中国・深セン & 独ブルフザル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- OLED向け高効率青色発光材料のリーダー企業であるサイノラ、そして中国のオープンプラットフォーム企業としてOLEDテレビ生産のために印刷方式OLED技術の産業化を目指す聚華(Juhua)は、OLEDテレビ開発に関する覚え書きを交わしました。サイノラは、中国の液晶パネル2大メーカーのCSOTと天馬微電子(Tianma)が率いるJuhuaの技術プラットフォームに加わることになります。



LCD業界がOLEDに向かう中、OLEDディスプレー市場は既に確立されており、CAGR(年平均成長率)41%で急成長しています。エンドユーザーにとって、この新技術にはLCDディスプレーと比べ、幾つかの利点があります。OLEDディスプレーは素晴らしい高画質で表示できる上、極めてコントラスト比が高く、色彩も鮮明です。またOLEDディスプレーは柔軟性と屈曲性を持つように製造できるため、新しい形状のアプリケーションが可能です。

中国の業界はLCD技術で大きな役割を担っており、現在は携帯機器/テレビスクリーン向けOLEDへの移行を準備しています。業界専門家は、2021年までに中国はOLEDディスプレーの生産で韓国に次ぐ第2位となり、総合的な市場シェアは24%に達すると見込んでいます。

CSOT(TCL傘下の企業)と天馬は、今後のOLEDテレビに向け、重要な印刷技術ノウハウの開発を加速するために、連携する大学や研究開発機関と共に協働プラットフォーム(Juhua)の確立に当たっています。Juhuaというオープンプラットフォームによる技術開発には、材料サプライヤーや成膜装置メーカーも連携します。

サイノラはこのプラットフォームに当社のノウハウと材料により貢献し、高性能・高コスト競争力のOLEDディスプレー開発に取り組みます。Juhua取締役会会長でTCLの最高技術責任者(CTO)のXiaolin Yan博士は、「TCLは当社ビジネスのさらなる拡大に向け、溶液処理可能なOLED技術に全力で貢献しています。当社製OLEDテレビの発売をさらに早めるため、当社の技術開発では、重要サプライヤーと密接に連携しています。消費電力が最小の製品を提供するためには、高効率の青色発光材料が必須です。サイノラとの協力は当社にとって非常に重要です」と語っています。

サイノラのギルダス・ソリン最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「OLEDの迅速な発展には、材料サプライヤーおよびディスプレーメーカーとの密接な協力が鍵です。当社の完全有機TADF材料は重金属を含まず、当初は真空蒸着方式を狙っていますが、インクジェット印刷方式でも容易に使用できます。サイノラは、Juhuaオープンプラットフォームの成功に向けて貢献できることを非常に喜ばしく思っています。」

Juhuaについて

広東聚華印刷顕示技術有限公司(Guangdong Juhua printed display company)は華星光電技術有限公司(China Star Optic-electrical Technology、CSOT)(TCL傘下の企業)と天馬グループ(Tianma Group)両社の子会社であり、CSOTと天馬がそれぞれJuhuaの株式の66%と34%を所有しています。巨大株主2社による強力な支援を受けるJuhuaは、印刷方式OLED分野の技術をリードする企業と見なされています。

またJuhuaは、革新のオープンプラットフォームおよび独立法人として、主として印刷方式OLEDコア技術に傾注しています。その際に従うべき哲学は「市場でのリード、業界や大学との協力、政府による指導、あらゆるリソースとの連携、ウィン・ウィン・ビジネスモデルの達成」であり、これに基づいてディスプレー業界全体の進歩を推進し、次世代ディスプレー技術の中心とすべく広東省を支えます。

TCLについて

TCLコーポレーションはスマート製品の世界的メーカーであり、インターネットアプリケーションサービスのプロバイダーでもあります。深セン証券取引所に上場のTCLコーポレーション(000100. SZ)は、TCLマルチメディア(01070. HK)、TCLコミュニケーション(02618. HK)、TCLディスプレー(00334. HK)、トンリー・エレクトロニクス(01249. HK)で構成されています。1981年に設立されたTCLは、7万8000人の従業員で事業を運営し、アジア・アメリカ・欧州・オセアニアの80以上の国と地域に営業所を持つほか、23カ所の研究開発センターと21カ所の製造拠点を構えています。TCLは2015年に1046億元(約160億2000万米ドル)の営業売上高を計上しており、ブランド価値は710億元(約108億6000万米ドル)に相当し、中国のテレビブランドで1位にランクしています。

サイノラについて

2008年に設立されたサイノラは、TADF技術のリーダー企業です。当社は、OLEDデバイスの消費電力量を劇的に削減できるようにする高効率青色OLEDエミッタシステムに焦点を絞っています。2016年末までに従業員70人となるサイノラの多専門的チームは、顧客ニーズを満たすことに高度な集中力を発揮しています。サイノラは韓国と中国に拠点を確立しており、材料およびデバイス開発で顧客と密接に協力しています。当社は100件以上の特許ファミリーから成る広範なIPポートフォリオを所有し、600件以上の特許取得を目指しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

CYNORA
Joanna Wrzeszcz
phone: +49 7251 919 670
wrzeszcz@cynora.com
or
Juhua
Dr. Jinyao Song
Phone: +86-18617168677
songjingyao@tcl.com

情報提供元:
記事名:「サイノラとJuhuaがOLEDテレビでの協力を発表