米国馬術連盟(USEF)がトライオンのFEIへの提案を強力に支持。ノースカロライナ州のパット・マクローリー知事とサウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事が活動を支持。



米ノースカロライナ州ミルスプリング--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- トライオン・エクエストリアン・パートナーズ(TEP)のマネジングパートナーのマーク・ベリッシモは本日、ノースカロライナ州ミルスプリングのトライオン国際乗馬センター(TIEC)が2018年FEI世界馬術選手権大会(WEG)の北米開催継続に向けて米国馬術連盟(USEF)と協力していることを確認しました。USEFは、2018年WEGに向けたこの活動への支援をFEIに伝えています。

このスマート・ニュース・リリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20160802006938/en/

世界的な馬術競技統括団体の国際馬術連盟(FEI)が所管するWEGは、オリンピック周期の中間の年に4年ごとに開催されます。障害馬術、馬場馬術、パラエクエストリアン馬場馬術、総合馬術、馬車、エンデュランス、軽乗、レイニングの競技が実施される主要な国際選手権大会です。2018年大会の開催が決まっていたカナダのブロモントの会場は先週、FEIと締結した開催合意を辞退すると発表しました。

USEFはFEIに文書を送付し、ノースカロライナ州で2018年大会を開催する提案への強い支持を伝えました。USEFのウィリアム・モロニー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「この大会をブロモントで開催できないことは残念ですが、USEFは、このスポーツのグローバル化を継続できるよう、計画通りにWEGが今回も北米で開催されることが重要と考えます。」USEFのクリスティン・トーバー会長は、次のように述べています。「これを実現するためのまったく新しい会場、深い経験、十分な資源を持っているマーク・ベリッシモ氏とトライオン・エクエストリアン・パートナーズを、USEFは全面的に支持します。」

ベリッシモは、次のように述べています。「私たちの独自の取り組みにより、中央会場内で8競技すべてをすぐにでも開催できる態勢が整っています。さらに、既存の敷地内の宿泊施設、レストラン、永久VIP会員向けのおもてなしエリアへの総合的なアプローチや、敷地内と地元の家族向けアクティビティーの豊富さは、ベンダー、スポンサー、競合他社、馬主、観客の皆さまを惹きつけるでしょう。加えて、会場から60マイル以内のホテルには6万人の宿泊が可能です。私たちは、これらの要素により大会は大成功を収め、WEG製品は活気を取り戻すと確信しています。」

ノースカロライナとサウスカロライナの両州と地元自治体は、この提案への支持を表明しています。直近に北米で開催されたWEGは、2010年のケンタッキー州レキシントンでの大会です。この大会は14日間にわたり行われ、2億150万ドルの経済効果を実現しました。

TEPは、過去2年間で1億2500万ドル以上を投資し、1500エーカーのTIECを開発しました。商業面では、ベリッシモは130社に及ぶスポンサー群は業界でも極めて強力であると考えています。

リリース全文は、http://bit.ly/2aiYvGBでご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20160802006938/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Tryon Equestrian Partners
Jennifer Wood, 803-240-7488
Jennifer@Jenniferwoodmedia.com
or
TIEC
Carly Weilminster, 410-245-7441
cweilminster@tryon.com

情報提供元:
記事名:「マーク・ベリッシモとトライオン・エクエストリアン・パートナーズがトライオン国際乗馬センターでの2018年FEI世界馬術選手権大会開催を目指すと発表