· キュービットが顧客理解をさらに深化させるキュービット MLエンジンをリリース



· キュービット ML を活用した“オポチュニティー・マイニング”により、最も大きな収入機会をもたらす顧客グループを予測的に優先順位付け

· ビジネスと技術の新たなワークフロー連携により、影響力のある“プログラマティック体験”を容易に展開し、ビジターが1人増えるごとに売上高を24倍増へ

· Victoria Plum がキュービット・ライブタップを利用して、顧客に関する知見を素早く理解

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- コンテキスト重視の顧客体験を提供するパイオニアのキュービットは、当社の業界有数のデジタル体験管理(DXM)プラットフォームの一部として、当社の機械学習エンジンを導入するとともに、いくつか重要なアップデートを行ったことを発表します。当社は今年初め、ゴールドマンサックスが主導したシリーズCラウンドで資金4000万ドルの確保を完了しており、今回の学習エンジン導入とアップデートも、当社が自社技術に継続的に投資していることを反映しています。

新しいキュービットMLエンジンを基盤とする“オポチュニティー(機会)マイニング”は、予測的分析と最新鋭の非監視機械学習手法を利用して、最も大きな収入機会をもたらす顧客グループの特定と優先順位付けを自動的に行い、マーケティング企業を支援します。これらの顧客グループまたは顧客セグメントは、キュービットのユーザーに優先順位に従って示されるため、非常に関連性の高いパーソナライズされたデジタル体験を届ける準備が整います。これらの予測的機能により、組織はやみくもに特定の顧客セグメントに無意味な体験を届けて働きかける代わりに、最も注意を払うべき顧客セグメントに意を集中せることができます。

キュービットのグラハム・クック最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「企業が成功するには、顧客中心にビジネスを展開しなければなりません。消費者がブランド企業とやり取りする方法が変わり続けています。このため顧客をより完全に把握し、適切な体験を届ける上で役立つ、堅牢かつ迅速な技術プラットフォームの構築が急務となっています。」

キュービットのデータ科学担当ヘッドのバド・ゴスワミは、次のように語っています。「キュービットMLは多様な業界の顧客体験を、さまざまな方法で完全に変えてしまうでしょう。当社はオポチュニティー・マイニングによって、未開拓の可能性を提供します。 キュービットがターゲットにすべき最良の顧客を選ぶため、マーケティング企業は顧客体験の品質に専念できます。」

キュービットは最新版で、高価値の“プログラマティック体験”の展開も簡素化しています。2000件を超える電子商取引実験のA/Bテストを分析した結果によると、カート放棄者のリカバリー、ソーシャルプルーフメッセージング、商品推薦といったコンテキスト重視の体験は、従来の最適化による取り組みと比べると、ビジターが1人増えるごとに売上高を最大24倍増やせることが分かっています。キュービットはこれを支援するために、組織が直面する協業の課題にも対応しました。企業ユーザーは新たな体験作成ワークフローによって、多数の高度なデジタル体験に関してルールの定義と管理を行い、準備が整った時点で開発者を呼び入れて、容易にカスタマイズと作動をしてもらえます。これにより、サイロ化されていた部門間の摩擦が減り、使いやすさとパワーの適正なバランスを生み出すことができるため、最終的に顧客体験をよりスムーズに展開できるようになります。

季節的・時間的制約のある顧客セグメントのサポート強化など、その他の多数の機能強化も、企業による顧客理解を支援できるキュービットの能力をを実証しています。ユーザーは重要なタイミングや時間範囲のほか、ブラックフライデー、夏のセール、もしくは顧客が90日間以上買い物をしていない場合など、履歴にある特定の出来事を考慮して、容易にセグメントを作成できます。

当社は今春、企業が直接かつ即座にキュービット・ビジター・クラウドの全顧客データにアクセスできるようにする、キュービット・ライブ・タップを含むリリースを首尾よく提供しましたが、今回のアップデートはそれに続くものです。オンラインだけで事業を展開しているデザイナーバスルーム企業で、2016年に英国で最も急成長を遂げた小売企業の1社にビクトリア・プラムがありますが、同社のような企業は、顧客を理解し、影響を与えるための重要な分析情報を得ています。

ビクトリア・プラムの技術アーキテクトを務めるパトリック・ドブズ氏は、次のように述べています。「ビクトリア・プラムは現在、そして過去に、多数のビジネスインテリジェンスとレポーティングのツールを使い、顧客理解に役立つ価値ある情報を得ようとしてきました。今はお客さまに関する知見を毎日得るには、ライブ・タップが最善の方法だと考えています。データの鮮度と柔軟性において、比肩するものはありません。これほど素早くアップデートできるレポーティングツールはほかにないため、これらの機能を武器に、将来はリアルタイムのダッシュボードを構築するつもりです。」

クック最高経営責任者(CEO)は、次のようにつけ加えています。「今回の発表は、より価値ある顧客体験をもたらすべく、当社が真摯に取り組んでいることを実証しています。その実現のために、点を結んで全体像を把握するのは困難ですが、当社は以前に増して、それを簡単に行えるようにしています。当社は各リリースごとに、企業が顧客に対する理解を深め、影響を与えられるようにしています。」

すべての機能強化は11月より利用可能になる見通しです。

キュービットについて

キュービットは、コンテキスト重視の顧客体験を提供するパイオニアです。

キュービットは、企業が顧客を理解して影響を与える方法を変革できる、デジタル体験管理プラットフォームを提供しています。企業は顧客データプラットフォームのキュービット・ビジター・クラウドを使い、融通性のある顧客レコードを活用して、ブランドの全タッチポイントにおける体験に力をもたらすことができます。当社は、ターゲットを絞り込んだパーソナライズであれ、データ科学を通じた拡張性であれ、マーケティング企業がデジタルの世界にある障害物によって阻まれることがないように支援しています。

当社のインフラストラクチャーは、企業のエンジニアリングチームがすでに構築中の顧客体験を拡張し、多数のデータソースを使うことで、それらの体験を大規模に展開できる機会を提供します。

当社はこれまで、ゴールドマン・サックス、アクセル、サファイア・ベンチャーズ、バルダートン・キャピタル、セールスフォース・ベンチャーズから、7600万ドル以上の資金提供を受けています。

詳細情報については、www.qubit.com をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Qubit Media
George Barker
+44 7762 672687
Communications
george@qubit.com

情報提供元:
記事名:「キュービットがデータ重視のマーケティング企業のために、収入機会を自動的に見出す新しい機械学習エンジンを発表