英トルーン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インターネットに対する完全に分散化された安全なアプローチの開発に従事するスタートアップ企業のメイドセーフは、大手グローバル・オンライン投資プラットフォームのバンク・トゥ・ザ・フューチャーでエクイティ・ファンディング・ラウンドを開始すると発表しました。バンク・トゥ・ザ・フューチャーは、適格投資家による未来の金融や技術への投資を可能にします。本ラウンドのピッチは、9月21日にBnkToTheFuture.comで開始され、30日間にわたって開催されます。


これは、SAFE(Secure Access for Everyone)ネットワークと名付けられたメイドセーフのネットワークのアルファ版導入の成功に続く長期戦略の新たな段階を意味します。今回の資金調達ラウンドにより、メイドセーフは引き続きSAFEネットワークの特性と機能を確立するためのトップクラスの開発人材を登用するとともに、アプリケーション開発企業や戦略的パートナーの間で認知度を高めることが可能となります。

メイドセーフの創業者兼最高経営責任者(CEO)のデビッド・アービンは、次のように述べています。「戦略とロードマップの管理を放棄せずに資金を確保できる今回の投資ラウンドをバンク・トゥ・ザ・フューチャーと共に開始することを大変うれしく思います。既存のインターネット・サービスに対しては様々な不満が存在しており、メイドセーフはSAFEネットワーク・コミュニティーと共に安全でより効率的な代替サービスを提供できる理想的な立場にあると考えます。これは、世界的な成長機会に関心のある投資家にとって魅力的な投資機会となります。」

メイドセーフの考えの根幹にあるのはユーザーのセキュリティーとプライバシーであり、データは暗号化されて難読化され、アルゴリズムによりこうした認識不可能なデータが分散型プラットフォームにランダムに分散されます。ユーザーが誰にも認識されず、参加するための許可も必要としない斬新な認証メカニズムを利用することにより、メイドセーフのアプローチでは今日のワールドワイド・ウェブに欠くことのできない集中管理型サーバーが不要になり、本来期待されていた自由かつ安全でセキュアなインターネットを誰もが享受できます。また、メイドセーフは現在の共有経済における不均衡の是正にも努めているほか、仮想通貨のセーフコインを開発しています。セーフコインは、ユーザーとアプリケーション開発者がはるかに公平な形で利益を享受できるメカニズムとして活用されます。

詳細情報:

メイドセーフ・ウェブサイト:http://maidsafe.net/

メイドセーフSAFEネットワーク・アルファ・ローンチ:http://maidsafe.net/alpha.html

バンク・トゥ・ザ・フューチャー:https://bnktothefuture.com/

メイドセーフについて

2006年にスコットランドのエンジニアのデビッド・アービンにより設立されたメイドセーフは、すべての人々にセキュリティーとプライバシーを提供するという使命を共有する思想家、発明家、職人、博士号取得者、エンジニア、設計者で構成されるチームです。メイドセーフは、未使用のハードドライブ領域、処理能力、ユーザーによるデータ接続で構成されるSAFE(Secure Access For Everyone)ネットワークを開発しました。SAFEネットワークは既存のインターネットでは得られない水準のセキュリティーとプライバシーを提供し、企業とユーザーの関係を逆転させることにより、組織に任せるのではなくユーザー自身がデータを管理できるようにします。

バンク・トゥ・ザ・フューチャーについて

バンク・トゥ・ザ・フューチャーは世界的なオンライン投資プラットフォームで、金融イノベーションと技術投資の機会をオンラインで提供することにより、適格投資家による未来の金融および技術への投資を可能にします。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20160909005039/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

MaidSafe
Nick Lambert, +44 1292 317 311
Chief Operating Officer
pr@maidsafe.net

情報提供元:
記事名:「メイドセーフがバンク・トゥ・ザ・フューチャーでエクイティ・ファンディング・ラウンドを開始