持続可能な開発目標について啓発して参加者を増やすべく、「SDGイン・アクション」アプリを公表

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは2016年ソーシャル・グッド・サミットで本日、国連の持続可能な開発目標(SDG)について啓発して参加者を増やすべく、国連および世界的な非営利キャンペーンのプロジェクト・エブリワンと協力すると発表しました。これらの組織は、産業界、政府、個々の市民が協力してSDGの目標を実現するための世界的フォーラムとして、モバイルアプリ「SDGイン・アクション」を共同開発して公表しました。


GSMAのマッツ・グランリド事務局長は、次のように述べています。「持続可能な開発目標が定めた計画は、遠大で野心的なものです。それは、あらゆる人の健康的な生活の確保や幸福の推進から、男女間の平等の達成、包括的かつ安全・強靭で持続可能な都市・集落の実現、気候変動とその影響との闘いの支援に及びます。モバイルネットワークには、その他の技術とは別の方法でこの活動を加速させる力があります。そして、国連とプロジェクト・エブリワンとの連携を通じて、私たちはSDGの達成に向けた協力で産業界、政府、個人を結び付けることができます。」

クリスティーナ・ガラッチ国連広報担当事務次長は、次のように述べています。「この目標は加盟国が採択したものですが、それが達成できるかどうかは市民社会、企業、市民の努力次第です。SDGイン・アクション・モバイルアプリがとてもタイムリーなのはそのためです。このアプリにより、目標がより身近でより理解しやすいものとなり、日常生活との関係も分かりやすくなります。世界中の非常に多くの人やグループが、この目標をサポートするための革新的なプロジェクトを既に実施しています。このアプリの素晴らしい点は、この世界に良い変化をもたらしたい人や活動家をつなぐことができることです。これらすべての草の根のプロジェクトや成果について見聞きするのを楽しみにしています。」

持続可能な開発のための2030アジェンダの特別顧問を務めるデビッド・ナバロ事務次長は、次のように述べています。「国連は、協力に向けた複数年のロードマップでGSMAと協力し、モバイル業界がこの目標を進める上で果たす重要な役割を活用できることを喜んでいます。これには、大手企業に協力を呼びかけて、女性と子供の健康、災害救援、データ収集、分析に関する活動への支援をお願いすることから、この目標に沿って業界全体で持続可能な事業慣行を調整することまで、SDGをサポートする幅広い取り組みが含まれます。」

プロジェクト・エブリワンとコミック・リリーフの創設者で映画監督のリチャード・カーティス氏は、次のように述べています。「国連のグローバル目標の成功に不可欠なのは、この目標を2030年までに達成するために、すべての市民が自分の意見を述べ、積極的に参加できるようにすることです。だから、この最初のアプリの実現に協力できて本当に最高だと思いました。このアプリを使うことで、世界中のすべての人が、自分の願いやその実現に向けた行動について、友人とも世界の指導者とも共有できます。今年は、グローバル目標の達成に向けて誰もが参加できるようになった年であり、SDGイン・アクション・アプリによって正にそれが実現します。」

国連は、SDGイン・アクション・アプリ用に17項目の目標のそれぞれに関する詳細情報を提供しました。それには、関連するSDG目標、説明動画、重要データ、それらの達成に向けてどのような行動が可能かについての提案も含まれます。プロジェクト・エブリワンは、面白くて愉快な映画を複数言語で製作しました。それには、脚本家・映画監督のリチャード・カーティス氏が製作した「2016年グローバル目標」の紹介、世界で最も人気のある架空のキャラクターであるミスター・ビーンが登場するオリジナル双方向アニメ・シリーズ、女優・活動家のエマ・ワトソン氏が紹介する「世界最大の教訓」、ユーチューバーのエスティ・ラロンド氏とアキラー・ヒューズ氏が紹介する「グローバル目標モバイルショー - 目標ウィークの真髄」が含まれ、9月24日(土)午後6時(東部夏時間)に、その夜に開催されるグローバル・シチズン・フェスティバルに先駆けてモバイルで世界公開します。

このアプリはダイナミックで協働的なツールであり、SDGを達成する上で技術革新がいかに役立っているかに光を当てるものです。このアプリには、世界中の最新の持続可能な開発に関するニュースや、目標達成に向けたモバイル業界の影響を紹介する事例研究が含まれます。アプリで参加を推進してSDGの達成に向けて世界的に活動が増加するよう、共有、いいね、スコア、リーダーボードなどの機能を配置しています。

利用者は、最も関心のあるSDGに基づいて経験を選ぶことができ、登録してそれら特定の目標に関する通知を受け取ることができます。さらに利用者は、世界中の他のユーザーとの対話や目標のサポートに向けて参加できる近所のイベント探しに加えて、地域社会で「アクション」を作成して他の利用者に参加を呼び掛けることもできます。

このアプリは、iOSとアンドロイドのデバイスでご利用いただけます。SDGイン・アクション・アプリをダウンロードして独占的コンテンツを楽しむには、https://sdgsinaction.com/をご覧ください。

編集者への注記

持続可能な開発目標について:

17項目の持続可能な開発目標を設定した国連の持続可能な開発のための2030アジェンダは、2015年9月に開催された歴史的な国連サミットで世界の指導者により全会一致で採択されました。国家の優先事項と2030アジェンダを調整し、民間部門や市民社会と協力して取り組むことで、政府は2030年までに貧困を撲滅し、不平等に対処し、気候変動と闘うべく、活動の結集を始めています。目標の詳細については、http://www.un.org/sustainabledevelopmentをご覧ください。

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20160918005035/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMA、国連、プロジェクト・エブリワンが持続可能な開発目標に関する活動推進で協力