ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 保険・再保険格付け機関のAMベストは、インターナショナル・ゼネラル・インシュアランス・カンパニー・リミテッド(IGI)(バミューダ)およびインターナショナル・ゼネラル・インシュアランス・カンパニー(UK)リミテッド(IGI UK)(英国)の財務力格付け「A-」(エクセレント)および発行体信用格付け(ICR)「A-」を据え置きました。


今月すでに、スタンダード&プアーズがIGIのバミューダおよびUK事業部門に対し、保険会社財務力格付けおよびカウンターパーティー信用格付けで「A-」の据え置きを決定しています。

AMベストは、IGIの格付けについて次のように述べています。「この格付けは、堅実にリスク調整された資本構成、一貫した優良な保険契約業績、多角的な事業形態を反映したものです。」

IGIのWasef Jabsheh最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「当社の格付けが据え置かれたことをうれしく思っています。AMベストは当社のリスク選択が慎重であることと売上高よりも利益率に重点を置いていることを評価しました。当社は質の高い保険を引き受けており、この格付けは当社の理念と戦略の強みを評価したものです。」

「当社は地理的拡大を続けると同時に、商品範囲を多角化しています。当社の事業は非常に健全で成長を続けています。」

AMベストは、IGIの2015年の純利益は2014年とほぼ同じ3500万米ドルで、良好な営業実績を示していると述べています。

AMベストは次のように述べています。「IGIの収益の中心となるのは、5年間の平均コンバインド・レシオが84%という優れた保険契約実績とIGIの保守的な投資戦略に基づく安定した投資収益です。」

AMベストはまた、IGI UKがIGIの全体的戦略の基礎となっていることを認めています。「グループ全体にとってのIGI UKの戦略的重要性を踏まえ、IGI UKの格付けはIGI の格付け上昇によって有利に働きます。」

IGI UKの代理でrein4ceが発行

IGIについて:

インターナショナル・ゼネラル・インシュアランス・ホールディングス・リミテッド(IGIH)はドバイ国際金融センター(DIFC)に登録している企業で、バミューダ、ヨルダン、マレーシア、モロッコに事業所、英国に完全所有子会社を置いています。

IGIバミューダは、バミューダ金融庁(BMA)の規制下にあるクラス3Bの(再)保険会社であり、当グループの主要な保険引受会社です。また、当グループはマレーシアのラブアンに支店を構えており、これはティア2のオフショア再保険会社として登録されています。

IGIバミューダとIGI UKはいずれも、スタンダード&プアーズからA-(見通しは安定的)、AMベスト・カンパニーからA-(エクセレント)(見通しは安定的)の格付けを受けています。

IGIグループ企業は、主にアジア・アフリカ諸国を中心に、世界全体のエネルギー、財産、海上、エンジニアリング、災害、金融機関、航空、港湾・ターミナル、政治的暴力、森林、プロポーショナル再保険協定の保険引受業務を行っています。

IGIHの2015年12月31日現在の資産は7億6100万米ドルを超えています。

詳細については、www.iginsure.comをご覧いただくか、info@iginsure.comまで電子メールでお問い合わせください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20160718005416/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

IGI
Sarah Mortimer
+44 (0)7718 882011
email sarah.mortimer@rein4ce.co.uk.

情報提供元:
記事名:「AMベストがインターナショナル・ゼネラル・インシュアランス・ホールディングス・リミテッドとその子会社の格付けを据え置き