買収により、総合的な細胞療法/再生医療製品がさらに発展し、革新的な救命治療製品の開発と患者による利用を実現



英チャルフォントセントジャイルズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GEヘルスケアは、急成長している細胞療法/再生医療業界向けに総合細胞バイオプロセッシングシステムを提供するバイオセーフ・グループを買収しました。買収額は公表していません。バイオセーフの買収により、GEヘルスケアの細胞療法顧客向けの製品・ソリューション・サービスから成るエンドツーエンドのエコシステムが拡大し、またGEの技術的リーチが多くの新たな細胞種・療法に拡大します。

このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。http://www.businesswire.com/news/home/20160713005783/en/

細胞療法は、世界で最も治療が困難な疾患、特にがんの多くについて、救命力と治療潜在力のある療法を提供することで、医療情勢に急速な変化をもたらしています。細胞療法は腫瘍市場だけで2030年までに300億ドルに達する見込みで1、人生を変え得るような療法600件以上の臨床試験が2015年末時点で行われています2

スイスのレマン湖地域に本社を構え、世界的に展開するバイオセーフは、自動化細胞プロセッシングで20年に及ぶ実績があり、バイオプロセッシング・再生医療・幹細胞バンクの信頼できるアプリケーションによって当分野のリーダー企業として認められています。同社の専有的な製品は、従来のプロセッシングツールと比べて大きな利点を提供しており、閉鎖式液体流路、ビルトイントレーサビリティー機能、単回使用の消耗品という特徴があります。GEヘルスケアのライフサイエンス事業部とバイオセーフは戦略が極めて適合的で、ビジネスモデルが補完的であるとともに、製品開発とリーチの能力が拡大するため、お客さま、最終的には患者さまに大きな利益をもたらします。

GEヘルスケアのライフサイエンス事業担当最高経営責任者(CEO)であるキーラン・マーフィーは、次のように述べています。「GEは細胞/遺伝子療法向けに世界レベルの一連のツール・技術・サービスを構築しており、バイオセーフの専門力と革新的システムによって当社の顧客サービスが著しく強化されます。GEとバイオセーフは、顧客が自社プロセスのあらゆる段階を最適化して、生産リスクを劇的に低減するとともに、これらの見事な新療法に対するアクセスを向上させることに貢献する上で、総合的手法という理念を共にしています。」

バイオセーフ・グループを設立したクロード・フェル会長は、「当社はGEと共に、細胞療法と細胞免疫療法の分野の成長を加速して主流産業とし、世界中の患者に利益をもたらし、個別化治療の理念を現実化することに貢献する点で、バイオ・工学・産業の能力を併せ持つことになります」と述べています。新たな総合的GEHC体制の中で引き続きバイオセーフをけん引していくバイオセーフのオリビエ・ワリデルCEOは、「GEヘルスケアに仲間入りすることでバイオセーフは傑出した機会を手にし、当社独自の細胞プロセッシング技術をGEヘルスケアの強力な世界的インフラと引き合わせ、お客さまのための能力改善と市場浸透率向上につなげていくことができます」と述べています。

GEの戦略は、業界および提携先と協力して、お客さまがこれらの新治療製品を臨床診療の主力としていくために必要な標準化・協業・統合の加速を目指し、細胞療法向けに完全なツール・ソリューション・サービスから成るデジタル対応エコシステムを開発することです。GEはカナダの再生医療商業化センター、英国のセル&ジーンセラピー・カタパルト、オーストラリアの細胞療法製造共同研究センターなど業界のリーダー機関に加え、ペンシルベニア大学、カロリンスカ研究所、メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター、メイヨー・クリニックなどの一流臨床センターと世界規模でかかわってきました。

GEは2016年に細胞療法と再生医療の分野でさらなる大型投資を発表しました。4月にはGEベンチャーズとメイヨー・クリニックがヴィトルヴィアン・ネットワークスの設立を発表しました。ヴィトルヴィアン・ネットワークスは独立プラットフォーム企業として、高度なクラウド対応ソフトウエアシステムと製造サービスを通じて、細胞/遺伝子療法へのアクセスを加速することに真剣な努力を傾けています。1月には細胞療法卓越センターのBridGE@CCRMを発表しました。BridGE@CCRMはカナダ政府と3150万米ドルの共同投資により設立した機関で、トロントで細胞療法製品の生産のための新技術を推進しています。

*以上*

GEヘルスケアについて

米ゼネラル・エレクトリック(GE)のヘルスケア事業部門であるGEヘルスケアは、次世代の患者ケアをデザインする先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスを提供しています。画像診断やヘルスケアITをはじめ、メディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)や生体情報モニターから、創薬、バイオ医薬品、ならびに医療機関の経営支援に至るまで、幅広い分野にわたる専門性を生かし、全世界で一人でも多くの人に、より低コストで質の高い医療を提供することを支援しています。また、ヘルスケア分野のリーダーと協力のもと、世界レベルの規制変更を活用し、持続可能なヘルスケアシステムにスムーズに移行することを目指しています。GEヘルスケアの詳細情報については当社ウェブサイト(www.gehealthcare.com)をご覧ください。

バイオセーフ・グループについて

1997年設立のバイオセーフ・グループは、自動化細胞プロセッシングシステムの設計・製造・販売を積極的に手掛けています。スイスに本社を置く非公開企業のバイオセーフ・グループは、地域子会社(ジュネーブ、ヒューストン、香港、上海、サンパウロ)を通じて営業し、直営店または販売店の形で50カ国以上に展開しています。バイオセーフの詳細情報についてはウェブサイト(www.biosafe.ch)をご覧ください。

1 http://www.centerwatch.com/news-online/2015/10/23/t-cell-immunotherapy-market-may-be-worth-30b-by-2030/

2 再生医療連盟の2016年第1四半期データ報告書(Alliance for Regenerative Medicine Q1 Data Report 2016 http://alliancerm.org/page/arm-data-reports#

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

GE Healthcare
Erin Bryant
Erin.Bryant@ge.com
+1 203 450 5326
@GEHealthcare

情報提供元:
記事名:「がん治療法に投資:GEはバイオセーフ・グループの買収で細胞療法の産業化をリードする態勢に