ロンドン--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 国際選挙諮問委員会(IEAC)が本日発表した報告書に寄稿した大勢の著名な選挙専門家によれば、技術の受容は民主主義を強化し、有権者に力を与えることができます。


将来の選挙に関する報告書は、世界で最も複雑な選挙を運営した経験のある人々が書いた7本の論文で構成されています。多くの論文が、技術を利用して世界の民主主義が直面する課題を解決することを支持するだけでなく、デジタル投票、デジタル登録のツールがすでにフィリピン、インド、ナイジェリア、南アフリカを含む国々で選挙プロセスに革命をもたらしているという実例を示しています。

Richard Soudriette氏は「世界規模でデジタルデモクラシーを切り開く」という論文の中で、国際選挙制度ファンデーションの初代会長としての経験を引き合いに出し、世界中の民主主義国家が投票技術の最新化にもっと投資すべき理由を説明しています。

Soudriette氏は、適切な資金調達がなされれば、投票技術が助けになると論じています。

  • 手作業による投票用紙の集計という退屈で脆弱なシステムを超えた社会様式を実現させることによって、選挙の完全性とセキュリティーを強化
  • 投票率が低い人口層の投票率を押し上げる(例えば、2012年の米国では、65歳以上の有権者の69.7%が投票したのに対し、18~24歳の有権者はわずか38%しか投票しなかった)
  • 世界のほぼ半分の国が民主主義を採用・実践している中で、世界的な民主主義ニーズの高まりに応える

スマートマティック会長のマーク・マロック・ブラウン卿は、次のように述べています。「自由で公正な選挙は民主主義の根幹です。」

「この論文集は世界で最も著名な選挙専門家の一部が執筆しています。これらの専門家は有効な選挙の実施に必要な独自の視点を提示して、世界の選挙情勢や、より多くの人に参政権を与える方法、どの国がデジタルデモクラシーの解決策を開拓しているのかについて、各自の見解を紹介しています。発展途上国とまた先進国が直面している民主主義の課題に関心のある人すべてにとって必読の論文集です。」

IEACについて

2014年、スマートマティックは国際選挙諮問委員会を設立しました。本委員会は、選挙分野でこの上ない知識と経験を持つ著名なグローバルリーダーに結集していただき、他にはないグループを構成しており、選挙プロセスで最大の効率性・透明性・信頼性を促進する戦略とソリューションについて、スマートマティックと選挙管理人に助言します。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20161018005442/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

 


Contacts

Edelman
Alec Newton, +44 (0)203 047 2140
alec.newton@edelman.com

情報提供元:
記事名:「国際的な選挙専門家がデジタルデモクラシーの欠如に立ち向かう行動を呼び掛け