中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第22回義烏国際小商品博覧会(義烏博覧会)が2016年10月21~25日に浙江省の義烏国際博覧中心で開催されます。



世界でのブランド認知向上を目指す「メイド・イン浙江省」構想

「メイド・イン浙江省」は浙江省政府が主導する重要な開発戦略で、成長モデルの要素駆動型からイノベーション駆動型への変革を加速し、高品質製品の供給能力を強化することが目的です。

新登場の競争力のある業界を紹介して流行を生み出すイベント

流行を生み出す小商品イベントの義烏博覧会には、さまざまな大手企業が参加して最新製品を展示します。今年の義烏博覧会では、市場動向にさらに沿うよう展示構造を最適化することで、市場の風速計としての役割を強化します。

「デザイン+文化」で創造力を強調

イノベーション&創造力特別展示ゾーンは、エクセレント・デザイン、義烏産業デザインセンター、その他のデザインセンター、iFが主催する国際ファッション・アワード・ショーなど7つのカテゴリーで構成されています。この特別展示ゾーンは、より多くの企業を引きつけてデモンストレーション効果を高めるように作られます。

国境をまたぐ電子商取引

義烏は有名な電子商取引都市に成長し、越境アカウント11万件を含め、25万件の電子商取引アカウントが登録されています。昨年は、義烏で計1511億人民元(224億1000万米ドル)相当の電子商取引が行われ、前年比31%増となりました。越境取引額は582億人民元(86億3000万米ドル)を上回り、深センに次いで中国第2位となりました。

サプライチェーンファイナンスで付加価値のあるクレジットサービスを提供

今年の義烏博覧会では、大道集団と提携して、ここだけの購買用クレジットカード(与信枠10万米ドル)を導入します。この取り組みはその与信サービスおよびサプライチェーンサービスのプラットフォームを活用するもので、より多くの海外バイヤーに会場で注文してもらうことが目的です。

プロのバイヤーの参加

外国貿易の需要が引き続き低調な中で、国内市場が主な焦点になっています。これまでに、主要なスーパーマーケットや上海進出口商会を含め、国内の20以上の有力バイヤーグループが参加を確定しています。

巨大小売企業の参加

イベント期間中に、「イノベーション、統合、躍進 – 国内チャネルの価値を再構築する」をテーマに、第1回中国小売商品購買サミットを開催します。巨大小売企業が参加し、インターネット+小売りの時代における業界の変革とその未来について議論します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Yiwu China Commodities City Exhibition Co., Ltd.
Kaili Chen, +86 579-85415002
ckl@yiwufair.com

情報提供元:
記事名:「第22回義烏国際小商品博覧会のハイライト