アトランタ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的経営コンサルティング会社のカート・サーモンは、ロン・ウィルソンが小売りおよび消費者向け製品グループのアナリティクス業務のパートナーとして入社したことを発表いたします。


ウィルソンは、消費者向けパッケージ製品(CPG)業界で革新的なデジタル変容を推進してきた20年の経験を持っています。これまでにいくつかの世界最大級のCPG企業・ブランドをサポートしてビッグデータ情報の収集、分析、行動への応用に向けた総合的アプローチを支援してきました。時には、直感に反する方法も用いて、サプライチェーンの費用削減や販売ポイントでの売り上げの推進を達成してきました。ウィルソンは、テクノロジー・ハードウエア、ソフトウエア、サービスに関して、戦略家であり設計者であり実務家でもあります。CPGの技術とサービスに関して数件の特許を申請中であり、これには、アジャイル・データ主導型エンタープライズ・プラットフォームと取引促進インテリジェンス(サービスとしてのプラットフォーム)が含まれます。

ウィルソンは、このように述べています。「小売企業やブランドがグローバル化や全販売チャンネルの活動の最適化を進めるにつれ、アナリティクス面での行動を全体的なものにする必要があります。カート・サーモンはサプライチェーンと商業化に関する長い実績があり、店舗内や商品発送のテクノロジーに対して最先端のアプローチを取っているため、このエンドツーエンドのアプローチを推進することのできる完璧な条件が揃っています。私たちは協力して活動し、クラウド、モバイル、ソーシャルのあらゆる側面でクライアントが適切なタイプの協業体制を構築できるよう支援するとともに、未来のデジタル経済に向けてプロセスやビジネスモデルを改革していきます。」

カート・サーモンに入社する前は、ウィルソンはタタコンサルタンシー、アクセンチュア、リバー・ロジック、その他の技術・コンサルティング企業でCPG業務のリーダーを務めてきました。

カート・サーモンの北米小売り・消費者向け製品グループ・リーダーのAl Sambarは、次のように述べています。「小売り産業におけるビッグデータと予測的アナリティクスの利用はCRMやマーケティング活動以外の領域に急速に広がっています。私たちのクライアントは、応用的アナリティクスを利用して製品、販売、価格設定、販促といった従来の中心的部門を再構成する支援を求めています。データと応用アナリティクスにおけるウィルソンの経験と私たちの戦略、プロセス、組織的サービスの幅広さと深さが組み合わされることで、小売業クライアントのための戦略的変革パートナーとしてのカート・サーモンの価値が高まります。」

ウィルソンは、カート・サーモンのニューヨークのオフィスを拠点に活動します。

カート・サーモンについて

カート・サーモンは、明日の市場リーダーを生み出すことに注力する世界的経営コンサルティング会社です。顧客企業と提携するだけでなく、顧客企業に協力して顧客企業の組織に当社を完全に統合させ、21世紀のビジネス問題に対処する革新的な個別対応のソリューションを開発します。ますます複雑になる消費者主導の環境で成功することは非常に難しい課題ですが、企業は先を見据えなければなりません。さらに不確実な未来においても継続して成功できるよう態勢を整えなければなりません。それがカート・サーモンが得意とする仕事です。私たちはこれを「success for what’s next」と呼んでいます。その結果は変革をもたらすものです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
For more information or to arrange an interview with Ron Wilson:
Morgan Fine, 212-840-1661
morgan@blissintegrated.com

情報提供元:
記事名:「ロン・ウィルソンがカート・サーモンに加わり、小売りおよび消費者向け製品グループのアナリティクス業務のパートナーに