ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- IPGメディアブランズのグローバル最高経営責任者(CEO)のヘンリー・テイジャーは、IPGメディアブランズ・アジア太平洋のCEOにレイ・テリーを任命したと発表しました。テリーはメディア分野のイノベーターおよびリーダーとしての評価が高く、欧州と太平洋地域にまたがるキャリアを誇ります。



テイジャーは、次のように述べています。「アジア太平洋は、今後5年間の地域投資で重要な優先地域です。この地域は当社のお客さまと事業にとって極めて大きな可能性を一貫して保持しており、テリーは当社が準備した計画を実行に移すための能力・経験・理念を持っています。」

「テリーは、非常に尊敬される有能な幹部であり、当社の最も欲しい人材のリストにかなり前から載っていました。テリーが当社を選んでくれて非常にうれしく思います。」

レイ・テリーは、オムニコム・メディア・グループでオーストラリアおよびニュージーランドが担当のCEOを務めました。国際メディア企業7社の16営業所で働く900人のネットワークを監督しました。16年間にわたりデジタルイノベーションに取り組んだテリーは、2000年にロンドンでOMDのデジタル機能をスタートさせ、後にオーストラリアに移って、この代理店でデジタル、データ、ダイレクトマーケティングの業務を立ち上げました。

テリーは、次のように述べています。「オムニコムで素晴らしい18年間を過ごした後、単なる同僚ではなく友人を多く残して去るのは容易な決断ではありませんでした。しかし、より広い国際的な機会、エネルギー、理念、リーダーシップを有するIPGメディアブランズで、自分のキャリアの新たな章を始められることを非常にうれしく思います。テイジャーおよびそのチームと共に働いて、理念を実現し、そうすることでIPGメディアブランズを新たな高みに押し上げるべく貢献していきたいと思います。」

テリーは、2016年末にIPGメディアブランズで新たな職務をスタートし、今年既にメディアブランズ・アジア太平洋の最高財務責任者(CFO)に任命されたレグ・デビッドソンと力を合わせます。デビッドソンは以前、IPGメディアブランズ・オーストラリアのCFOでした。

IPGメディアブランズについて

IPGメディアブランズはインターパブリック・グループ(NYSE: IPG)により、世界的なメディア関連事業すべてを統括する企業として2007年に設立されました。今日、当社はクライアント企業によるマーケティング投資370億ドル相当を代行し、130カ国以上で8500人を超えるマーケティング・コミュニケーション・スペシャリストを雇用しています。

IPGメディアブランズは、動的なマーケティングを主眼に置いた新しい世界的エージェンシー・グループです。当社のスピード、機動力、データに基づく知見は、世界の有力ブランドの多くに成長をもたらし続けています。IPGメディアブランズのエージェンシー・ネットワークにはUM、イニシアチブ、BPN、オライオン・ホールディングスに加えて、マグナ・グローバル、カドレオン、アンシブル、メディアブランズ・パブリッシング、リプライズ、ラポート、IPGメディア・ラボなどの専門事業部門があります。

IPGメディアブランズ。デザインで活力を。(IPG Mediabrands. Dynamic by Design.)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
IPG Mediabrands
Daniel Friedman, +1 917-520-1436
Global Corporate Communications
daniel.friedman@mbww.com
または
Andrea Mathew, +60379666118
Manager, Corporate Communications, APAC
Andrea.mathew@mbww.com
または
Richard McGowan, +61(0)412 277 141
Manager, Corporate Communications, Australia
Richard@rmgcoms.com.au

情報提供元:
記事名:「レイ・テリーをIPGメディアブランズAPACのCEOに任命