Oracle DatabaseとOracle Middleware製品のサポート売上高が3倍以上に成長

ラスベガス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- SAP SEの(NYSE:SAP)Business SuiteBusinessObjectsHANAデータベースや、Oracle Corporationの(NYSE:ORCL)SiebelPeopleSoftJD EdwardsE-Business SuiteOracle DatabaseOracle MiddlewareHyperionOracle RetailOracle Agile PLMOracle ATG Web Commerceなどエンタープライズ ソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーのリミニストリートは本日、2016年6月30日締めの12カ月間におけるOracle全製品ラインの売上高合計が、前年度と比べて39%増加したと発表しました。 この成長をけん引したのは、同期間中に205%増加したOracle DatabaseとOracle Middleware製品ライン、そして48%成長したOracle E-Business Suite(EBS)です。



Oracleライセンシーからの需要が引き続き堅調な業績を後押し

世界各地のOracleライセンシーからの一貫した需要に後押しされ、リミニストリートのOracle全製品における顧客獲得数は、前年と比べて継続的に増加しました。Oracle全製品ラインの契約クライアント総数が34%増え、EBS、Oracle Database、Oracle Middlewareの製品ラインの契約クライアント総数は66%増加しました。

Dean FoodsのBrian Murphy、最高情報責任者(CIO)は、次のように述べています。

「Dean Foodsでは、支出の対象を、継続的な業務から事業の最終損益に違いをもたらすプロジェクトへと移し、この急変する業界で革新を生み出す方法を常に模索しています。リミニストリートの業界有数のサポートサービスを活用することで、当社はOracle JD Edwardsエンタープライズソフトウェアの保守費用の相当額を、ビジネスインテリジェンスとマスターデータ管理の戦略的な取り組みに割り当てることができました。また大幅な節減以外にも、当社チームは、専任のサポート エンジニアの割り当てや、必須のカスタマイズに対する追加費用なしでのサポートなど、リミニストリートのサポートプログラムが提供する高レベルのサービスの恩恵を受けています。」

Oracle製品ラインのサービスポートフォリオを拡大

リミニストリートは創業以来11年間にわたり、Oracle製品のサポートを継続的に提供することで、世界中のOracleライセンシーからの増え続ける強い需要に応えてきました。こうした、ますます拡大するOracleライセンシーの顧客基盤に対するサービス提供という当社の世界的戦略の一環として、Oracle ATG Web Commerceに対する保守サポート サービスの提供を開始したことを発表したものです。ATG Web Commerceは、企業間(B2B)および企業・消費者間(B2C)向け商取引ウェブサイトを構築・導入する場合の主たるプラットフォームで、世界最大規模の組織によって利用されています。リミニストリートがサポートする10番目のOracle製品ラインとなります。

リミニストリートのサポートサービスは、中堅企業や公共セクター組織から巨大で多角的なフォーチュン500企業や多国籍企業に至るまで、多様な業界で急成長を遂げ、世界的に導入されています。

リミニストリートの受賞歴を誇る顧客サポートチーム

リミニストリートは常に、業界で最も革新的で極めて迅速なプレミアムサポートプログラムの提供に努めてきました。このプログラムは、世界90カ国以上で約1500社の契約クライアントを支援してきた何百人ものプロフェッショナルから成る、グローバル・サービス・デリバリー(GSD)部門が主導しています。リミニストリートのGSD部門は、標準的なベンダーの保守サービスには含まれていない価値あるサービスを各クライアントに提供しています。そうしたサービスには、相互運用性に対するサポート、セキュリティー助言サービス、性能の調整、平均15年以上の経験を持つ現地の専任プライマリー・サポート・エンジニア(PSE)、年中無休24時間体制のサポートなどが含まれます。GSDチームは、今年はじめに「カスタマーサービス部門オブ・ザ・イヤー」をスティービーアワードとゴールデンブリッジ・アワードから授与されるなど、その卓越したサービスによって多数の賞を獲得しています。

リミニストリートの最高経営責任者(CEO)Seth Ravinは、次のように述べています。

「Oracle製品のサポート売上高が前年比で39%増加するなど、当社のOracle製品ラインのサポートが継続的に成長し、勢いを増しているのは、当社のお客さまがリミニストリートの質の高いソフトウェアサポートに切り替えて、価値を実感していることをそのまま反映したものです。当社は創業当時より、業界をリードする独立ソフトウェアサポートモデルの提供に全力で取り組み、顧客に選択肢とエンタープライズソフトウェアサポート業界で最高の価値を提供してきました。そして、業界で最も包括的で適切なサポートサービスを提供することで、顧客が総保守コストを最大90%削減し、事業の革新、成長、競争力強化を可能にする戦略的プログラムに再投資できるように支援しています。」

詳細については、Twitter(@riministreet)で当社をフォローしてください。また、FacebookLinkedInをご覧ください。

リミニストリートについて

リミニストリートは、エンタープライズ ソフトウェアのサポートサービスを提供する独立系の世界的リーダー企業です。2005年以来、受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。こうしたプログラムにより、OracleやSAPのライセンシーは総サポート費用の最大90%を削減することが可能になります。そして、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来る環境が整います。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中小企業、公共セクター組織を含む約1500社の顧客が、ソフトウェアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを選択しています。詳細についてはhttp://www.riministreet.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通しに関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが証明された場合、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニストリートの商標です。その他すべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2016. All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

■本件に関する報道関係のお問い合わせ先
日本リミニストリート PR担当
船見厚宏
rimini@wizbrains.com

情報提供元:
記事名:「リミニストリートのOracle製品のサポート年間売上高が39%増加