東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社 東芝ストレージ&デバイスソリューション社は、大規模化するカスタムSystem on Chip (SoC)*1開発に不可欠なFPGAプロトタイピング*2の設計資産再利用を容易にするカスタムSoCソリューション「Easy Prototyping」の提供を本日より開始します。本ソリューションを利用することにより、FPGAプロトタイピングからカスタムSoC開発までの開発工期を大幅に短縮することが可能で、ASIC やFFSATM *3などの当社カスタム SoCプラットフォームで利用できます。



従来、FPGAプロトタイピングでは、FPGAを前提としたライブラリ*4やIP*5を使用して設計するため、カスタムSoC化する際にはハード/ソフト共に再設計が必要でした。
当社が準備するラッパーロジック*6を埋め込むことで設計者から見えるインターフェースを同一化したライブラリやIPサブシステム*7を使用してFPGAプロトタイピングを実施することにより、FPGA向けに開発したハード/ソフト設計資産のカスタムSoC開発への再利用が容易となります。

当社では、FPGAで実績のあるサードパーティー製IPコアをサポートし、当社カスタムSoCソリューションと組み合わせた接続性検証済みのIP サブシステムとして提供します。
このソリューションに対応するIPサブシステムは現在、10ギガビットイーサネット (MorethanIP社)、PCI Express® *8 3.0/2.1/1.1 (Northwest Logic社)、DDR3 SDRAM*9コントローラ (Northwest Logic社)の利用が可能で、順次ラインナップを拡大していきます。

当社は今後も、お客様のシステムの最適化や製品の迅速な市場投入に貢献する付加価値の高いソリューションを提供していきます。

*本ソリューションのさらに詳しい情報については下記ページをご覧ください。
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/custom-soc/development-solutions/prototyping.html

*1) カスタムSoC: 特定用途向けに開発される集積回路で、製造後に書換えは不可能だが、性能は一般的にFPGAより高い
*2) FPGAプロトタイピング: 製造後に書き換え可能な集積回路(FPGA)を用いて、カスタムSoC開発前に試作を行う手法
*3) FFSATM: カスタムSoCのメタル配線層のみをカスタマイズすることで、従来のASICに比べて、開発費が少なく、かつ短納期で、同等の機能、性能の製品開発を実現できるソリューション
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/custom-soc/platform/ffsa.html
*4) ライブラリ: カスタムSoCを開発するための設計データベース
*5) IP: Intellectual Propertyの略で、ここでは再利用可能な機能回路ブロックを指す
*6) ラッパーロジック: FPGA及びASIC/FFSATM双方のインターフェースやライブラリの違いを吸収する回路ブロック
*7) IPサブシステム: 「IP」を組み合わせて構成したもので、高速インターフェースのサブシステムに容易に組み込み可能なIPソリューション
*8) PCI Express: PC等のコンピューティングシステムで広く使われている標準I/Oシリアルインターフェース
*9) DDR3 SDRAM: 主にPCやサーバのメインメモリとして使用される標準DRAM規格の一つ

*PCI Express は PCI-SIG の登録商標です。
*FFSAは株式会社東芝の商標です。
*その他本文中に記載されている会社名および製品名は、それぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ロジックLSI営業推進担当 Tel:044-548-2110
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝:設計開発負担を軽減するカスタムSoCソリューション「Easy Prototyping」の提供開始について