ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オリバー・ワイマンは本日、現代の自動車業界が直面する主要な問題に焦点をあてた年刊リポートの「オートモーティブ・マネジャー」を発表しました。リポートの全文は、こちらでご覧いただけます。

オリバー・ワイマンのグローバル・オートモーティブ&マニュファクチャリング・プラクティス部門のパートナーであるオーガスト・ヨアスは、次のように述べています。「自動車業界は前例のない大きな変化の時を迎えており、デジタル化が業界のバリューチェーン全体に変革を起こしています。『オートモーティブ・マネジャー』最新号では、自動車メーカーが単に生き残るだけでなく、現在の厳しい環境下で繁栄を続けていくことができるかどうかを検証します。そのためには、自動車メーカー、サプライヤーともにデジタルでつながっていることの持つ意味について熟考し、デジタル生活を車にも広げる方法を模索する顧客に体験を提供する必要があります。」

今年の「オートモーティブ・マネジャー」では、以下を含む項目が取り上げられています。

  • デジタルは自動車業界を変革するか?
  • 自動車メーカーのキャプティブ・ファイナンス会社の潜在力を引き出す
  • 自動車メーカーの非中核事業
  • サプライヤーが研究開発を事業成長に活用する方法
  • 次世代のコスト削減と複雑性の低減
  • サプライヤーの大胆な改革
  • 陳腐化部品の忘れられた課題
  • 技術リスク管理のパラダイムシフト
  • 効果的なデジタル戦略の解剖
  • 新たなアフターサービス収入源の模索
  • 非都市部のモビリティにおける未開拓の機会
  • 初めて買う電気自動車は中国製?
  • サプライヤーが人材確保と維持のためにすべきこと

「オートモーティブ・マネジャー」は2009年から発行されており、各号では自動車業界の最新の動向や課題に関するオリバー・ワイマンの自動車分野の専門家の見解が紹介されています。

オリバー・ワイマン

オリバー・ワイマンは経営コンサルティングの世界的なリーダーです。26カ国50都市以上にオフィスを構え、深い業界知識と戦略、オペレーション、リスク管理、組織改革の分野における専門的な知見を融合させています。オリバー・ワイマンは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(NYSE:MMC)の完全所有子会社です。オリバー・ワイマンをツイッター(@OliverWyman)でフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Oliver Wyman
Francine Minadeo, 212-345-6417
francine.minadeo@oliverwyman.com

情報提供元:
記事名:「オリバー・ワイマンが「オートモーティブ・マネジャー」最新号を発表