米コネティカット州スタンフォード--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 標準化と共通の「最優良事例」の欠如が、電子商取引で卓越性を実現する上で最大の障害となっています。



これがブランド・ビューによる新たな調査の大まかな結論です。電子商取引エクセレンス調査USA:CE & GM 2016と題されたこの調査は、この種として初めてのものです。これは、メーカーと小売企業の関係や日用品(GM)および家電(CE)のオンライン販売に関するクラス最高のアプローチを中心としてブランド・ビューが実施した独占的調査に基づいています。

日用品や電気製品を購入する人が、オンラインで買い物をスタートする割合は80%を大きく上回っています。買い物客は今や、いつでもどこでも望むままに複数の機器を使用する自由を享受しています。

電子商取引は、企業において時間・場所を選ばない連絡・取引を可能にする能力が高く評価されています。個人が米国にいても海外にいても、ビジネスはインターネットを介して行うことができます。電子商取引の力により地理的・物理的な障壁は消滅し、世界規模ですべての消費者や企業が潜在的な顧客やサプライヤーになります。

しかし、調査のある参加者は、次のように述べています。「私たちは、当社の製品に触れ、手に持って、使ってもらえれば(つまり、店内での体験があれば)、コンバージョン率が劇的に上がると分かっています。デジタルの視点とコンテンツや商取引の視点からの課題は、それをオンラインでいかに実現するかです。」

調査の目的は、メーカーと小売企業の関係の最も重要な領域で小売企業とメーカーが互いをどう見ているかを調査・指標化し、他社がクラス最高の企業から学べるものを理解することでした。

ブランド・ビューのブルース・ダブ社長は、次のように述べています。「調査では、これらのメーカーや小売企業がオンラインの業務に意欲的に取り組んでいることが分かりました。取引相手からランク付けされ、すべての取引チャネルにベンチマークを提供しています。」

この調査には、ベストバイ、サムスン、エレクトロラックス、ワールプールなど、世界最大級のCEおよびGMのメーカーと小売企業が参加しました。

ブランド・ビュー

ブランド・ビューは、価格、プロモーション、製品内容、オンライン製品のポジショニング分析を提供する世界的大手企業です。

当社は、お客さま、小売企業、サプライヤーが、価格ポジションと栄養提案を測定・管理し、買い物客にこれを伝え、デジタルでの存在感と電子商取引の実績を向上できるようにしています。

業界最大の企業から信頼されるブランド・ビューの使いやすく強力な分析により、お客さまは競合他社の状況に関する比類のない知見を獲得します。

北米、南米、欧州、中国、韓国、オーストラリアなどの市場で、オンライン店舗と実店舗をシームレスにカバーします。

専有的なデータを簡単に統合することで、価値提案、プロモーション戦略、競合他社に対するオンライン活動の即時の指標化を促進します。即時の統合的知見、価格変動の監視、プロモーション、製品内容の変更、新製品の掲載、電子商取引の実績を通じて。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Brand View
Dave Howard
Global Marketing Director
Dave.howard@brandview.com
0844 357 9970

情報提供元:
記事名:「ブランド・ビュー、電子商取引エクセレンス調査を公表:CE & GM USA 2016