ニューモントは10年連続で構成銘柄に選定される

デンバー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ニューモント・マイニング・コーポレーション(NYSE: NEM)は2年連続でダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSIワールド)で総合的な持続可能性における鉱業界のリーダー企業に選ばれ、またDJSIワールド構成銘柄への選定も10年連続となりました。最も高く評価されている持続可能性指数の1つであるDJSIワールドには、経済、環境、社会分野における持続可能性実績のリーダー企業として、今年は世界の316社が含まれています。ニューモントは2007年にこの指数に選定された初めての産金企業となり、2006年からは毎年DJSI北米インデックスの構成銘柄に選定されています。

ニューモントのゲーリー・ゴールドバーグ社長兼最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスにより2年連続で、経済、環境、社会面での当社の実績が鉱業分野で最も優れていると認められたことを誇りに思います。この実績は、当社の従業員が持続可能性と継続的な改善に対して信念を持って取り組んだことを表すものです。当社が持続可能で責任ある採掘を通じた価値創出と生活向上へ注力することで、従業員にとっては安全な労働条件と優れた仕事が、当社を迎える地域にとっては持続可能な経済発展が、株主の皆さまと他のステークホルダーにとっては大きな利益と明るい見通しが実現可能となります。」

ニューモントは鉱業分野での全体的な業界リーダーに選定されたことに加えて、労働安全衛生、リスク・危機管理、気候戦略、環境施策/管理システム、水関連リスク、資産閉鎖管理、企業市民と慈善事業など数々の分野で最高の評価点(100パーセンタイル)を得ました。

DJSIワールドは、世界の一流企業2500社の実績を追跡調査し、長期的な経済、環境、社会面での実績を独自に評価しています。各業種から上位10パーセントの実績を示した企業が選ばれます。DJSIではさまざまな基準で企業を評価しています。これには、透明性、企業統治、リスク・危機管理、環境管理・パフォーマンス、気候戦略、水関連のリスク、利害関係者の関与、地域社会の発展、労働慣行、人権、安全などがあります。

ニューモントの安全、経済、環境、社会面での実績の詳細は、当社の年次持続可能性報告書「Beyond the Mine」に記載されています。この報告書は、国際金属・工業評議会の設立メンバーであるNewmontが継続して果たしている義務の一環として、国連グローバル・コンパクトおよび安全と人権に関する自主原則に基づく当社の取り組みに従って公表しています。

ニューモントの最新ニュースと情報を入手するには、ツイッターフェイスブックリンクトインで当社をフォローしてください。

ニューモントについて

ニューモントは、金と銅の有力生産企業です。当社は主に、米国、オーストラリア、ガーナ、ペルー、インドネシア、スリナムで事業を運営しています。ニューモントは、S&P500指数の銘柄に選ばれている唯一の金生産企業であり、2015年と2016年にはダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスの鉱業部門のリーダーに選ばれました。ニューモントは、価値創出の業界リーダーであり、技術、環境、社会、安全衛生で優れた実績を上げています。ニューモントは1921年に設立され、1925年より株式を公開しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Newmont Mining Corporation
Media Contact
Omar Jabara, 303-837-5114
omar.jabara@newmont.com
or
Investor Contact
Meredith Bandy, 303-837-5143
meredith.bandy@newmont.com

情報提供元:
記事名:「ニューモント、2年連続でダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスにより鉱業界のリーダー企業に