売上高は3910万ドル、前年同期比41%増

繰延売上高は1億2850万ドル、前年同期比41%増

請求額は5640万ドル、前年同期比74%増

契約クライアント数は1451社、前年同期比34%増

ラスベガス--(BUSINESS WIRE)--SAP(NYSE:SAP)のBusiness SuiteBusinessObjectsHANAデータベースや、Oracle Corporation(NYSE:ORCL)のSiebelPeopleSoftJD EdwardsE-Business SuiteOracle DatabaseOracle MiddlewareHyperionOracle RetailOracle Agile PLMなど、エンタープライズ・ソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーのリミニストリートは本日、2016年6月30日締め第2四半期の財務業績速報を発表しました。


記録を更新、加速する成長

リミニストリートは、2016年第2四半期において、前年同期比98%増、四半期ベースで過去最高となる107件のクライアント契約を世界で新たに獲得しました。2016年6月30日現在の契約クライアント数は前年同期比34%増の1451社となりました。

年間売上高は2010年以降、平均37%増を記録しており、2012年からは平均成長率が38%に達しました。2016年6月30日締め2016年第2四半期の売上高は前年同期比41%増の3910万ドルとなり、年間売上高はランレートで1億6000万ドルに到達すると見込まれています。また、2016年第2四半期には2005年の設立以来、42四半期連続の成長を達成しました。

その他の主な業績は以下の通りです:

  • 2016年6月30日現在の繰越売上高は前年同期比41%増の1億2850万ドル
  • 2016年第2四半期の請求額は前年同期比74%増の5640万ドル
  • 2016年6月30日現在の契約クライアント総数は1451社で、前年同期から34%増加
  • 2016年6月30日現在の従業員数は781人で、前年同期から33%増加

上記の情報は暫定的なものであり、四半期末の財務報告プロセスと審査結果により変更する可能性があります。

2016年第2四半期の重要な成果:

  • Colbeckをはじめ、多くの融資会社が参加した1億2500万ドルの資金調達を完了。この資金により、リミニストリートのグローバル成長、製品ポートフォリオ拡大の加速化が実現。
  • 変わらず急速なグローバル展開を受け、グローバルクライアントエンゲージメント担当上級副社長Keith Costelloなど数名のシニアエグゼクティブを世界各地で新たに任命。
  • 12番目のサポート対象製品、SAP HANAデータベースの保守サービスを開始し、SAPのライセンシーにとっての受賞歴のあるリミニストリートのサポートへの切り替えオプションが拡張。
  • 30カ国で約5000件のサポートケースをクローズ。サービス提供と問題解決で5.0点中4.8点以上(5は「非常に良い」)の顧客満足度を達成。
  • 特許出願中の当社のリサーチ技術、方法論およびISO認証を受けた開発プロセスにより、世界で11万5000件を超える税務・法務・規制更新情報をクライアントに提供。
  • 年次ISO 27001認証の外部審査を終え、今期も「不適合ゼロ」の完璧な結果を更新。
  • エグゼクティブ向けの説明会を開催。リミニストリートによる保守サービスへの切り替えで実現するSAPのロードマップに関する課題への対応とコスト削減、今日のビジネス需要を支えるデジタル技術に予算とリソースを投じる機会を創出することで可能になるスピーディーなイノベーションのゴールへの到達方法についてCIOに説明。
  • 米国で開催されたForresterのForum for Business Technology Leaders、日本で開催されたガートナーのITマネジメントサミット、オーストラリアで開催されたIDCのCIOサミットなど、全世界で15件のCIO/調達責任者会議でプレゼンテーションを実施。
  • 米国で開催されたNeedham Emerging Technology Conferenceでプレゼンテーションを実施。

リミニストリートのSeth Ravin最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「世界中で急速に加速しているリミニストリートの極めて迅速で質の高いエンタープライズ・ソフトウェア・サポートサービスへの需要を受け、2016年第2四半期も当社は優れた業績を達成しました。2016年第2四半期は、新規及び修正後の売り上げ計画を突破し、サービス提供に関する全ての評価尺度も目標を上回りました。企業のIT予算は依然としてほぼ横ばいないしは1桁台の伸びにとどまっているため、CIOは成長を促すイノベーションにさらに資金を投じるためにERPシステムに対する過度な支出を削減するよう迫られています。しかし、その一方でERPシステムのより包括的でカスタマイズされた価値重視のサポートの確保が必要とされています。リミニストリートは、ライセンシーの総保守コストの最大90%の削減につながるオラクルおよびSAP製品のためのサポート・ソリューションの提供によりこうした市場のニーズに応えるとともに、標準的なソフトウェアベンダーの保守サービスをはるかにしのぐ広範にわたる質の高いサポートサービスを提供しています。」

詳細については、Twitter(@riministreet)で当社をフォローしてください。また、FacebookLinkedInをご覧ください。

リミニストリートについて

リミニストリートは、エンタープライズ・ソフトウェアのサポートサービスを提供する独立系の世界的リーダー企業です。2005年以来、受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。こうしたプログラムにより、OracleやSAPのライセンシーは総サポート費用を最大90パーセント節約することができます。顧客は、現行のソフトウエアリリースのアップグレードなしに少なくとも15年間は使い続けることが可能になります。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中小企業、公共セクター組織を含む1400社を超える顧客が、ソフトウェアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを選択しています。詳細についてはhttp://www.riministreet.com をご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通しに関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが証明された場合、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニストリートの商標です。その他すべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright © 2016. All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

■本件に関する報道関係のお問い合わせ先
船見厚宏
日本リミニストリート PR担当
rimini@wizbrains.com

情報提供元:
記事名:「リミニストリート、2016年第2四半期の業績速報を発表