メーカーコンソーシアムは、ULエンバイロンメントと共にPCRプロセスに着手し、ハンドドライヤーの環境性能のための世界的な業界基準を設定することにより、ハンドドライヤー産業を継続的に前進させる



米ジョージア州マリエッタ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- UL(アンダーライターズ・ラボラトリーズ)の事業部門であるULエンバイロンメントは本日、初の世界的なハンドドライヤー製品種別算定基準(PCR)を公表したと発表しました。新しいPCRの公表は、環境製品宣言(EPD)を作成するための第一歩となり、ISO国際規格に従った「同一条件」比較を行って、ハンドドライヤーが環境に与える影響を製品仕様書の作成者と購入者が評価できるようにします。エクセル・ドライヤー、ワールド・ドライヤー、FASTDRY(和光工業)を含むメーカーコンソーシアムは、一貫性と透明性のある製品評価基準を業界に提供するために、PCRの策定に関して連携しました。

製品種別算定基準によって明瞭で一貫性のある評価方法を確立すれば、各種の環境レポートの間で生じる混乱を最小限度に抑えられます。この方法により、ハンドドライヤー業界の全製品の環境影響に関する説明が評価されます。PCRが確立すれば、製品評価に基づいて環境製品宣言(EPD)を作成することができます。完成したEPDによって、同種製品の環境影響を公正に比較できます。

ULエンバイロンメントはPCRのグローバルプログラムオペレーターであり、1世紀以上にわたって安全基準と環境基準を策定してきた経験があります。ULは世界中で科学的根拠に基づいたPCRとEPDの策定で頼りにされています。ULエンバイロンメントは業界と協力して9件のPCRを公表済みであり、さらに5件以上のPCRを策定中で、600件近くのEPD認証をメーカーに行ってきました。

ULエンバイロンメント環境製品宣言担当プロダクトマネジャーで、PCRプロダクトマネジャーも兼任するアンナ・ニコルソンは、次のように語っています。「ULでは、より安全で持続可能な世界を生み出すという当社ミッションにおいて、新たな境地を開き続けています。私たちは、ハンドドライヤー業界で初めて世界的PCRを策定・公表し、初の業界合意基準を創出できたことを誇りに思います。」

「私たちは、このPCRを確立するためにハンドドライヤー業界が注いだ努力を称賛します。なぜなら、これがハンドドライヤーに透明性をもたらす最初の大きな一歩になるからです。本プロジェクトは最初にエクセル・ドライヤーが立ち上げて、ワールド・ドライヤーとFASTDRY(和光工業)が支えました。この3社が、この種で初の世界的PCRを公表する必要があるという合意を取り付けるために尽力したのです。」

PCRはEPDの作成における最初の一歩であり、EPDは透明性確保のための重要な手段となります。企業がEPDを作成する際にはまず、自社製品のライフサイクルアセスメント(LCA)を確立し、PCRに定められている製品固有の計算と要件をクリアしなければなりません。

エクセル・ドライヤーのマーケティング担当バイスプレジデントでハンドドライヤーPCRのチェアマンも務めるウイリアム・ガニオン氏は、次のように語っています。「エクセル・ドライヤーは初の世界的PCRの策定に欠かせない要素となれたことをうれしく思います。エクセル・ドライヤーはあらゆる業界で初めて、ハンドドライヤーの試験方法を世界規模で標準化するPCRを創出するイニシアティブをけん引しました。今や消費者はこれまでよりも多くの情報を得たうえで購入すべき製品を決定するために必要なツールを手に入れ、仕様書作成者は天然資源を保護し、構築環境を強化する仕様書を策定するためのツールを手に入れました。ハンドドライヤー業界向けのPCRを作成することで、この新しい『透明性の時代』と持続可能なデザインの推進を支えることになるのです。」

和光工業のジェームズ・シュー社長は、次のように語っています。「ハンドドライヤーのPCR策定に参加することにより、FASTDRY(和光工業)はハンドドライヤー業界の発展と、環境および消費者の保護を確実に達成したいと考えています。私たちは常に、天然資源の持続可能性を重視してきました。すべてのハンドドライヤーメーカーに同じ認識を持ってもらうことが、私たちの目指すところです。」

ワールド・ドライヤーのダン・ストルト社長は、次のように語っています。「明瞭で一貫性のある製品評価方法を業界に提供する公表物の共同策定に参加でき、光栄に思います。企業による持続可能性目標の達成と、信頼できる製品の見極めを支援するリソースを持つということは、自社でデザインするあらゆるハンドドライヤーが確実に環境にプラスの影響を与えるようにするというワールド・ドライヤーの理念に沿っています。」

さらにオープンコメント期間を設けて、すべてのハンドドライヤーメーカーと、製品性能試験を実施する組織が参加できるようにしました。新たな世界的PCRはhttp://bit.ly/29QtRXxでご確認できます。

ULエンバイロンメントについて

ULエンバイロンメントは、環境にとって望ましい製品、サービス、組織の成長と発展を支援することにより、世界の持続可能性、環境衛生、安全性を押し進めるために尽力しています。当社は企業が持続可能性の目標を達成できるように支援し、購入者、仕様書作成者、小売業者、政府、消費者が信頼できる製品を見つけられるように支援します。ULエンバイロンメントは、環境表示検証、多角的製品認証、環境製品宣言、室内空気品質の認証、化学物質排出試験、組織の持続可能性認証、コンサルティングのサービスを提供します。詳細については、www.ul.com/environmentをご覧ください。また、ツイッター、リンクトイン、フェイスブックでも当社の情報を入手できます。

ULについて

ULは安全科学の世界一流の独立企業として、120年間にわたって進歩を支えてきました。1万1000人以上の専門家がULの理念に従って、すべての人々にとって安全な職場環境と生活環境を推進しています。ULは研究と標準規格を利用して、進展し続ける安全ニーズを促進し、これを満たす活動を一貫して行っています。当社は企業、メーカー、事業者団体、国際的規制当局とパートナーを組み、複雑度の高いグローバルサプライチェーンにソリューションを提供します。当社の認証・試験・検査・助言・教育の各サービスの詳細については、http://www.UL.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

UL Supply Chain and Sustainability
Sarah Partridge, 678-444-4083
Marketing Manager, Environment & Furniture
C: 404-277-9118
sarah.partridge@ul.com

情報提供元:
記事名:「ULエンバイロンメントが初の世界的な製品種別算定基準(PCR)を公表