、SES(Euronext Paris、Luxembourg Stock Exchange:SESG)の完全所有子会社です。

三井海洋開発 (MODEC)について

三井海洋開発(MODEC)は、東京に本社を置く上場企業です。浮体式生産設備のオーナー/オペレーターであり、設計・資材調達・建造・据付(EPCI)を手掛ける総合建設請負業者です。MODECの事業内容には、浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出(FPSO)ユニット、浮体式海洋石油・ガス貯蔵積出設備(FSO)ユニット、FLNG、緊張係留式プラットフォーム(TLP)、セミサブマーシブル、係留システム、そして浮体式ガス生産設備の課題に対応する新技術などが含まれます。

リグネットについて

リグネット(NASDAQ:RNET)は、エネルギー施設や海洋船舶を含む遠隔地を対象に、技術ソリューションを提供する世界一流企業です。リグネットは、完全管理型の音声/データ・ネットワークから、ビデオ会議、乗組員の福利厚生、資産監視、リアルタイムのデータサービスなどを含むより高度なアプリケーションまで、各種ソリューションを提供しています。リグネットはテキサス州ヒューストンに本拠を置き、世界各地で事業を展開しています。リグネットに関する詳細情報はwww.rig.netをご覧ください。RigNetはリグネットの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

O3b Networks
Jason Wauer
pr@o3bnetworks.com
または
SpeakerBox Communications for O3b
Sally McHugh, +1-703-287-7816
smchugh@speakerboxpr.com

情報提供元:
記事名:「リグネットとMODECが、O3bによるファイバー並みの衛星接続をブラジル沖のFPSOフリートに提供する合意を締結