ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第71回国連総会会期中、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相、各国首脳・閣僚、国連職員、各国大使、著名人、民間部門および数百名の賓客が、ユナイテッド・ネイションズ・プラザにて、国連持続可能な開発目標(UNSDG)採択1周年を記念し、ガバナンスと競争力の世界機構(WOGC)発足のハイレベル・レセプションに出席しました。



WOGCは、国連持続可能な開発目標(UNSDG)およびトリフィニオ条約協定(エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス)の枠組に基づく特殊諮問資格を有する複合国際組織(IGO、NGO、政府)です。WOGCの主な任務は、能力育成、ベストプラクティスの共有、官民パートナーシップの促進を通して、持続可能な開発目標(SDG)を実現し、ガバナンスを向上させ、途上国の競争力を高めることです。

国連の潘基文事務総長は次のように述べています。「貧困のない世界、元気な地球、活気ある包括的な世界経済、すべての人にとっての尊厳ある生活に向けたこのキャンペーンでは、皆さん全員がリーダーです。企業の参加は非常に重要です。民間部門の人材、促進力、専門知識は不可欠なものになります。持続可能な開発目標を受け入れることで、企業は幸福に向けた大きな力になることができます。」

バングラデシュのシェイク・ハシナ首相は次のように強調しています。「国際競争力の重要性と持続可能な開発のツールとしての情報通信技術(ICT)、およびWOGCのような世界に認められた組織が、国連持続可能な開発目標の実現を促進します。」

WOGCのキャリー・ヤン代表は、関係者と協力してUNSDGを推進するWOGCの取り組みを世界の人々に向けて表明し、アセッツ・デジタル暗号学委員会の重要性を提示しました。

バングラデシュのICT業務アドバイザーであるサジーブ・アーメド・ワジド氏は、バングラデシュの発展を促すツールとしての「デジタル・バングラデシュ・イニシアチブ」における取り組みと卓越したリーダーシップを評価され、WOGCアワードを受賞しました。

グアテマラのアナマリア・ディエグエス・アレバロ外務副大臣は、中央アメリカの経済成長と持続可能な開発を促進する要素として国際競争力を強調し、トリフォニオにおけるWOGCのイニシアチブを高く評価しました。

エルサルバドル・トリフィニオ計画のエグゼクティブ・ナショナル・ディレクターであるセルジオ・ブラン氏は、トリフィニオ地区の持続可能な開発と統合を評価され、WOGCアワードを受賞しました。ブラン氏は、現地の地域社会が生活環境を向上させる上での国際競争力と能力育成の重要性を指摘しました。

夜会では、グローバル・ファッション・フォー・デベロップメントのアート展覧会や、グラミー賞受賞バイオリニストのミリ・ベン・アリ氏、著名な俳優のロバート・デヴィと音楽監督のロビン・ディマジオによるパフォーマンスが行われました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For World Organization of Governance & Competitiveness
Amy Britt
amy@banterpr.com

情報提供元:
記事名:「第71回国連総会会期中、ガバナンスと競争力の世界機構が発足