ピッツバーグ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ウェスチングハウスの暫定社長兼最高経営責任者(CEO)のJosé Emeterio Gutiérrezは、2016年7月27日にシカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン・カンパニー(CB&I)が行った主張に対して、次の声明を発表しました。この声明は、両当事者間で進行している訴訟問題についてのものです。


「CB&Iが余剰の運転資金を提供したと考えており、ウェスチングハウスが運転資金の最大20億ドルの不足を特定したと、いくつかのメディアで報道されています。ウェスチングハウスは、両当事者間の購入契約に基づく自らの義務をこれまで完全に果たしており、今後も完全に果たしていきます。」

「ウェスチングハウスは、契約のクロージング時に引き渡される運転資金の額を決定した際に、購入契約に定められている過程に従ったと確信しています。また、CB&Iの訴状の主張には、購入契約の条項と不整合な点があります。購入契約の中で両当事者が同意した排他的解決プロセスが、このような違いに対する適切かつ最も迅速な是正を規定しています。」

「同意された過程を迂回しようとするCB&Iの試みに起因する遅延は不必要で効果に乏しい時間と資源の利用であると、当社は考えます。」

ウェスチングハウスエレクトリックカンパニーの詳細情報については、また、顧客企業による安全でクリーンで信頼性の高いエネルギーの産出を助ける次なる技術、手法、ソリューションをいち早く開発する当社のビジョンについては、www.westinghousenuclear.comをご覧ください。.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Westinghouse Electric Company
Courtney Boone, +1-412-374-2707
Director, Press Relations and Public Affairs
booneca@westinghouse.com

情報提供元:
記事名:「ウェスチングハウス最高経営責任者(CEO)がCB&Iの主張を否定