人気の英国テレビ放送局が番組のオンライン提供でコンテンツ・デリバリー・ネットワークを採用

米アリゾナ州テンペ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルコンテンツ配信の世界的リーダーのライムライト・ネットワークス(Nasdaq:LLNW)は本日、英国に拠点を置く公共サービス放送局のチャンネル4が、同社の視聴者に番組をオンデマンドで提供するために、ライムライト・オーケストレイト・コンテンツ・デリバリー・プラットフォームを選定したと発表しました。


チャンネル4のニュー・メディア担当オペレーション・マネジャーのデクラン・トーマン氏は、次のように述べています。「チャンネル4は、デバイスや時間を問わず番組を楽しみたい英国の視聴者に番組を提供する革新的な先駆者として知られています。ライムライトは、それをつつがなく行う上で重要な役割を果たしており、いつも当社の構成を予測的に評価して、性能を改善できる方法を提案しています。」

チャンネル4は、対象市場で16~34歳の半数以上がオンデマンドサービス「All 4」に加入しているため、オンライン視聴の普及率が高いことが特徴です。視聴者が好きなデバイスで高品質のビデオオンデマンドを体験できるように、チャンネル4はオーケストレイト・コンテンツ・デリバリー・プラットフォームを利用します。ライムライトは、突発的な視聴ニーズの急増にも対応できる拡張性を持ち、信頼できる性能を一貫して提供しています。

ライムライトのEMEA担当グループバイスプレジデント兼マネジングディレクターを務めるジョナサン・スミスは、次のように語っています。「1000万人の視聴者がいつでも好きな時に携帯電話、タブレット、ラップトップを使い、お気に入りの番組を放送品質で視聴することを期待しています。当社は、チャンネル4が需要や突発的なトラフィックの急増に関わらず、視聴者に一貫して放送品質の体験を確実に提供できるようお手伝いできることを、誇りに思っています。」

オーケストレイト・プラットフォームに関する詳しい情報については、こちらをご覧ください。チャンネル4に関する包括的なケーススタディーについては、こちらをご覧ください。

チャンネル4について

チャンネル4は、コマーシャル広告によって資金を得ている国有かつ非営利の公共サービス放送局で、革新的・実験的・特徴的な放送を行うことを使命としています。国有・非営利という立場にあるため、商業活動によって生まれた利益はすべて、公共サービスを提供するために直接再投資されています。

パブリッシャー/放送局のチャンネル4は、英国向けコンテンツを独立した制作セクターに委託することが義務付けられており、毎年300社を超える英国各地のクリエイティブな制作会社と協力しています。同社のポートフォリオには、主力サービスのチャンネル4以外に、E4、More4、Film4、4Music、4seven、Channel4.comと、デジタルサービスのAll 4が含まれます。

ライムライトについて

ライムライト・ネットワークス(NASDAQ:LLNW)はデジタルコンテンツ配信の世界的リーダーです。当社の技術により、任意のデバイスでデジタルコンテンツをセキュアに管理し、世界規模で提供できるため、当社顧客はオンラインユーザーとのやり取りを強化することができます。受賞歴のあるライムライト・オーケストレイト・プラットフォームには、コンテンツ配信の技術およびサービスの統合スイートが含まれているため、組織はコストを削減しながら、デジタルコンテンツのセキュリティー確保、比類のないマルチスクリーン体験、ブランド認知度向上、利益増加、顧客との関係強化を実現することができます。詳細については、www.limelight.comと当社のブログをご覧ください。またツイッターフェイスブックリンクトインで当社のフォローをお願いします。ライムライト・コネクトにもご参加ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press Contact:
fama PR on behalf of Limelight Networks
Ted Weismann, 617-986-5009
limelight@famapr.com
または
Investor Inquiries:
ir@limelight.com

情報提供元:
記事名:「ライムライトが放送品質番組のオンデマンド提供でチャンネル4を支援