来るイベントは2016年の来場者数と出展企業数を上回ることが確実

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- GSMAは本日、2017年GSMAモバイル・ワールド・コングレスについて、出展企業とスポンサーのほか、年次の本モバイル業界イベントで行われるプログラムと活動を含め、初回詳細を発表しました。「モバイル:次なる要素」のテーマの下、モバイル・ワールド・コングレスはバルセロナのフィラ・グランビアで2017年2月27日から3月2日に開催し、フィラ・モンジュイックでもイベントを行います。GSMAは、2017年モバイル・ワールド・コングレスにモバイル業界と関連業界の専門家10万1000人以上が参加すると見込んでいます。


GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「モバイルは過去30年間に、新たに登場した通信技術から、私たちがする事すべての基盤となる現象へと発展しました。個人が通信・交流したり、仕事や遊びをしたりする方法を複雑な関係の中で変え、業界全体を変革して、新たなレベルの生産性と効率を企業にもたらしています。2017年のモバイル・ワールド・コングレスは、私たちの日常生活でモバイルが非常に基礎的な存在であること、世界中の何十億もの人々に与えている好影響を重点的に取り上げます。」

革新にスポットを当てた展示

これまで同様に、モバイル・ワールド・コングレスの展示会には、モバイルエコシステムのほか、自動車や消費者向け電子機器など、関連業界セクターから有力企業が集まり、モバイルの状況を形成する革新的な製品、サービス、技術にスポットを当てます。2017年モバイル・ワールド・コングレスには2200社以上が出展する見通しで、そうした企業にはAOL、シスコシステムズ、ドイツ・テレコム、エリクソン、フォード、グーグル、ヒューレット・パッカード エンタープライズ、HTC、華為技術(ファーウェイ)、IBM、インテル、レノボ、LG、メルセデス・ベンツ、マイクロソフト、NEC、ノキアソリューションズ&ネットワークス、オラクル、オレンジ、フィリップスライティング、クアルコム・インコーポレーテッド、サムスン電子、SAP、ソニーモバイル、テレフォニカ、ボーダフォン、フォルクスワーゲン、ZTEなどの大手ブランドが含まれます。

GSMAイノベーション・シティーはホール4に場所を変えて、再びモバイル・ワールド・コングレス展示会で注目を集めます。パートナーとしてAT&T、シスコ・ジャスパー、KTコーポレーション、シエラ・ワイヤレスの参加が確定しています。参加者は2000平方メートル近くという、ほかにはないスペースで、技術がもたらす体験に浸ることができます。こうした体験では、モバイル接続した製品とサービスが市民や企業の日常的な生活や活動を改善している様子が具体的に紹介されます。イノベーション・シティーは、ヘルスケアや農業から、家庭、オフィス、コネクテッドカー、そして世界規模の運輸・物流まで、モビリティーの未来についての重要で鋭い知見を提供します。

NEXTech:モバイル・ワールド・コングレスの新しい見所

2017年モバイル・ワールド・コングレスでホール8.0に新設されるNEXTechは、このイベントで最も刺激的な見所の1つです。パビリオンや体験ゾーンで最先端の技術動向を紹介するほか、シアターでは広範なパートナーイベントと教育セッションを実施します。NEXTechパビリオンには、人工知能、ドローン、モノのインターネット(IoT)、ロボット工学、仮想現実/拡張現実などの分野で、革新を先導している企業が集まります。ドローン・ゾーンでは、飛行ケージを使ったライブデモなどを通じて、消費者向け/商用ドローン技術の最新動向について知ることができます。ロボット工学・人工知能ゾーンは、ロボット技術の進展と進歩に的を絞って紹介します。

参加者は、仮想現実/拡張現実ゾーンで、一連の360度体験に浸ったり、IoTパビリオンを訪れて、何百万にも上る“モノ”が接続され、スマートホーム、スマートシティー、スマート産業を作り出している様子を見たりできます。2年目を迎えるグラフェン・パビリオンは、グラフェンがディスプレー、センサー、チップの各技術など、モバイル業界の多数の構成要素に与えている影響について取り上げます。

モバイルエコシステムの大手企業が開発するパートナー・プログラムとパワー・アワー・セッションは、モバイル・ワールド・コングレスの参加者に貴重な学習の機会を提供します。最初にパートナー・プログラムへの参加が確定した企業に、アドビ、Gionee Communication Equipment(金立通信設備)、華為技術、IBM、インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー(IAB)、マッキャン・ワールドグループ、MMS - モダン・マーケティング・サミット(旧モバイル・メディア・サミット)、フィリップス、台湾エクセレンス、ビザがあります。

NEXTechでの展示機会を含む展示会の詳細については、www.mobileworldcongress.com/exhibition/をご覧ください。

モバイル・ワールド・コングレス会議プログラム

モバイル・ワールド・コングレス会議は2月27日〜3月2日に実施し、接続サービスを受けていない人々へのサービス提供、デジタルコマース、デジタルコンテンツ、破壊的技術、企業モビリティー、金融サービス、IoT、コネクテッドリビング、モバイルアイデンティティー、プライバシー、次世代ネットワーク、セキュリティーなどのテーマを取り上げます。モバイル・ワールド・コングレス会議は論文を募集中で、応募締め切りは9月16日(金)23:59(GMT)までとなっています。論文の募集を含む会議の詳細については、www.mobileworldcongress.com/conference/をご覧ください。

フォー・イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)は、拡大をしている技術系新興企業コミュニティーのために、モバイル・ワールド・キャピタル・バルセロナとGSMAが世界的なビジネスプラットフォームとして推進しているプログラムです。4年目を迎え、2月27日〜3月1日にフィラ・モンジュイックで実施されます。来年も再び、起業家精神とイノベーションの分野で世界的に認められた専門家が主導し、1対1の投資家ミーティング、アイデア売り込みコンテスト、「ピッチ・ザ・プレス」セッション、人脈作りの活動を通じて、起業家コミュニティーをつなぐことに絞って取り組みます。4YFNは、さまざまな会議セッション、ワークショップ、双方向討論のほか、展示を行います。

MWCツアー:モバイル・ワールド・コングレスへの参加を最大限に活用

GSMAは2016年に実施した第1回目のプログラムの成功を基に、再びMWCツアーを提供します。これはトピックや展示に着眼した一連のツアーで、モバイル・ワールド・コングレスの多様な参加者の個別ニーズに対応することを目的としています。2016年プログラムは、5G、IoT、モバイルメディアなど、特定の技術分野に特化したツアーのほか、モバイル・ワールド・コングレスの参加者が会場内を回り、各自のニーズに合った展示・活動・プログラムを見つけることができるようにしたツアーを用意しました。MWCツアー・プログラムの詳細については、www.mobileworldcongress.com/start-here/get-involved/をご覧ください。

世界最大のカーボンニュートラルな展示会

2016年モバイル・ワールド・コングレス上海は7月に、ギネス世界記録から2年連続で世界最大のカーボンニュートラルな展示会であることが正式に認定されました。GSMAは2017年に、イベントの環境影響とカーボンフットプリントをさらに低減することに傾注し、必要に応じて未処理排出量のオフセットを行います。詳細については、www.mobileworldcongress.com/about/carbon-neutral/をご覧ください。

2017年モバイル・ワールド・コングレスに参加しましょう

2017年モバイル・ワールド・コングレスの参加、出展、後援の方法など、詳細については、www.mobileworldcongress.comをご覧ください。モバイル・ワールド・コングレスの最新情報は、ツイッター(@GSMA、#MWC17)やリンクトインのモバイル・ワールド・コングレスのページ(https://www.linkedin.com/company/gsma-mobile-world-congress)、フェイスブック(https://www.facebook.com/mobileworldcongress/)をご利用ください。GSMAのソーシャル・チャンネルの追加情報は、www.mobileworldcongress.com/about/contact/social-media/で確認してください。

モバイル・ワールド・コングレスは、モバイル・ワールド・キャピタルに不可欠のイベントとして、バルセロナで2023年まで開催されます。モバイル・ワールド・キャピタルは、年間を通じてさまざまなプログラムや活動を開催し、バルセロナ、カタルーニャ州、スペインの市民だけでなく、世界中のモバイル業界にもメリットをもたらします。モバイル・ワールド・キャピタルの詳細については、www.mobileworldcapital.comをご覧ください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

 


Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
Xavier Serra
+34 93 236 09 30
xserra@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMAが2017年モバイル・ワールド・コングレスを開催へ