世界的な投資事業の成長を支えるため新たに上級幹部を任命

ニューヨーク & ロンドン & シドニー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- プライベートマーケット投資の世界一流の顧問・資産運用会社のステップストーン・グループ(ステップストーン)は本日、陣容が強化されたステップストーン・インフラ・実物資産グループ(SIRA)がステップストーンに完全に統合され、ステップストーンの顧客のために積極的に業務を行っていることを明らかにしました。ステップストーンは今年5月、KPMGのインフラ・実物資産投資顧問チームがステップストーンに加わることを発表しました。ジェームズ・オレアリー(KPMGチームおよびコロニアル・ファースト・ステートのインフラ・実物資産プラットフォームの元責任者)が率いる20人を超える投資専門家が、シドニー、パース、トロント、ロンドン、ラホヤ、ニューヨークで業務に従事します。


ステップストーンのモンテ・ブレム最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「SIRAチームがステップストーンならびにステップストーンのインフラ・実物資産チームに非常に迅速かつ円滑に統合されたことをうれしく思うとともに、今回の統合を支援してくださったKPMGに感謝いたします。世界中を網羅する比類ないインフラ・実物資産投資プラットフォームの構築はステップストーンの最優先課題であり、オレアリーとそのチームが加わったことで、質の高いインフラ・実物資産への投資によりバランスのとれたポートフォリオの維持を目指す各機関の個別のニーズに合わせた総合的な投資ソリューションを提供することが可能になりました。」

またステップストーンは、SIRAチームに新たに2名の上級幹部を迎えることを発表しました。資産運用ヘッドとしてサイモン・ビアーが加わり、SIRAプラットフォームの資産価値創造戦略の管理を担当します。また、シニアアドバイザーに就任するエンリケ・フエンテスは、産業界の主要提携先との連携を中心にSIRAの欧州事業をサポートします。

オレアリーは、次のように述べています。「私たちは、投資ライフサイクルを通じてカスタマイズされたグローバルなソリューションを求める機関投資家に信頼されるパートナーになるというステップストーンの哲学の実践を目標としています。世界的な大手投資会社として、ステップストーンは戦略的な基盤を確立しており、インフラ・実物資産投資を行うお客さまのために、プライマリーおよびセカンダリー・ファンドへの助言、共同投資、テーラーメードの投資ソリューション、資産運用、取引助言といったサービスを含む包括的なサポートを提供することができます。また、ビアーとフエンテスがチームに加わることを大変うれしく思います。投資業界、産業界の双方で豊かな経験を有する両名を迎えることにより、各セクター・地域、さらにテクニカル面での専門性が一段と深みを増し、世界中の投資家のお客さまのお役に立つことができるようになります。」

ビアーはインフラ投資と価値創造を専門としており、15年のキャリアを有しています。ビアーはステップストーン入社以前、オンタリオ州教職員年金基金の価値創造チームのシニアメンバーとして、インフラ投資戦略の策定を担当していました。それ以前には、KPMGの助言部門のパートナーとして、投資家、事業者、規制当局、政府向けにインフラ、エネルギー、天然資源の投資機会に関する助言を行ってきました。KPMG入社以前は、大手国際エネルギー企業のBPおよび大手エンジニアリング企業のケロッグ・ブラウン・アンド・ルートにおいて投資家への助言のほか、南北アメリカ、欧州、アフリカ、アジア、オーストラリアにおけるプロジェクトに従事していました。最近では、ビアーは15億米ドルの送配電資産の最適化とそれを受けた公募や大手パイプライン事業者による業務改善策の策定と実践を支援しているほか、大規模な資本プロジェクトで重要な経験を積んでいます。

ビアーは、次のように述べています。「ステップストーンに加わることができ、大変うれしく思います。お客さまのための価値の最大化とリスクの低減を重視したインフラ投資と資産運用に対するお客さま中心のテーラーメードのアプローチを実践していきます。投資業界の発展という観点で極めて重要な時期に、投資先企業の経営陣およびステップストーンのチームと連携し、投資ライフサイクルを通じて真の価値を実現していくことを楽しみにしています。」

フエンテスは、25年間にわたってプライベートインフラのファイナンス、開発、戦略に従事してきました。SIRAに加わる前には、インフラ分野で多岐にわたる投資および助言業務に携わっており、フェロビアルでは13年間、開発ディレクターを務めていました。産業プロジェクトで豊富な経験を有するフエンテスは、投資家と開発業者間の革新的な連携戦略の旗手です。特にフエンテスは、総企業価値150億ユーロ以上の15件を超える輸送インフラ資産への投資に携わってきました。さらに、フェロビアルのスペイン市場を主力とする建設会社から世界最大規模の民間輸送インフラ開発企業への変革においてフエンテスは主導的な役割を果たしました。

フエンテスは、次のように述べています。「プライベートインフラの開発に創生期から携わり、市場の発展をつぶさに見てきた私は、機関投資家による投資と投資家と開発業者間の連携がこの重要かつ急成長中の資産クラスにおける2つの重要な戦略的要素になると考えています。ステップストーンに加わることを大変うれしく思うとともに、私の知識と経験を活かしてステップストーンの世界中の投資家の皆さまのお役に立てるよう努めていきます。」

ステップストーンについて

ステップストーンは世界的なプライベートマーケット投資会社で、910億米ドルを超えるプライベートマーケットへの投資資産を管理し、そのうちおよそ240億米ドルを運用しています。プライマリー投資、セカンダリー投資、共同投資を慎重に組み合わせた非常に統制のとれたリサーチ重視のアプローチに基づき、世界の最も高度な投資家向けにカスタマイズされたポートフォリオを構築しています。ステップストーンは、業界トップクラスの分析・リサーチ能力を活かしてオーダーメードのプライベートマーケット投資の顧問・資産運用サービスを機関投資家に提供しており、非常に迅速かつ協調的な顧客サービスを重視しています。世界の多様な分野のプライベートマーケットを網羅するステップストーンは、北京、香港、ラホヤ、ロンドン、ニューヨーク、パース、サンフランシスコ、サンパウロ、ソウル、シドニー、東京、トロントに拠点を置いています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Owen Blicksilver Public Relations, Inc.
Jennifer Hurson, 845-507-0571
jennifer@blicksilverpr.com
または
Caroline Luz, 203-656-2829
caroline@blicksilverpr.com

情報提供元:
記事名:「ステップストーンのインフラ・実物資産グループの統合が完了