• Arthur D. Littleは、今後数年にわたってトラック産業の主要成長ドライバとなる中東市場に関する先駆的な論考を発表。
  • 欧州系メーカーと中華系メーカーは、初めて同一条件下での競争を展開する事となる。
  • 高価格~中価格帯セグメントにおいては、より高品質・高機能な車両が必要とされるため、車両価格の低減に対するニーズは減少する。中華系メーカーはこの様なニーズの変化を把握し、製品ラインナップ拡充に向けた準備に入っている。

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--過去数年にわたる販売台数の低迷期を終え、トラック車両のニーズは、今後、様々な地域においてますます高まると考えられる。戦略及びイノベーションに関するコンサルティングを提供するArthur D. Littleは、新たな論考「中東市場におけるトラック産業:過小評価地域における戦略的成長機会」の一環として、様々な市場ポテンシャルを調査。業界構造の転換が、高価格帯トラックメーカーにとって有利に働く事を考慮すると、今こそが中東市場におけるプレゼンスを再構築するのに最適な時期であると言える。しかしながら、成長のポテンシャルを活用するためには、最適な戦略が必要となる。特に、中国からの比較的新しい市場参入者は、中東市場へのアプローチ方法を再検討する必要に迫られている。


中東におけるトラック市場は、今後10年で47%の成長が見込まれている。特に、高価格帯セグメント(+106%)および中価格帯セグメント(+29%)は、中東地域の複雑な事情に適合するため、市場の急速な発展の恩恵を受けると考えられる。その一方で、過去数年にわたって中華系メーカーの独壇場であった低価格帯セグメントは存在感を失うであろう。しかしながら、欧州系メーカーにとって一度失った首位の座を奪還する事は決して容易ではない。

将来の市場をめぐる戦い

中華系メーカーは製品とサービスの品質及び洗練性を高めるための投資に着手している。その一方で、欧州系メーカーは中東市場における存在感を高める必要に迫られると考えられており、高機能トラックの価格設定を中東市場に見合う形に修正した上で、市場に再参入すると言ったシナリオも現実的な選択肢である。欧州と中国、両地域の戦いは、他の地域(特に、東南アジア及びアフリカ)にとっても重要な意味合いを持つ。欧州系メーカーと中華系メーカー、両者は今後のトラック市場成長にとって極めて重要な存在であると言える。

詳細は以下をご参照願います。

www.adl.com/TruckStudyME


Contacts

Catalyst Communications for Arthur D. Little
Sue Glanville/Cate Bonthuys
Tel: +44 7715 817589 / +44 7746 546773
sue@catalystcomms.co.uk/ cate@catalystcomms.co.uk

情報提供元:
記事名:「Arthur D. Little Study: 中東市場における欧州系トラックメーカーと中華系トラックメーカーの衝突