中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国東部の揚子江デルタ地帯における中小企業のための最大の国際貿易博覧会となることを目指す中国義烏国際小商品博覧会(「義烏博覧会」)は、国際見本市連盟(UFI)の認定を受けた最も影響力と効果の大きい中国最大の消費財展示会のひとつとなりました。


昨年開催された第21回義烏博覧会での取引高は171億7300万人民元(25億7000万米ドル)となり、前年比で0.58%増加しました。義烏国際博覧センターで開催された同博覧会では、20を超える国や地域の2529件の出展者が4500の標準展示ブースにおいて商品を展示しました。来場者数は21万3580人で、このうち6万2099人は企業のバイヤーで、前年に比べて9.5%増加しました。

第22回義烏博覧会は、昨年と同様、義烏国際博覧センターで2016年10月21~25日に開催されます。展示場の総面積は15万平方メートルで、ハードウエア、機械、電気・電子製品、日用品、手工芸品、文具・スポーツ用品、アウトドア・レジャー用品、繊維製品、装飾品・アクセサリー、玩具、電子商取引およびビジネス・サービス、ペット用品、自動車・バイク用品および部品、祭事用品の14業種が参加します。今年の義烏博覧会には、世界200カ国以上から国外のバイヤー2万人を含め、20万人が訪れることが予想されます。

今年は、「メイド・イン浙江省」、「2016年浙江省スマート・デザイン」優秀作品コーナー、「iF国際スタイル・アワード」コーナー、「ワン・ベルト&ワン・ロード」諸国の新製品コーナーを含む7つの特別展示ゾーンが設けられます。また、総合的な国際貿易サービス・プラットフォームでは、物流、信用保証、国際運送、通関手続き、国際貿易代理、保険および法務コンサルティング、国際電子商取引といったサービスが提供されます。

さらに、中小企業向けに設けられたクリエイティブ・デザイン・ゾーンでは、極めてクリエイティブな製品やプロジェクトが紹介され、中国製造業界の変革と発展の加速に貢献します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Yiwu China Commodities City Exhibition Co., Ltd.
Kaili Chen, +86 579-85415002
ckl@yiwufair.com

情報提供元:
記事名:「義烏国際小商品博覧会:中国最大の中小企業向け国際貿易プラットフォーム