~細胞培養施設向けに最高水準の技術を提供する独自のオールインワン・デジタル・ソリューション~

パリ--(BUSINESS WIRE)--#CellCulture--CNIMグループ傘下企業のベルタンは、高画質の画像を実現し、科学者の日常的な細胞操作を容易にする目的で開発した新しいセルイメージャーInCellis(インセリス)を発表します。明視野・位相差・蛍光観察での高画質は、照準や監視などの軍事アプリケーションでも使用されている最先端のCMOS低照度センサー技術がもたらしています。ベルタンの他のあらゆる製品と同様、人間工学とユーザー体験の両方を開発チームは大いに考慮しました。



スマート・セルイメージャー・ソリューション

InCellis独自の特徴には、フォトニス製の低照度CMOSカラーカメラ、大型のタッチスクリーンモニター、特許を取得した光照射技術、多チャンネル化セルイメージングなどのオンボード自動細胞培養アプリケーション、「フラスコ内」トランスフェクション効率(実際の色の組織スライド画像)、細胞増殖検査が含まれます。

ベルタン・システムズ・アンド・インスツルメンテーションのマネジングディレクターを務めるBruno Vallayer博士は、次のように述べています。「8年前に初のイメージングステーションが発売されたとき、細胞培養に取り組む生物学者にとって本当のブレークスルーでした。InCellisの登場により、画像の向上やまったく新しいアプリの点で、さらに進歩した新世代ソリューションを目の当たりにしています。当社は販売店や最初のユーザーからの反響にじっと耳を傾け、それらの貴重で鋭い指摘に基づいて、最高のセルイメージングソリューションを開発・提供することに真剣な努力を傾けてきました。」

組み込みの自動細胞培養アプリケーション

InCellisが持つ多くの利点の1つは、科学者間のコミュニケーションを促進する特性です。すべての画像は組み込みアプリで処理することも、他のソフトウエアにエクスポートすることも可能です。InCellisのオンボードアプリケーションにより、ユーザーは研究室ですぐに、細胞のトランスフェクション効率や培養細胞の密集度を決定し、マルチカラー蛍光画像を得ることができます。科学者は写真を撮影して、同じ研究室にいない場合でも同僚と即時に共有が可能です。

ユーザーのニーズに触発された革新的技術

既存のセルイメージャーに関するユーザーやパートナーからの意見を集めた後、ベルタンのチームは可能な限り最高の価値を適正な価格で提供しようという執念を持って、社内でInCellisの開発に当たりました。それを可能にしたのは、ベルタンの光電子工学とラボ機器における専門知識に加え、低照度光の検出/イメージング/増幅向け光センサーのリーダー企業フォトニスとの強力な提携関係です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Gootenberg
Frederique Vigezzi, +33 (0)1 43 59 29 84
frederique.vigezzi@gootenberg.fr

情報提供元:
記事名:「InCellis:ベルタンが開くセルイメージングの新しい時代