東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ・ジャパン)は、アジアのITリーダー307人を対象にCIOになるために必要なスキルや経験、資質について個別インタビュー調査を実施し、レポート「DNA of a CIO Asia」(英語版)を発表しました。


この中で、アジアのCIO、44%がアジア以外の地域での海外勤務を経験しており、勤務地としてはカナダを含めた北米地域が約半数と圧倒的に多くなっています(49%)。次いで、ヨーロッパ(30%)、オーストラリア/ニュージーランド(19%)、英国(16%)、中東/アフリカ(8%)、南米(3%)など、現在CIOの地位にあるITリーダー達はグローバルな勤務経験を有していることが明らかになりました。

これら海外で働いた経験のあるCIOの大半(70%)が、国際経験は自分のキャリアに「大いに役立っている」と回答しています。さらに27%が国際経験は「ある程度役立っている」と回答し、「役立っていない」と答えたCIOはわずか3%でした。

また、今回調査の対象となったCIOの38%が、現在、アジア以外の地域で働くことを考えており、勤務地として最も多くがカナダを含めた北米地域(42%)を希望しています。
こうしたアジア以外での勤務を考えているCIOの半数(50%)が、「国際経験はキャリア開発に欠かせない要素である」と答えており、海外勤務を希望するその他の理由としては、「国際市場のほうがチャンスが多くある」(37%)、「ワークライフバランスの向上/家庭の事情」(34%)、「国際市場のほうが人事ディレクター/人事上級職の職種が多い」(26%)の順に挙げられています。

調査の結果について、ヘイズのアジア担当マネージング・ディレクター、クリスティーン・ライトは、次のように述べています。
「海外での勤務経験は、CIOへのキャリアアップのために重要な要素だと見なされています。
ITプロフェッショナルにとっては、さまざまな文化や習慣への理解を深めることで視野を広げられることや、先進国市場で最先端のテクノロジーに触れられることなど、国際経験を積むことでさまざまなメリットが得られることから、積極的に海外で働く機会を求めるようになっています。ここで重要なことは、海外で経験を積んだこうしたITリーダーを再びアジアに呼び戻せるような環境を整備し、経営トップのレベルでの頭脳流出を食い止めることです。」

アジア各国の企業にとって、海外で働く人材を呼び戻すことは極めて重要な意味を持ちます。国際経験やグローバルな考え方を社内にもたらすと同時に、国内の人材不足を補い、社内の中核を担う人材を得る意味でも非常に重要です。

今回の調査を通じて、CIO自身も海外での勤務経験のメリットを認識しており、コミュニケーションや革新性、適応力といった重要なソフトスキルを含め、国際経験を積むことでスキルの幅を広げることができると実感していることが明らかになっています。そしてこれらは全て、CIOの資質における重要な要素と考えられています。

本レポートについて

ヘイズの「DNA of a CIO Asia」は、アジアでIT部門を牽引していくために何が求められるのかについて、示唆に富んだ洞察を提供しています。このレポートはアジア全域で307名のIT部門のリーダーを対象に実施した個別インタビューに基づいてまとめられたもので、追加インタビューを行ったCIOについては、そのユニークな観点や洞察をレポート全体を通じて紹介しています。

本レポートの詳細については、https://www.hays.co.jp/cio/index.htm?ver=d をご覧ください。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

ヘイズについて

ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2015年12月31日現在、世界33カ国*、248 の拠点(総従業員9,000人超)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について

ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。


Contacts

報道関係者からのお問合せ:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
広報担当
野呂ゆうき
03 3560 1529 / 090 5537 0408
hays-pr@hays.co.jp

情報提供元:
記事名:「ヘイズITリーダー調査:DNA of a CIO アジアのCIO、約半数がアジア以外の地域で勤務した経験あり、主な勤務地は北米