9月28日にバンガロールで開所式を開催へ

米ミシガン州トロイ--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 自動車向け加工部品/システムの世界有数の一次供給企業であるインテバプロダクツ・エルエルシーは、インドのバンガロールに新設されたインドテクニカルセンターの開所式を挙行します。この最先端センターオブエクスパティーズによって、同地域におけるインテバの技術能力と展開規模が拡大されます。本センターには先進的なエンジニアリングサポート、設計、開発、耐久性試験、機能試験の部門を置きます。これらの部門は、インテバの世界中のお客さまを対象とするルーフシステム、クロージャー、モーター&エレクトロニクスの先進技術の開発・リリースに傾注します。現在、200人以上の研究開発エンジニアを擁しており、さらに増員する予定です。

創業者であるロン・オッフェンバッハ社長兼最高経営責任者(CEO)が率いるインテバの上級経営陣は、9月28日に招待客のみのイベントで新施設の開所式を挙行します。イベントには従業員、顧客、サプライヤー、要人が出席し、見学ツアー、昼食、テープカット式が行われます。

オッフェンバッハ社長兼CEOは、次のように述べています。「バンガロールの従業員や来賓の皆様と共に新しい技術施設のオープニングを祝えることをうれしく思います。インドテクニカルセンターはこの地域にとってセンターオブエクスパティーズとして機能するものですが、私たちは今回のさらなる投資によって当社の世界レベルの技術能力を世界中のお客さまに提供できることを喜んでいます。」

2008年の設立以来、インテバは劇的に成長して、世界のあらゆる地域に新施設を設け、世界の展開規模を3倍に拡大しました。今年末までに5カ国での新施設の開設が完了します。インテバはバンガロールに加え、チェコ共和国のリフノフ、ルーマニアのオラデア、メキシコのグアナフアト、中国の鎮江に展開先を拡大しました。

インテバプロダクツ・エルエルシーについて

インテバプロダクツ・エルエルシーは、革新性・信頼性・環境配慮性を備え、自動車の品質・安全性・性能を向上させる製品を自動車メーカーに供給する世界有数の自動車部品企業です。インテバにはクロージャーシステム、インテリアシステム、モーター&エレクトロニクス、ルーフシステムのエンジニアリング、製造、カスタマーサービスのリソースが世界各地にあります。2008年に設立された一次部品供給企業として、世界規模で持続的な成長を達成しながら、優れたカスタマーサービスの提供と技術革新の推進に傾注しています。インテバは、革新的な(INnovative)ソリューションと、応用技術(TEchnology)の活用を基盤に、価値(VAlue)ベースのソリューションを推進すべく設立されました。18カ国に1万5000人以上の従業員を擁し、米国ミシガン州トロイに本社を置いています。

当社の今後の最新情報については、インテバのウェブサイトフェイスブックリンクトインツイッターのページをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Inteva Products, LLC
Karen Manardo
248-535-4825
kmanardo@intevaproducts.com

情報提供元:
記事名:「インテバプロダクツ、新しいインドテクニカルセンター開設を祝賀